プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社アクセルラボ
会社概要

「SpaceCore(スペース・コア)」、YKK AP社の玄関ドア・リモコンシャッターと連携開始

〜「SpaceCore」アプリから玄関ドアの施解錠・シャッター操作が可能に〜

株式会社アクセルラボ

株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小暮学、 以下当社)は、スマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」がYKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀 秀充、以下YKK AP社)」の電気錠「スマートコントロールキー(※1)」を搭載した玄関ドア(以下玄関ドア)およびリモコンシャッターと連携したことをお知らせいたします。これにより、玄関ドアおよびリモコンシャッターの「SpaceCore」アプリからの遠隔操作や条件設定による自動動作が可能になります。本連携は、他社住宅設備・スマートホームデバイスと連携・協業をおこなう当社プログラム「Works With SpaceCore」の一つとなります。
※1「スマートコントロールキー」はYKK AP社の出願・登録商標です。
◆連携内容について
この度、「SpaceCore」のHA端子アダプターとYKK AP社の玄関ドアおよびリモコンシャッターを接続することにより、「SpaceCore」アプリやスマートスピーカーからYKK AP社の玄関ドアとリモコンシャッター・リモコンスリットシャッターの操作が可能となりました。また、「SpaceCore」のルールやシーン設定を活用することであらかじめ登録した条件に応じて照明・エアコンなどの家電やスマートホーム機器と合わせた統合的な操作が可能となります。
 


◆連携の経緯について
戸建て物件を中心に電気錠が設置されている玄関ドアの採用が増加傾向にあります。しかしながら、電気錠の戸建て物件でスマートホームを導入する場合、操作アプリが複雑化し、連動した動きができず、利便性が下がってしまいます。また、スマートホームと同じ操作アプリに統一する場合は、スマートロックの取付けが必要となり、ドア自体の加工によって電気錠が無効になるため、メーカー保証の対象外になるなど、課題が多くありました。
今回の連携により、玄関ドアの加工不要で電気錠を遠隔操作可能になったため、電気錠の機能を活用しながら、「SpaceCore」アプリで電気錠と家電やスマートホーム機器の統合的な操作を体感することができるようになりました。

◆接続方法について
玄関ドアについては、YKK AP社のインターフェースユニットとHA端子アダプターとをJEM-Aケーブルで接続することによって「SpaceCore」アプリから操作ができるようになります。
リモコンシャッターは、YKK AP社のリモコンシャッター・リモコンスリットシャッターにおいてもHA端子アダプターとJEM-Aケーブルで接続することによって「SpaceCore」アプリからの操作が可能となります。


【電気錠】

※対応インターフェースユニット機種:YS KAG-B3/YS KAG-B4/YS KAG-B7
 


【リモコンシャッター】


YKK AP社の接続対応機器の詳細についてはYKK AP社のウェブサイト(https://www.ykkap.co.jp/consumer/support/iot/)よりご確認ください。


◆Works With SpaceCore(ワークス ウィズ スペース・コア)とは

 

「Works With SpaceCore」は、国内外のさまざまなスマートホームデバイスや住宅設備と連携・協業を行うプログラムです。SpaceCoreプラットフォームをご利用いただいている事業者や物件の居住者の利便性を向上し、今までにない新しいU IとU Xを提供していくことを目的としています。

 Works With SpaceCore:https://space-core.jp/works-with/

◆SpaceCore(スペース・コア)とは
 

「SpaceCore(スペース・コア)」は、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者(以下、事業者)と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォームです。2019年8月より提供を開始以来、全国約18,000※戸に導入されております。ホームIoT製品を設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスをユーザーが利用できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、事業者と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。
※2021年3月時点

SpaceCore:https://www.space-core.jp/

◆株式会社ACCEL LAB  会社概要
本社  :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者 :代表取締役 小暮 学
設立  :2017年7月
URL  :https://accel-lab.com
事業  :プラットフォームサービスの開発・販売、WEBメディア運営

◆YKK AP株式会社  会社概要
本社  :〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1番地
代表者 :代表取締役社長 堀 秀充
設立  :1957年7月
URL     :https://www.ykkap.co.jp/
事業  :下記商品の設計、製造、施工および販売

[ 住宅用商品 ]
窓、サッシ、シャッター、雨戸、網戸、面格子、住宅用電装商品、玄関ドア・引戸、勝手口ドア、浴室出入口、室内ドア・引戸、室内階段、フローリング、バルコニー、テラス、オーニング、門扉、フェンス、カーポート、外装材、複層ガラス 等

[ ビル用商品 ]
超高層・高層・中層・低層ビル用窓・サッシ・ドア・カーテンウォール、スチール商品、改装用商品、エントランス商品、景観商品 等

[ その他 ]
アルミ形材、建材加工用機械、建材部品 等

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.space-core.jp
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

株式会社アクセルラボのプレスキットを見る

会社概要

株式会社アクセルラボ

21フォロワー

RSS
URL
http://accel-lab.com/
業種
サービス業
本社所在地
東京都新宿区新宿4-1-6 新宿ミライナタワー18階
電話番号
-
代表者名
小暮学
上場
未上場
資本金
35億1000万円
設立
2017年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード