夏こそうるおうクレンジングを「ウテナ モイスチャー コールドクリーム」毛穴汚れ・日焼け止めも落ちるのに、お肌の水分キープ

■夏こそうるおうクレンジングが必要
夏の必需品である日焼け止めは、通常のメイクよりも肌に残りやすいため、クレンジングも夏のメイクにあわせた汚れ落ちの高さが重要です。しかし、強力なクレンジングは肌への負担になりがち。ただでさえ夏の肌は強い日差しやクーラーで刺激を受けやすく、気づかないうちにお肌の水分が失われやすい状態です。夏の肌へのダメージを軽減させるため、夏のクレンジングは、ただ落とすだけでなく、うるおいをあたえながら落とせるものを選ぶことが大切です。

■「ウテナ モイスチャー コールドクリーム」は、使用後の皮フ水分量が高い
ウテナは、オイルクレンジングと、当社商品「ウテナ モイスチャー コールドクリーム」の2製品を使い、クレンジング後の皮フ水分量を測定しました。その結果、「ウテナ モイスチャー コールドクリーム」を使用すると、オイルクレンジングを使用した時よりもお肌の水分量が高いことが分かりました。


■落ちるのにうるおう。
「ウテナ モイスチャー コールドクリーム」

コールドクリームは、オイル成分主体のこってりしたクレンジングクリームです。“コールド”という名前の由来は、クリームをつけた時のひんやり感からきています。お肌にたっぷりとつけてメイクとなじませ、ティッシュペーパーなどでふきとって使用することもできれば、洗い流して使用することもできます。おばあちゃんの世代から愛用されている商品ですが、メイクも毛穴汚れもスッキリ落とせるクレンジング力と、保湿力の高さから、今若い世代に再び注目されています。


【実験結果】クレンジングでメイクを落とした後のお肌の水分量比較
●皮フ水分量測定


測定結果:「ウテナ モイスチャー コールドクリーム」を使用した方が皮フの水分量が高い(保湿されている)ことが分かった。
測定方法:製品を用いた後、皮フ水分量を角質水分量測定装置を用いて測定。
試料:ファンデーション(コガオウ ウォータリーフィットCCジェル)、フェイスパウダー(コガオウ CCフェイスパウダー)

*クレンジングオイルAの皮フを100とした時の値
*5分後の値を使用

2017年4月28日 ウテナ研究所調べ
 


【商品概要】
名称   : ウテナ モイスチャー コールドクリーム
価格    : 775円(税抜参考価格)/837円(税込参考価格)
容量      : 250g
商品説明 : アロエエキス・ホホバオイル・オリーブオイル(すべて保湿成分)配合のクレンジングクリーム。メイクや毛穴の汚れをしっかり落とし、お肌をなめらかにととのえます。美容成分をたっぷりと配合し、乾燥からもお肌をやさしく守ります。


【使用方法】
●クレンジングとして


STEP1
乾いた手に、適量(マスカット大)をとります。




 


STEP2
指の腹を使いながら、くるくると¥メイクとやさしくなじませます。




 


STEP3
汚れが浮き上がってきたら、水またはぬるま湯で洗い流すかティッシュでふきとります。



 


STEP4
洗顔料で洗い流します。





 ●マッサージとして


STEP1
指の腹をつかって、内側から外側にむけてくるくるとやさしくマッサージします。




 


STEP2
小鼻の周りは、下から上へむけてくるくるとマッサージします。鼻の上は直線にすべらせるようにマッサージします。



 


STEP3
リンパを流すためにこめかみの下から耳裏をとおり、鎖骨まですらせます。STEP1~3を2回ほど繰り返します。



 


STEP4
洗顔料で洗い流します。







●販売は全国のドラッグストア・スーパー等にて。
●ブランドサイト http://www.utena.co.jp/moisture-cold/index.html

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウテナ >
  3. 夏こそうるおうクレンジングを「ウテナ モイスチャー コールドクリーム」毛穴汚れ・日焼け止めも落ちるのに、お肌の水分キープ