afterコロナ/withコロナ時代のフットボールクラブを創るため、東京23FCとPIAZZAが連携協定を締結

afterコロナ/withコロナ時代のフットボールクラブのあり方を地域SNSで創造

PIAZZA株式会社(代表取締役CEO 矢野 晃平)は、地域SNS「ピアッザ」を活用したafterコロナ/withコロナ時代のフットボールクラブづくりを目指すことを目的として、東京23フットボールクラブ(代表 ⻄村 剛敏、以下、東京23FC) と連携協定を2020年7月2日(火)に締結いたしました。
本提携に際し、PIAZZAが運営するコミュニティスペース「Flatto」にて同日、両社にて記者発表会を開催いたしました。
尚、今発表会は新型コロナウィルス(COVID-19)の感染症対策のため、最小限の関係者のみで実施させて頂きました。会見の様子は、本記事およびPIAZZA株式会社、東京23FC各社において動画配信等にてお知らせさせて頂く予定です。

(写真左:PIAZZA 代表取締役 矢野、写真右:東京23FC クラブ代表 西村)

1.両社の提携について
PIAZZA株式会社 代表取締役 矢野 晃平
「本日は新しいフットボールクラブのあり方、そして地域コミュニティとフットボールを掛け合わせた新たな街づくりの仕掛けを実現するため、東京23FCのみなさまと提携することになりました。東京23FCは東京23区をホームタウンとするJリーグを目指す強豪クラブチームであり、地域とのつながりをとても大切にしているチームです。私たちPIAZZAも地域SNS「ピアッザ」というサービスを提供している会社で、東京23区は “人々が支え合える街を創る”という企業ミッション実現のためにとても大切にしているエリアです。この両者が手を取り合うことで、新しいフットボールクラブのあり方を作っていきたいと考え、今回の提携に至りました」

2.提携に関する意気込みについて
東京23FC クラブ代表 西村 剛敏
「このたびご縁をいただきまして、矢野社長率いるPIAZZAと提携させていただくことになりました。PIAZZAはさまざまな仕掛けを通じて地域のつながりを作っていく、そういう地域SNSを運営されている会社だと思っております。我々も江戸川区、そして東京23区という地域の中でみなさまに育てていただき、Jリーグそして世界を目指すクラブとして羽ばたいていきたい。そんな思いをみなさまと共有しながらがんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

東京23FC 監督 土屋 征夫
「東京23FCとしてこの機会を通じて地域のみなさまと色々なことを一緒にやっていきたいと思っています。自分は二十数年間のプロ生活において、大きな町から小さな町まで様々な場所でプレーさせてもらいましたが、そのどこへ行ってもファンやサポーターという、地域のみなさまの力を身をもって感じてきました。だからこそ、選手、スタッフ、そして地域のみなさまと共に様々ものを生み出し、大きな力に出来たらいいなと思います。
自分たちができることは、グラウンドでなにができるか、そしてみなさんにどんな感動を与えられるか、それだけだと思います。だからこそ1試合1試合、1分1分をみんなで、地域のみなさんと一緒に全力で戦っていけたらと思いますので、応援よろしくお願いします」

京23FC キャプテン 木島 徹也
「選手としてサッカーというスポーツを通じて、そしてPIAZZAさんの力を借りながら地域のみなさまに活力や感動を与えていけるように、ピッチの中から頑張りたいと思います」

(写真左から:東京23FC  土屋、PIAZZA 矢野、東京23FC  西村、東京23FC 木島)

3.京23FC ラウドファウンディング(5/23〜6月末)目標達成について
東京23FC クラブ代表 西村剛敏
「このたび、私どものクラウドファンディングに330人ものみなさまから、551万8,380円という多額のご支援をいただきました。私どももこのコロナ禍の中、監督、選手、みんなでがんばって協力しながら、みなさまと共にとの思いでやってまいりました。このクラウドファンディングは、我々に大きな気づきを与えてくれました。我々が地域のみなさまと共に歩んでいく、そして愛されていく存在でなければならないということに気づかせていただいたのです。
金額としても多額のご支援をいただくことになり、我々の活動にも一層責任がましてまいります。これからもみなさまと共にJリーグ、そして世界を目指すクラブとして頑張って活動してまいりたいと思います。また、7月11日よりリーグも開幕しますので、スタジアムでまたお会いできる日を楽しみにしております。今後ともどうぞよろしくお願いします。このたびはありがとうございました」


