「赤ワインvs.白ワイン」総選挙!白い方が勝つわ!?赤白対決の決着が見えるラストシューティング

20代の女性をターゲットに「赤、白どちらのワインが好きか」に関するアンケート結果発表

ノンアルコールワインを輸入販売している株式会社湘南貿易は、20代の女性をターゲットに「赤、白どちらのワインが好きか」に関するアンケートを実施。白ワインが64%の支持を集め、「飲みやすさ」がポイントに。一方、赤ワインは「味わいや香り、美容」を求めて支持を集める結果となりました。

 

革新的な製法により“ありのままの”ワインの風味や香りが楽しめるノンアルコールワインを輸入販売している株式会社湘南貿易 (本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:橋本 則夫)は、20代の女性をターゲットに「赤、白どちらのワインが好きか」に関するアンケート結果を発表しました。

当社が運営する暮らしに役立つノンアルコールワイン生活向上を目的としたWEBマガジン『MELLOW(メロウ)』(URL:http://wine-mellow.com)でもアンケート結果を確認することができます。

◆20代女子必見!ワインの赤派、白派アンケート!
URL:http://wine-mellow.com/media/2016/04/10/174

20代になることにより10代と大きく変化することといえば、やはりお酒が飲めるようになるということでしょう。特にワインは20歳を迎えた女性にとっては、味もさることながら大人としての雰囲気を出すのにうってつけのお酒です。しかしこのワイン、赤と白の2種類が分かれていることもあり、どっちを飲めばいいのかと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで、20代の女性をターゲットに「赤、白どちらのワインが好きか」アンケートを取りましたので、是非今後の参考にしてみてください。

【質問】
20代の女性にお聞きします。赤、白どちらのワインが好きですか?

【回答数】
白ワイン:64
赤ワイン:36

◆飲みやすさが一番!白ワイン多し!!

回答の結果、白ワインを選択した人が上回るという結果になりました。

・白の方が飲みやすいので。赤は酔いもまわりやすいし、口についてると目立って悲惨。(20代/女性/自由業・フリーランス)
・赤よりさっぱりして飲みやすいし、魚やチーズ以外にでも合うから。(20代/女性/パートアルバイト)
・赤ワインはアルコールも強く、辛口なものも多いので私は白ワインの甘口のほうが好きです。(20代/女性/専業主婦)
・飲みやすくて色々な料理に合うので好きです。赤は結構癖があるので疲れているときはのみません。(20代/女性/専業主婦)
・赤ワインに比べ飲みやすい物が多いこと、単純に白ワインが好きだからです。(20代/女性/パートアルバイト)

白ワインのコメントには「飲みやすさ」に関連したものが多いですね。

お酒の席は基本的に楽しむ場ですから、なるべく飲みやすい白ワインを選択した方が、より楽しむことが出来るということなのかもしれません。

また、飲みやすいお酒は軽食にマッチするため、ただワインを飲むだけではなくおつまみも嗜みたい人にも、白ワインは支持を受けているようですね。

◆香りや美容を求めて!赤ワイン愛好家のコメント!

続いて、赤ワインを選択した人の意見も見ていきましょう。

・赤ワインのほうがぶどうの渋みを感じられて美味しい。また、魚料理と白ワインより肉料理と赤ワインの組み合わせが好きなので。(20代/女性/会社員)
・赤ワインの方が「お酒を飲んでいる」という感じがして、酔えるし好き(20代/女性/パートアルバイト)
・私あんまりお酒飲まないんですが、どうしても飲むとしたら美容効果がある赤ワインですかね。(20代/女性/パートアルバイト)

飲みやすい白ワインとは対照的に、味わいや香りを楽しんでいるというコメントが見られます。
ボリュームのある料理をさらに深く楽しみたいという相乗効果を期待する人にとっては、味わい深く香りが強い赤ワインの方が好まれるようですね。

また、美容に効果もあるということで、お酒の席だけでなく家で口にして自分磨きに繋げているという人もいるのかもしれません。

◆あなたは、ワインに何を求めますか?

