テレキューブサービスとスペイシーが、25万人超の会員のリモートワークの利便性向上を目指して業務提携

両社の予約・決済システムの連携で、「テレキューブ」の予約利用の利便性向上

スマートワークブース「テレキューブ」の駅や公共空間への設置を進めるテレキューブサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小山田佳裕、以下テレキューブサービス)と、国内最大級の会議室のシェアリング事業「スペイシー」を展開する株式会社スペイシー(本社:東京都千代田区、代表取締役:内田圭祐、以下スペイシー)は、リモートワークをしやすい環境づくりを目指して、2020年1月業務提携いたしました。両社の予約・決済システムを相互連携し、25万人を超えるスペイシーの会員が、「テレキューブ」も含めた多様な場所をシームレスに利用可能となります。
◼️業務提携の背景
働き方改革に有効な手段として、「いつでも・どこでも」働けるリモートワーク(テレワーク)への注目が高まっている中、自社オフィス以外で働ける場所へのニーズも高まっています。普及が進む貸し会議室やシェアオフィスに加えて、移動や商談などの隙間時間を有効活用するための「テレキューブ」など、リモートワークが可能な場所も増加・多様化しています。一方で、場所の運営会社が異なるため、探して利用するまで手間が掛かるという課題が浮かび上がっています。テレキューブサービスとスペイシーは、リモートワークをしたいビジネスパーソンに、数多くの場所を一括提案し、その中から最適な場所を見つけて利用できるようにすることで、リモートワークの利便性向上を目指します。

■業務提携の概要
今回の業務提携により、スペイシーが運営する会議室の予約・決済システムとスマートワークブース「テレキューブ」の予約・決済システムを連携いたします。全国25万人超のスペイシー登録会員は、改めてテレキューブの会員登録をすることなく、スペイシーの予約サイトから「テレキューブ」の利用予約をできるようになります。
https://www.spacee.jp/collections/telecube
 
■スマートワークブース「テレキューブ」について
テレキューブサービスが展開する「テレキューブ」は、セキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務、電話、Web会議などでのコミュニケーションが可能なスマートワークブースです。移動や商談などの隙間時間の有効活用を実現するテレワークのための場所として、駅やオフィスビルエントランスなどに設置が進んでいます。現在、都内を中心に、約50台の設置があり、5年間で1,000台の設置を目指しています。詳細は、こちらをご覧ください。
https://telecube.jp

(写真左:西武鉄道所沢駅、写真右:山王パークタワービル)

■今後の展開
テレキューブサービスとスペイシーは、リモートワーク(テレワーク)への関心が高まる中、従来からの貸し会議室やシェアオフィスに加えて、鉄道の駅や空港、オフィスビル共用部や商業施設に設置が進む「テレキューブ」を、より多くの方々に簡単にお使いいただけるように利便性の向上を進めてまいります。

【テレキューブサービスとは】
テレキューブサービス株式会社は、「テレキューブ」を公共空間で手軽にご利用いただくためのサービス提供を目的に、テレキューブ株式会社、株式会社ブイキューブ、株式会社オカムラ、三菱地所株式会社の4 社の出資により2019年8月1日に設立されました。2023年までに1,000台の設置と稼働を目指しています。

【スペイシーとは】
株式会社スペイシーは「個人のポテンシャルを発揮できるワークスペースを提供する」をミッションに掲げ、会議室を1時間500円、デスクを1時間100円から貸し借りできるマーケットプレイス「スペイシー」を提供しています。首都圏を中心とし約4,000室の会議室や研修施設・イベントホール等、また約40箇所1,000席のワークスペースを取り扱っており、ビジネスパーソンを中心とした会員数は25万人を突破いたしました。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペイシー >
  3. テレキューブサービスとスペイシーが、25万人超の会員のリモートワークの利便性向上を目指して業務提携