パリス・ラスベガス、170万ドルをかけたエッフェル塔ライトショーを開始

【2019年3月5日 東京】– 2月27日、パリス・ラスベガスは世界的に有名なセレブリティシェフのギー・サヴォアやフランスの伝説的な女優・歌手であるリーヌ・ルノー、ネバダ州クラーク郡政委員のジム・ギブソンを迎え、170万ドル(約1.9億円)をかけた初のエッフェル塔ライトショーでラスベガスの中心地ストリップ通りを鮮やかに照らしました。パリス・ラスベガスでは今年総額9,200万ドル(約102億円)を超える改装が計画されており、新たに生まれ変わった1,600の客室に加え、20周年を記念して新設されるヴォワ・スパ&サロンなど、お客様には1ランク上の体験を提供します。

パリス・ラスベガスによるライトショーはフランスのエッフェル塔のライトアップからインスピレーションを受け、毎晩無料で繰り返し行われます。ストリップ通りを訪れる観光客が様々な色の照明や光の演出を楽しめます。ビジョン・サイン社との提携により約300の淡色照明と800超の白色閃光灯をエッフェル塔の外部に設置されました。お客様は、毎晩日没から夜中の零時まで、毎時0分と30分に繰り広げられるライトショーをお楽しみいただけます。
 


パリス・ラスベガスのリージョナル・プレジデントのゲイリー・セレズナーは、「今年20周年を記念するパリス・ラスベガスは、これからもストリップ通りの中心にヨーロッパの光の都の精神と洗練さ、そしてロマンスを提供してゆきます。」と述べました。

1999年9月1日にオープンし、ラスベガスの風景の象徴にもなっているパリス・ラスベガスのエッフェル塔は高さ165メートルと、フランスのエッフェル塔の半分の高さとなっており、レプリカとしては最大の規模です。エッフェル塔の展望台は午前10時から夜中の零時まで毎日営業しており、ラスベガスのパノラマの絶景をお楽しみいただけます。

パリス・ラスベガス ホテル客室の改装

KNAデザインズの設計により改装された2,900の客室やスイートルームは全て、伝統的なヨーロッパの優雅さにモダンなセンスが融合されています。
 


新たに導入されたバーガンディ・ルームにはキングサイズのベッド1台またはクイーンサイズのベッド2台、55インチ薄型テレビ、大型のデスクに加え、アクセントとなるインテリアが揃えられています。豪華なバスルームには大理石のカウンター、ベンチシート、そして大きなガラス張りのシャワールームにシャワーホース付のシャワーヘッドが備わっています。改装されたスイートルームには、飲物をつくるバーが備わるリビングエリアやジェットバス付の大理石のバスルーム、エッフェル塔の眺めなどをお楽しみいただけます。
 


ヴォア・スパ&サロンの新設

総額375万ドル(約4.2億円)をかけて新設された、総面積2,300平米のヴォワ・スパ&サロンは、フランスの地方を巡る旅をコンセプトとしています。優雅な雰囲気に包まれたヴォワでは、全身デトックスの特別なスパや、サウンド・セラピー・マッサージ、ハイドラ・クレンジング・トリートメントなど、お客様のニーズに沿った幅広いメニューをご用意しております。サロンでは、特殊な植物エキスをつかったヘア・トリートメントやマニキュア・ペディキュアなどを提供しています。詳細や予約については、VoieSpa.comをご覧ください。
 


パリス・ラスベガス

パリス・ラスベガスは、花の都パリの情熱や洗練さをラスベガスのストリップ通りにもたらし、お客様をヨーロッパの最も優雅な街へといざないます。46階建てのエッフェル塔のレプリカや本格的な建築物が再現されたパリス・ラスベガスは、2,900の客室およびスイートルームを備えています。パリス・ラスベガス・リゾートには総面積7,900平米のカジノ、8,100平米のソレイユ・プール、ラスベガス初の屋上バーのビア・パーク、新設されたヴォア・スパ&サロン、2つのウェディングチャペル、フランス風のショッピング街、贅沢なナイトライフを満喫できるシャトー・ナイトクラブなどが揃っています。11のレストランには、エッフェル塔レストラン、フレンチビストロのモナミ・ガビ、カリスマシェフ監修のゴードン・ラムゼイ・ステーキなど、著名なレストランが名を連ねています。

パリス・ラスベガスは、シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション(NASDAQ: CZR)の子会社により運営されています。

 
シーザーズ・エンターテインメントについて

シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーションは、80年以上の歴史を持ち、世界中に50超のホテル、リゾート、ゲーミング、ホスピタリティ、MICE、ライブ・エンターテインメント業界のグローバルリーダーです。

フラッグシップのシーザーズパレスをはじめ、プラネットハリウッド、パリスホテル、バリーズなど数多くのブランドを有し、年間滞在客数は1億1,500万人を越え、MICE分野では2,000人を越える専任スタッフが、年間2万件の会議、カンファレンス、イベントをサポートしています。

シーザーズは、質の高い雇用やその他経済メリットの創出を通して日本の地元の地域社会を活性化し、世界各地から観光客を呼び込むことができる世界基準のJapanese Entertainment Resort(JER)を開設・運営するため、日本への長期にわたる投資家となり日本のパートナーと協業していくことに尽力します。

より詳しい情報は、http://www.caesars.co.jp にてご覧頂けます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション >
  3. パリス・ラスベガス、170万ドルをかけたエッフェル塔ライトショーを開始