アジアクエストが「2019 Japan IT Week」に参加

IoT プラットフォーム『beaconnect plus(ビーコネクトプラス)』を展示

IoTプラットフォーム『 beaconnect plus(ビーコネクト プラス)』を提供するアジアクエスト株式会社(本社所在地:東京都千代田区飯田橋 代表取締役:桃井純)は、4月10日(水)から開催される「2019 Japan IT Week」に参加します。
アジアクエスト株式会社 ⇒ https://www.asia-quest.jp/


■IoTプラットフォーム『beaconnect plus』を展示
アジアクエストは勤怠管理・工数管理のできるIoTプラットフォーム『beaconnect plus』を展示いたします。開発開始後、反響の大きかったSmart CUBE(スマートキューブ)シリーズも展示いたします。
Smart CUBEシリーズとは、アジアクエストの提供する工数管理ソリューションです。
『Smart CUBE』は各面と管理したい作業内容を紐付けて使用し、『Smart CUBE Dial(スマートキューブダイヤル)』はダイヤル型の形状で、作業の種類だけダイヤルの数を設定して使用します。
Smart CUBEシリーズは、使用者の工数を自動でデータ化し、集計します。そのため、紙やPCなど手動で都度入力する手間をなくします。また、責任者が現場にいなくても、各担当者の作業状況や集計されたデータから工数の内訳を『beaconnect plus』の画面上で可視化でき、作業者に対してインカムなどで作業指示を出すことも可能です。
Smart CUBEシリーズを活用することで作業ごとの工数管理ができ、分析や作業の効率化につなげることも可能です

 

Smart CUBEシリーズについての詳細はこちら
https://www.beaconnect.jp/smartcube/
 



■イベント概要
イベント名 2019 Japan IT Week 春 前期
日時 4/10(水)-12(金) 10:00-18:00
※最終日のみ17:00まで
場所 東京ビッグサイト
B会場西2ホール IoTプロダクトゾーン9-53

プレスリリースのダウンロードはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d19319-20190404-8846.pdf

当社の最新ニュースはこちらからご確認ください。
https://www.asia-quest.jp/news/category/press-release/

---

【会社概要】
会社名:アジアクエスト株式会社
代表者:桃井 純
設立年月:2012年4月
本社所在地:東京都千代田区飯田橋3-11-13 FORECAST飯田橋
従業員数:約180名(平成31年4月現在)
事業内容:IoTソリューション、Webシステム・アプリ開発、クラウド/インフラ基盤構築・運用、エンジニアアウトソーシング、アジア向けITサービス
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アジアクエスト株式会社 >
  3. アジアクエストが「2019 Japan IT Week」に参加