クリスマス目前、結婚目的の出会いなら結婚相談所!流行りのマッチングアプリより約3倍も結婚意向が高い傾向に

オンライン結婚相談所『naco-do』がマッチングアプリ利用者と結婚相談所利用者へ調査を実施

オンライン結婚相談所『naco-do(https://naco-do.com/)』(運営:株式会社いろもの)は、全国の20~30代の男女の400人のマッチングアプリ利用者と結婚相談所利用者を対象としたアンケート調査を実施しました(調査時期:2020年10月19日~28日)。クリスマスまで1カ月を切り、男女の出会いのニーズに関しても盛り上がるシーズンになりました。今回の調査からは結婚を目的とした出会いについては、マッチングアプリよりも、結婚相談所の方が成就する可能性が高いという結果が読み取れました。
結婚相手探しで利用している方は、マッチングアプリより結婚相談所の方が3倍多い
調査では、マッチングアプリ利用者(N=100)と結婚相談所利用者(N=100)にそれぞれ、利用目的を尋ねました。その結果、マッチングアプリを使って結婚相手探しをしている人が21.5%に対して、結婚相談所ユーザーは64.5%。結婚を目的に利用しているユーザーの数は3倍ほど差がある結果でした。結婚相談所の方が結婚を目的とした出会いをする上では適切だということが読み取れます。


男性マッチングアプリ利用者男性の5人に1人は「遊び相手探し」
また、男性マッチングアプリ利用者に利用目的を尋ねると、22%の5人に1人が「遊び相手探し」と回答していました。「結婚相手探し」と回答た男性は12%にとどまり、男性で結婚を目的に利用しているマッチングアプリ利用者は多くないという結果が読み取れました。


そもそもマッチングアプリ利用者の5人に1人は、誰とも出会えていない
マッチングアプリ利用者にマッチングアプリを活用して出会った人数を尋ねると、19.5%の5人に1人が「誰とも出会えていない」と回答していました。マッチングアプリ利用してみたものの、誰とも出会えずにいる方が一定数いることが読み取れます。


僅差ながら、結婚相談所の方が結婚したいと思える人に出会えていたマッチングアプリ利用者と結婚相談所利用者の異性に出会った経験がある方に「出会った人と結婚したいと思ったか」を尋ねました。その結果、結婚相談所利用者の36.1%、マッチングアプリ利用者の33.5%が「はい」と回答しました。僅差でしたが、結婚相談所の方が結婚したいと思える人に出会えている割合が大きい結果でした。

【マッチングアプリ利用者(男性) 意見の一例】
  • なかなかお相手がヒットせず、時間とお金だけがかかってしまいました。
  • 気に入った相手が居たとしてもなかなか会うまでに至らないので私には向いてないと思いました。
  • 1、男性の負担がやや大きいと感じる。2、実際にやり取りしているとお金目的が多く、真剣な出会いという点では期待が持てない。3、真剣な出会いを求めている人とやり取りできるようになるまでに、ポイント(お金)を多く使う必要があるように感じる。以上3点の理由で今後は使用しないと思う

【マッチングアプリ利用者(女性) 意見の一例】
  • 遊び目的で登録している人が多かったからです。また、マッチングして実際に会った人も実は彼女が居た
    りしたのでもう使いたくないです。
  • 結婚を前提としたお付き合いを希望している人が少なくて、合わないなと感じた。
  • 恋人探しや遊び相手を探している人が多く、結婚まで視野に入れているユーザーは少ない印象だったの で、今後は使わないと思います。

【結婚相談所利用者(男性) 意見の一例】
  • 入会費や月額は少しお高めだが、真面目にやりとりしている人が非常に多く信頼できる。
  • 婚活に対していろいろアドバイスを受けられるのでこれからも使いたいと思います。
  • アプリは恋人探しメインですが、真剣に結婚を考えるのならば結婚相談所の方が頼りになります。

【結婚相談所利用者(女性) 意見の一例】
  • アプリよりも信頼が厚いことと、見た目やプロフィールと実際のイメージに相違があまりないと感じる。
  • 高額ですがお金さえ払えば、結婚を真剣に考えている人との出会いが提供されるので、私はとても良いと思います。
  • 仲人さんに相談できて独身証明書の提出も義務付けられているので安心感があります。

『naco-do』は“オンライン結婚相談所”という結婚相談所の新しいを提示
今回の調査の結果から、結婚相談所は婚活に向いている手段であることが見受けられました。しかし、利用料金の高さや結婚相談所へ行くことの敷居が高く、利用を躊躇しているという声も数多く聞きます。そのような中で『naco-do』は直接行く必要がないオンラインの結婚相談所という新しい形でサービスを提供しています。それにより、一般的な結婚相談所の1/6程度の利用料金にて提供すること可能にしました。その価格帯で、全国約11.9万人の会員のデータベースを活用できます。実績としても、利用ユーザーの93.8%は2ヶ月以内に結婚相手の候補となる方に出会うことができています。


■『naco-do』について
『naco-do』は、1年以内に結婚したい男⼥のためのオンライン結婚相談所サービスです。結婚相談所で⾏われている審査・サポートはそのままに、初期費⽤0円、⽉額6,980円から利⽤可能、成婚料0円です。全てのユーザーの皆様とビデオ面談を実施し、ユーザーの皆様の成婚に向けて手厚いフォローを実施しています。

■株式会社いろもの(https://iromono.co.jp)について
所在地 :〒151-0073 東京都渋⾕区笹塚2-16-2 ウインド笹塚ビル7F
代表者 :代表取締役 ⼭⽥ 陵
設⽴⽇ :2016年4⽉
資本⾦ :27,500,000円(資本準備⾦含む)
事業内容 :スマホの結婚相談所サービス「naco-do」開発・運営
「人の温かみをテクノロジーで届け、最高のパートナー探しを手助けする。」をヴィジョンに掲げ、お客さま一人一人の価値観に沿ったサポートを通じて、素敵なパートナー探しをお手伝いさせていただいております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社いろもの >
  3. クリスマス目前、結婚目的の出会いなら結婚相談所!流行りのマッチングアプリより約3倍も結婚意向が高い傾向に