NTTぷらら、ABEJAへの出資と業務提携について

NTTぷらら、NDVのABEJA保有株式を譲受。ABEJAと協創ビジネス拡大へ

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二、以下 NTTぷらら)はAIソリューション事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長: 岡田陽介、以下 ABEJA)に出資し、両社は、NTTぷららが運営する映像サービスの業務改善および新たな映像コンテンツの事業機会の創出に向けた業務提携に合意しました。NTTぷららは、ABEJAの既存株主である株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之、以下 NDV)からの譲渡により、ABEJA社の株式を2018年9月19日(水)に取得しました。
ABEJAは、2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術はすべて自社で開発しています。コア技術であるAIプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、製造業界、小売・流通業界、インフラ業界等との協業を実施、各種ソリューションを様々な業界に提供し、100社以上でAIの本番運用を実現しています。

NTTぷららは、ABEJAと協創パートナーとしての関係をより強固にするため、このたびNDVより保有株式を譲受しました。今後、NTTぷららとABEJAは、本資本業務提携を通じて、ABEJAのAI・ディープラーニング技術を活用し、NTTぷららが運営する映像配信サービス「ひかりTV」など既存事業のサービス向上や効率化、高機能プラットフォームの構築・運用を図っていきます。また、新たな映像コンテンツ・サービスの事業機会の創出を目指し、サービスの検討・事業化に向けて共に取り組んでまいります。

NDVはNTTグループ全体のスタートアップ・ベンチャーコミュニティの窓口として、国内外のスタートアップの発掘、事業シナジーの創出、運用ファンドを通じた出資を行っています。そのなかで、画像解析や機械学習等の技術を有するABEJAとNTTグループとの将来的な協業可能性を見据え、2014年7月にABEJAに出資していましたが、このたび、ABEJAとNTTグループ企業であるNTTぷららとの協業が成立したことで、NDVが取得していた株式をNTTぷららに譲渡することとしました。


 

[株式会社NTTぷらら]
設立                     :           1995年12月18日
代表者                  :           代表取締役社長 板東浩二
事業内容               :           電気通信事業
ホームページ         :           http://www.nttplala.com/

[株式会社ABEJA]
設立                     :            2012年9月10日
代表者                  :            代表取締役社長 岡田陽介
事業内容               :            ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
ホームページ         :           https://abejainc.com/ja/

[株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ ]
設立                     :            2008年2月20日
代表者                  :            代表取締役社長 稲川尚之
事業内容               :            ・ベンチャー企業等への出資を行うコーポレートベンチャーファンドの運用
                ・協業促進および起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」の運営
                ・上記活動と有機的に連携する積極的な事業開発の推進
ホームページ         :           https://www.nttdocomo-v.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ABEJA >
  3. NTTぷらら、ABEJAへの出資と業務提携について