桐生祥秀が激励!次世代の日本陸上界を担う「ダイヤモンドアスリート」第5期スタート!目指すは東京オリンピック!


日本陸連が行う2020年東京オリンピックとその後の国際大会での活躍が大いに期待できる次世代の競技者を強化育成する「ダイヤモンドアスリート」制度。2018年11月28日、第5期(2018-2019)認定アスリートが決定し、東京都内において、認定式・修了式を行いました。

第5期認定アスリートは、第4期からの継続8名に新規3名が加わり全11名となります。(以下一覧)


◆男子

種目 氏名 所属  
100m/200m 宮本 大輔 東洋大学(1年) 埼玉
100m/200m 塚本 ジャスティン惇平 城西大附属城西高等学校(3年) 東京
200m/400m 井本 佳伸 東海大学(1年) 京都
800m クレイ アーロン 竜波 相洋高等学校(2年) 神奈川
やり投 中村 健太郎 清風南海高等学校(2年) 大阪
走幅跳/200m 海鋒 泰輝 西武台千葉高等学校(3年) 千葉
400mH 出口 晴翔 東福岡高等学校(2年) 福岡

 

◆女子

種目 氏名 所属  
3000m 髙松 智美 ムセンビ 名城大学(1年) 大阪
競歩 藤井 菜々子 エディオン 広島
やり投 長 麻尋 国士舘大学(1年) 和歌山
100mH 小林 歩未 市立船橋高等学校(3年) 千葉

 

橋岡優輝選手(日本大学2年/東京)、江島雅紀選手(日本大学2年/神奈川)、池川博史選手(筑波大学2年/兵庫)が第4期をもって修了しました。

また、認定式・修了式では、桐生祥秀選手(日本生命)が登壇し、ダイヤモンドアスリートへの激励の言葉を述べ、認定証を授与しました。
 

 

ダイヤモンドアスリート代表決意の言葉を述べる藤井菜々子選手ダイヤモンドアスリート代表決意の言葉を述べる藤井菜々子選手

 

ダイヤモンドアスリート修了生の言葉を述べる橋岡優輝選手ダイヤモンドアスリート修了生の言葉を述べる橋岡優輝選手


今後年間を通して、ダイヤモンドアスリートを対象に「リーダーシッププログラム」などの強化育成プログラムを行ってまいります。

▼ダイヤモンドアスリートについて
https://www.jaaf.or.jp/diamond/

今後ともご声援よろしくお願いいたします。
  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人日本陸上競技連盟 >
  3. 桐生祥秀が激励!次世代の日本陸上界を担う「ダイヤモンドアスリート」第5期スタート!目指すは東京オリンピック!