令和元年台風19号でピースウィンズ・ジャパン医療・レスキューチームによる緊急支援活動を開始

12日に上陸した台風19号により、死傷者が発生する被害が出ており、浸水や停電など被害がさらに拡大すると思われます。PWJは緊急合同支援チームを派遣しました。

合同支援チーム(Civic Force/ A-PADジャパン/ Peace Winds Japan)は現在、ヘリ2機と医師4名、看護師1名を含むレスキュー隊、救助犬が現場へ向かっています。

富山空港を経由し、長野県長野市や長野県小布施町に入り、情報収集にあたり、ニーズがあり次第、医療・物資・避難所支援等を行う予定です。

 

 



 

出動準備中の医療チーム出動準備中の医療チーム

ボートで現場へ向かうチーム(長野市)ボートで現場へ向かうチーム(長野市)

現地での活動につきましては、引き続き当団体のホームページでお伝えしていきます。報道関係の皆さまにおかれましては、取材・報道をしていただきますよう、お願い申し上げます。

 

●特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

HP:https://www.peace-winds.org
Facebook  https://www.facebook.com/PWJPublicRelations/
Twitter: https://twitter.com/peacewindsjapan

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピースウィンズ・ジャパン >
  3. 令和元年台風19号でピースウィンズ・ジャパン医療・レスキューチームによる緊急支援活動を開始