「禁煙推進企業コンソーシアム」の設立について

~健康増進に向けた禁煙の先進的な取り組みを実践~


2019年4月18日
 

 アフラック生命保険株式会社(代表取締役社長:古出 眞敏)は、今般、公益社団法人東京都医師会及び公益財団法人日本対がん協会、その他民間企業20社とともに設立メンバーとして「禁煙推進企業コンソーシアム」に参画します。

 本コンソーシアムは「社内禁煙の推進」に注力し、参加企業は「がん対策推進基本計画」(第3期)で目標としている2022年度の喫煙率12%の達成を目指します。また、参加企業による禁煙の先進的な動きを通じて、社会全体に禁煙の重要性を発信していきます。

 当社は、がん保険を主力商品とする保険会社として、がんの最大のリスク要因の一つである喫煙と受動喫煙を重大な社会課題として捉え、「喫煙率の低下」を健康経営の主な取り組みテーマの一つとしています。本コンソーシアムへの参画を機にさらに「喫煙率の低下」に取り組んでいきます。

 当社ではこれからも社員が心身ともに健康に生活し、仕事に取り組めるよう、社員の健康維持・促進を図っていきます。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アフラック生命保険株式会社 >
  3. 「禁煙推進企業コンソーシアム」の設立について