【IT協会】第1回サービス・ホスピタリティ台湾研究調査団の参加者募集を開始

台湾の大手金融・百貨店など中心に台湾流のホスピタリティを研究調査

成長著しい台湾のサービスおよびホスピタリティの調査研究を行い、日本流「おもてなし」との比較から顧客サービスの在り方を学び、日本国内サービス活動への応用・適用を目指す。
公益社団法人企業情報化協会(略称:IT協会)では、成長著しい台湾のサービスおよびホスピタリティの調査研究を行い、日本流「おもてなし」との比較から顧客サービスの在り方を学び、日本国内サービス活動への応用・適用を目指す調査団の参加者募集を開始した。

ここ数年IT産業の成長により急速な発展を遂げている台湾では、現在もその成長のただ中にあり、新旧が隣り合わせてに混在している都市部ではその発展のダイナミズムを感じることができる。
とくに人々と都市のパワーを感じることができる台北において、台湾サービス企業の顧客に対するサービス・ホスピタリティの実態を探る目的で調査団を立ち上げ、現在参加者の募集を行っている。

概要は以下のとおり
名称:第1回サービス・ホスピタイリティ台湾研究調査団
主催:公益社団法人企業情報化協会(略称:IT協会)
日程:2017年8月31(木)~9月2日(土) 3日間
訪問都市および予定企業:台北市/台北金融・サービス業および日本からの進出企業
調査研究ポイント:① 台湾におけるサービス・ホスピタリティ水準、実態および人材育成状況
         ② 顧客サービスの輸出現場の訪問見学(日本現地企業)
詳細URL
http://www.jiit.or.jp/etc/detail/cc/detail/research4513.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. IT協会
  3. 【IT協会】第1回サービス・ホスピタリティ台湾研究調査団の参加者募集を開始