イスラエル発サイバーセキュリティ事業を運営するAniwo、「情報処理安全確保支援士」資格を取得

イスラエルと日本を拠点にイノベーションプラットフォーム・アドバイザリーサービスを提供するAniwo Ltd.(本社:テルアビブ, イスラエル、代表取締役:寺田彼日・松山英嗣、以下Aniwo)は、サイバーセキュリティ事業AironWorksの事業拡大及び体制強化を目的に、サイバーセキュリティ分野において唯一の国家資格である「情報処理安全確保支援士」(以下:登録セキスペ)を弊社社員により取得致しました。引き続き、日本のサイバーセキュリティ向上に貢献することを目指して参ります。

 

  • 登録セキスペについて
「情報処理安全確保支援士」とは、サイバーセキュリティ対策を推進する人材の国家資格です。

サイバー攻撃の増加・高度化に加え、社会的なIT依存度の高まりから、サイバー攻撃による社会的脅威が急速に増大しています。すなわちサイバーセキュリティ対策は、経営リスクとして、そして社会的責任として、非常に重要な課題になりつつあり、その責任を担える人材の確保が急務となっています。この人材の確保のために2016年10月に「情報処理の促進に関する法律」が改正され、新たな国家資格が誕生しました。これが「情報処理安全確保支援士(略称:登録セキスペ)」です。
 
  • 登録セキスペの取得について
サイバー攻撃が急速に増大している昨今、サイバーセキュリティ対策とDX推進を同時に進めていくことが重要な課題であり、その責任を担える人材の確保が必要不可欠となっております。

登録セキスペは、「IT活用に伴うリスクに応じた具体的・効率的なセキュリティ対策を企画し、セキュリティ専門家のみならず、IT・セキュリティを専門としない人にも説明・連携して、安心・安全な環境の確保を支援する人材」と規定されており、DX時代に欠かせない人材として注目されています。

イスラエルのエリートインテリジェンス部隊 Unit 8200出身エンジニアが率いる当社サイバーセキュリティ事業を、今後さらに日本企業に信頼性とスピード感を持って浸透させ日本のサイバーセキュリティ向上に貢献することを目指し、この度弊社社員により当資格を取得致しました。
 
  • AironWorksについて

イスラエルで初のVC backed日本人創業スタートアップAniwoの新規事業として2020年秋に発足。以降、大手企業を中心にペネトレーションテストやソーシャルエンジニアリングソリューションを提供してきた。今春から事業をソーシャルエンジニアリングソリューションに一本化。イスラエル発の最先端技術をもとに、日本のサイバーセキュリティ向上に貢献することを目指す。

参照HP:https://aironworks.com/
 
  • Aniwoについて

会社名: Aniwo Ltd.
説 立: 2014年10月
代表者: 代表取締役 社長・Founder & CEO 寺田 彼日
     代表取締役 副社長・Japan CEO 松山 英嗣
U R L : https://www.aniwo.co
所在地: 144 Menachem Begin, Tel Aviv, Israel (Israel)
             東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー (Japan)  

Innovation for your smileをコーポレートミッションにイスラエルで初のVC backed日本人創業スタートアップとして2014年に設立。日本企業向けオープンイノベーションアドバイザリー & DX推進サービス、次世代の採用を実現するオンラインプラットフォームAxelnodeの運営、イスラエル Unit 8200出身のエリートハッカーによるサイバーセキュリティサービスを手掛ける。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Aniwo >
  3. イスラエル発サイバーセキュリティ事業を運営するAniwo、「情報処理安全確保支援士」資格を取得