アンケートの結果、赤ワイン、白ワインどちらを好む人であっても、自分がワインに何を求めているかを重視して選んでいるのではないかと考えられます。つまり、どちらのワインを飲みたくなるかは、単純に好みだけでは決まらないということかもしれません。

たとえ白ワインを好んでいても、肉料理を食べたい時は赤ワインが飲みたくなるということも有り得ますよね。

どちらを好むかも大事ですが、時と場合を考慮して自分が今どちらのワインを飲みたいのか考えることも、ワインを楽しむうえでは必要なことではないでしょうか。

調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】20代
調査期間:2016年3月22日~4月5日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:100サンプル

■どんなシチュエーションでも飲める!白と赤の本格派ノンアルコールワイン商品特長
メーカーはベルギーのNEOBULLES(ネオブュル)社。ベルギー大使館推奨。

アルコールワインを醸造後、独自の脱アルコール製法(低温低圧環境で蒸留)で仕上げた本格的な味わいで残存アルコール度数0.0%のノンアルコールワイン。

ワインそのままの香りや味わいを楽しめることから、リピーターが非常に多く、2016年4月第1週「楽天ノンアルコールワインランキング」で1位~7位まで独占。アルコールワインと同じ製造方法で、出来上がったワインからアルコール成分を除去するという特殊な技術でつくられているため、従来のようなジュースなどを混ぜ合わせる、ワインの味わいに似せたものではなく、アルコールを抜いた“ありのままの”ワインといえます。
 

商品画像はノンアルコール・スティルワイン「ヴィンテンス・シャルドネ(白)」

ブルゴーニュ地域を代表する品種のシャルドネを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたカロリーオフのノンアルコールスティルワイン。シトラスの香りと複雑味のある豊かな味わいをお楽しみいただけます。鶏肉などの白身肉や魚の料理と相性がよいタイプです。

商品画像はノンアルコール・スティルワイン「ヴィンテンス・メルロー(赤)」
ボルドー地域を代表する品種のメルローを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたカロリーオフのノンアルコールスティルワイン。フルーティーながらコクがあり、ブルーベリーの風味も感じられます。赤味の肉やチーズと好相性です。

アルコールワインと同様にお料理と一緒に美味しく楽しめますので、お食事や乾杯などのシーンはもちろん、アルコールを控える休肝日などにもご利用いただけます。また、お酒が飲めない方、アルコールが飲めない妊娠・授乳中の方やドライバーの方にもオススメの商品で、是非皆様も白と赤のノンアルコール・スティルワイン「ヴィンテンス」を体験していただけますと幸いです。

※20歳以上の方向けに開発された商品です。

■WEBマガジン(オウンドメディア)『MELLOW(メロウ)』 毎週3~4回ほど情報更新
URL:http://wine-mellow.com
1.革新的な製法によりノンアルコールワインがお食事と一緒に楽しめる特長があることから、「オリジナルレシピ」や「グルメガイド」をご紹介。もちろん、アルコールワインでもお楽しみいただけます。
2.美容ライターや著名人などがライフスタイルにおける(意外な!?)飲用シーンをご紹介。
3.ワインエキスパートやソムリエによるワインの豆知識、アンケート発表、エンタメ動画など配信。

MELLOW(英語)の語意:[酒が]芳醇な、[人が](経験を積んで)円熟した、[口語](酒を飲んで)陽気な・一杯機嫌の。語尾のLOWは、「low calorie wine」のイメージ醸成も兼ねております。

ノンアルコールワインの特長である芳醇な味、WEBマガジンを通じてのワインに関する円熟な経験を疑似体験、皆様が陽気な気分になる情報発信を目指していく意味をタイトルに込めております。

■会社概要
株式会社湘南貿易は、「人々と感動を共有したい」という基本姿勢のもと、基軸の軟包材関連機械の輸出入のほか、ワインの輸入、リサイクル関連ビジネスを手がけています。

会社名   :株式会社湘南貿易
本社住所 : 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-15-1 東武横浜第2ビル5階
創業   : 1997年1月17日
資本金  : 1,120万円
従業員数 : 36名(エレマ・ジャパン株式会社含む)
代表者  : 代表取締役社長 橋本 則夫
URL   : http://www.shonantrading.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社湘南貿易 >
  3. 「赤ワインvs.白ワイン」総選挙!白い方が勝つわ!?赤白対決の決着が見えるラストシューティング