4.東京23FC 今後のクラブ活動について
東京23FC 監督 土屋 征夫
「7月11日に関東リーグが開幕します。今はその開幕に向けて全力で練習しています。チームの目標、そして夢に向かってチーム一丸となって全力で戦いますので、応援よろしくお願い致します」

東京23FC キャプテン No.13 木島 徹也
「コロナ明けでまた一からのスタートになりますが、キャプテンとしてチーム一丸となって地域のみなさまや日本に活力を与えていきたいと思いますので、応援よろしくお願い致します」


5.地域SNSとスポーツの連携について
PIAZZA株式会社 代表取締役 矢野 晃平
「コロナ禍において、みなさま地域コミュニティの大切さというものを、より一層感じているのではないでしょうか。どんな時においても、地域コミュニティを繋いできたもののひとつにスポーツがあると私は思っています。今回、東京23FCのみなさまと連携することで地域のみなさまとひとつの輪となり、このような不安定な状況下でも非接触でチームと地域が繋がっていられる、そんなところに地域SNS「ピアッザ」としての役割があるのではないかと思っております。こういう時だからこそ、みんなで東京23FCを応援していき、ピッチ上で最後の1分まで諦めずに戦う選手の姿を観て、それを活力としながら地域全体で頑張っていけたらいいなと思っております」

(写真左:PIAZZA 代表取締役 矢野、写真右:東京23FC クラブ代表 西村)

■PIAZZA株式会社について
グローバルで進む都市化とともに、希薄化する地域内でのコミュニケーションやその受け皿となるローカルコミュニティが減少しています。「高齢化社会」や「暮らしの孤立化」などと合わせ、これらを起因とする社会問題が現在多くの場面で顕在化しはじめています。PIAZZA株式会社は、地域の住民同士やそこで働くひとたちをつなぎ、ひとりひとりがより暮らしやすく、より活き活きとした暮らしを実現するために“人々が支え合える街を創る”というミッションのもと、地域の広場アプリ「ピアッザ」の開発・運営や、コミュニティ施設の企画・運営をしています。

■東京23フットボールクラブについて
東京23フットボールクラブは、東京23区をホームタウンとして活動するクラブチームです。現在、関東サッカーリーグ1部に所属しJFL → Jリーグへの昇格を目指しています。現在、Jリーグでは都心23区(東京都全域除く)をホームタウンとするクラブがないなか、東京23フットボールクラブは、23区を代表するような強豪サッカークラブを目指しています。

【PIAZZA株式会社】
社名 : PIAZZA株式会社
所在地 : 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル5階
代表者 : 代表取締役 矢野 晃平
設立日 : 2015年5月
ミッション : 人々が支え合える街を創る
事業内容 : ・デジタルコミュニティ事業: 地域SNSアプリ「ピアッザ」の開発、運営
・リアルコミュニティ事業: 子育て支援施設「グロースリンクかちどき」、
日本橋のコミュニティ施設「Flatto」の協働運営
企業情報 : https://www.piazza-life.com/about

東京23フットボールクラブ
呼称 : 東京23FC
ホームスタジアム : 江戸川区陸上競技場 等
運営法人 :株式会社TOKYO23
代表者 : 代表取締役 西村 剛敏
所在地 : 東京都江戸川区西葛西5-1-1 20山秀ビル6F
設立日 : 2010年2月3日

【本件に関するお問い合わせ先】
・PIAZZA株式会社 担当:島崎 Email:pr@piazza-life.com
・東京23FC 担当:砂川 Email:t-sunakawa@tokyo23fc.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PIAZZA株式会社 >
  3. afterコロナ/withコロナ時代のフットボールクラブを創るため、東京23FCとPIAZZAが連携協定を締結