「8Kチューナー内蔵」液晶テレビで55インチの最小サイズが登場!美しい8K映像も手が届く時代に!最新ゲーム機にも対応 「55NANO95JNA」を2021年1月より順次発売

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役:李 栄彩(イ・ヨンチェ)本社:東京都中央区)は、2020年の追加モデルとして、「8Kチューナー内蔵」の55インチ液晶テレビ「55NANO95JNA」を2021年1月より全国で順次発売します。

 「55NANO95JNA」は、2Kに比べて16倍、4Kに比べても4倍となる、約3,300万個もの画素を持つ高精細の8K対応NanoCellパネルを採用。8Kチューナー内蔵の液晶テレビとしては最小サイズとなる55インチで、これまでは高価で、サイズも大きいという印象があった8Kテレビの中で、サイズ・価格ともに“手の届く8Kテレビ”として、より高精細でリアルな映像を、お手軽にご視聴いただけます。

 映像エンジンには、人工知能を統合させた最新AI対応「α9 Gen3 AI Processor 8K」を搭載。何百万もの映像ソースを学習したAIプロセッサーが、あらゆる映像を高精細に映し出し、今までにない映像美を生み出します。
 サウンド面では、AIが今見ている映像のジャンルを分析し、それぞれに合わせたサウンドに最適化しつつ、臨場感あふれるバーチャルサウンドに変換。音が360度移動する画期的なサウンド規格「Dolby Atmos®」に対応し、映像世界の内側にいるかのような没入体験を実現します。

 また、2020年発売の最新ゲーム機も快適にプレイが可能です。HDMI2.1に準拠したALLM/eARCや、ゲーム用HDR規格HGiGにも対応し、HGiGをサポートするゲームで白飛び黒つぶれを防ぎ、最高のHDRゲーム体験を提供します。
 さらに、テレビに話しかけるだけで基本操作ができるハンズフリー音声認識や、幅広いジャンルのネット動画アプリに対応するなど、エンターテインメントがさらに充実する豊富な機能を搭載しています。

<発売概要>


※詳細の仕様スペックは、LGエレクトロニクス・ジャパンのホームページよりご参照ください。
https://www.lg.com/jp/tv/lg-55nano95jna

■主な特長
7680×4320画素が描き出すリアルな映像

2Kに比べて16倍、4Kに比べても4倍の画素数を持ち、驚愕の高解像度を実現する8K対応のNanoCellパネル。約3,300万個という高精細な画素が、リアルな映像を映し出します。

8Kアップスケーリングにも対応するAIプロセッサー搭載
8K専用の最新AI対応映像エンジン「α9 Gen3 AI Processor 8K」を搭載。
圧倒的なパフォーマンスで8K NanoCellパネルと呼応し合い、今までにない映像美を生み出していきます。
また、2Kおよび4K解像度の映像を8K水準の鮮明な画質へとアップスケーリング。
さらにAIが映像を解析、あらゆるノイズを徹底的に除去することでクリアで鮮明に映し出します。


最新のゲーム機も快適にプレイ
HDMI2.1に準拠したALLM/eARCに対応。ゲーム用HDR規格HGiGにも対応し、HGiGをサポートするゲームで白飛び黒つぶれを防ぎ、最高のHDRゲーム体験を保証します。

※HDMI対応の4K/60Hz映像信号を見るためには、18Gbps伝送に対応するケーブル(プレミアムハイスピードHDMIケーブル)での接続が必要です。HDMI対応の8K/60p映像信号を見るためには、48Gbps伝送に対応するケーブル(ウルトラハイスピード HDMIケーブル)での接続が必要です。
また、4K映像入力信号は以下に対応します。3840×2160p(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)、4096×2160p(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)
8K映像入力信号は以下に対応します。7680×4230(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)

3つの主要HDR規格に対応
さまざまなHDR映像のポテンシャルを引き出す「Cinema HDR」を搭載。
新規格「DOLBY VISION IQ」をはじめ、「HDR10」、「HLG」の規格をサポートしています。DOLBY VISION IQが、周囲の明るさに合わせて画面の輝度を自動調整。
明るい部屋でも暗い部屋でも、美しい映像を楽しめます。

「AIサウンドプロ」で、地上波でもバーチャル5.1chに
AIが今見ている映像のジャンルを分析し、ドラマ・スポーツ・映画・ニュース・音楽の5つに分類。
それぞれのジャンルに合わせたサウンドに最適化しつつ、臨場感あふれるバーチャル5.1chサウンドに変換します。

「Dolby Atmos®」対応で映像にあわせてサウンドが移動
映像と調和しながら、上空を含むあらゆる方向から別の方向へと音が360度移動する画期的なサウンド規格「Dolby Atmos®」。スピーカーのチャンネルによる制限がなく、個々の音を3次元空間内で音場をつくるとともに、立体的に音が移動していく様子をリアルに再現します。映像世界の内側に座っているかのような没入体験を実現します。

※「ドルビービジョン」は4Kコンテンツのみの対応です
※Amazon、Alexaおよび関連するロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※HDMIとHDMI High-Definition Multimedia Interface用語は、米国およびその他の国々におけるHDMI Licensing,LLCの登録商標または商標です
※Dolby、ドルビー、Dolby AtmosおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。
Dolby Visionはドルビーラボラトリーズの商標です
※その他、本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です
※画像はすべてイメージです
※本仕様は予告なく変更される場合があります

■LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社概要
社名:LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
本社:〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階
URL:https://www.lg.com/jp
設立:1981年1月
代表者:代表取締役 李 栄彩(イ・ヨンチェ)
事業内容:LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は5事業を展開
【ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション】
洗濯機、冷蔵庫、衣類リフレッシュ機等
【ホーム・エンターテインメント】
テレビ、ブルーレイプレイヤー等
【モバイル・コミュニケーションズ】
スマートフォン、タブレット端末、モバイルアクセサリー等
【ビークルコンポーネント・ソリューションズ】
車載用機器等
【ビジネス・ソリューションズ】
モニター、ノートパソコン、ホームプロジェクター、デジタルサイネージ、ソーラー事業等
 
■LGエレクトロニクスについて
LGエレクトロニクスは、家電やモバイル製品をはじめとするテクノロジーのグローバルイノベーターとして、世界中に事業拠点を持ち、約74,000人以上の従業員を擁しています。
2019年の世界売上高は530億ドルで、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニケーションズ」、「ビークルコンポーネント・ソリューションズ」、「ビジネス・ソリューションズ」の5事業を展開。テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコン、モバイルデバイス、デジタルサイネージ、車載用機器などを製造する世界有数の総合家電メーカーです。また、プレミアム家電ブランド「LG SIGNATURE」や、独自開発の人工知能技術「LG ThinQ」などを展開しています。詳しくは、www.lg.comをご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社 >
  3. 「8Kチューナー内蔵」液晶テレビで55インチの最小サイズが登場!美しい8K映像も手が届く時代に!最新ゲーム機にも対応 「55NANO95JNA」を2021年1月より順次発売