文科省委託事業で、三幸学園が専門学校教育におけるVRの実証研究を実施。既存教材と比較し平均スコアが110%に、オープンキャンパスでの入学希望度も向上

~スペースリーを活用したVR動画教材の実証結果を公開~

 文部科学省の委託事業である令和2年度「専修学校における先端技術利活用実証研究」において、学校法人三幸学園(本社:東京都文京区本郷3丁目23番16号、理事長:昼間一彦、以下三幸学園)の事業が採択され、実証実験では株式会社プロシーズ(本社:大阪府吹田市広芝町10番25号、代表取締役:花田隆典)経由で提供している株式会社スペースリー(本社:東京都渋谷区渋谷3-6-2 第2矢木ビル3F、代表取締役:森田博和、以下当社)のVRクラウドソフトが利用されました。

 実証実験は東京リゾートアンドスポーツ専門学校を主幹校とする「スポーツ及び保育人材育成における先端技術を利用した学習成果検証事業(以下、スポーツ・保育分野)」及び、札幌ビューティーアート専門学校を主幹校とする「VRを用いた美容・観光分野における職業教育実践事業(以下、美容・観光(ブライダル)分野)」で行われました。スポーツ・保育分野では既存のe-ラーニング教材と比較してVR動画教材の方が110%と平均スコアが高く、美容・観光(ブライダル)分野ではオープンキャンパス参加者のうち97%が、入学希望度が向上することが分析事業者により分かりました。

 今後の展開を含む本事業の詳細は、三幸学園のニュースページ(URL: https://www.sanko.ac.jp/news/article/669/)をご確認ください。
 また、委託事業に関する文部科学省のページ(URL: https://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/1418823_00002.htm)は以下を御覧ください。

■スポーツ及び保育人材育成における先端技術を利用した学習成果検証事業の検証概要
 「先端映像技術教材」として360°動画と自由視点映像を活用した教材を作成し、受講生(延べ180人)を対象に通常のeラーニング教材との学習成果測定・比較を試みました。
 その結果、「先端映像技術教材」を活用した教材利用では対面講義と同等の学習成果が出せること、受講者は集中度や理解度が向上することが分かりました。特に保育分野での360°動画の検証では、通常の静止画をベースとしたeラーニング教材に比べ実習先での行動イメージや学習内容の活用についての平均スコアがおよそ 110%になることが分かりました。当社のVRクラウドソフト「スペースリー」は本検証の360°動画の再生に活用されました。

事業紹介動画:https://youtu.be/O0timl9fA-E
成果報告書:https://www.sanko.ac.jp/pdf/share/vr_sports_report.pdf

■VRを用いた美容・観光分野における職業教育実践事業の検証概要
 美容・観光(ブライダル)分野でのVR職業体験コンテンツ(美容、観光等の4職種)を、実務経験のある講師とVR制作の専門事業者がそれぞれ制作し、専門学校1年生及び高校生(合計延べ350人)にPCで受講してもらい、学習成果(入学希望度含む)を比較しました。

 その結果、専門学校 1 年生の90%以上が学習意欲喚起度が高まったと回答し、講師の制作するコンテンツはVR制作事業者の制作するコンテンツと遜色ないことが示されました。また、オープンキャンパスで同コンテンツを受講することで、参加者のうち97%が、学校への入学希望度が向上することが分かりました。
 当社のVRクラウドソフト「スペースリー」は講師及びVR制作事業者が制作する360°動画の再生に活用されました。

事業紹介動画:https://youtu.be/3dkDYZi4Tl4
成果報告書:https://www.sanko.ac.jp/pdf/share/vr_beauty_report.pdf
成果物動画:https://youtube.com/playlist?list=PLZIKZ0yc7tgPRJtJy1nFsygIWLbCT6Fb6

■今後の当社の展開
 本事業の検証により、他教材と比較してVRの学習効果の高さが判明しました。当社は、この検証結果を踏まえ、学校教育や企業研修などへのVR普及・活用を推進してまいります。

■会社概要
Web   :https://spacely.co.jp
代表者:森田 博和
資本金:267,963,395円
設立年:2013年8月
所在地 [本社]      〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-6-2 第2矢木ビル3F
    [福岡営業所]   〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目11-1 福岡PARCO新館5F
    [大阪営業所]   〒533-0031 大阪府大阪市淀川区西淡路1-1-9 ビジネス新大阪506

【株式会社スペースリーについて】
 360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」を開発し、2016年11月の開始以来5年間で、不動産・ハウスメーカーなどの分野を中心に5000以上の利用事業者にサービスを提供。リーズナブルな価格、 直感的な操作で、 ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。
 遠隔地でも簡単にVR空間の案内ができる遠隔接客機能や、市販のVR機器で高品質なVR接客を可能にする「瞬間接客VR」の開発など技術力を特徴としています。2018年4月には、360度空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進するためのSpacely Labを設立し、研究開発を推進しています。
▼会社紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=8jL4K851oJU

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペースリー >
  3. 文科省委託事業で、三幸学園が専門学校教育におけるVRの実証研究を実施。既存教材と比較し平均スコアが110%に、オープンキャンパスでの入学希望度も向上