3.11「あの時をわすれない。進み続けるために。」銀座四丁目から「未来への希望の鐘」

~和光本館で鐘の音とウインドウディスプレイ~

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO 兼 グループCCO 服部 真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、東日本大震災の発生から10年となる2021年3月11日(木)に、和光(東京・銀座)時計塔で「未来への希望の鐘」を鳴らします。また、3月6日(土)~11日(木)の期間、和光本館のショーウインドウで特別なディスプレイを行います。

 

(ウインドウディスプレイ イメージ図)(ウインドウディスプレイ イメージ図)

セイコーは、東日本大震災発生の直後より、東北の被災3県および東京で通算36回の「“わ”で奏でる東日本応援コンサート」を開催してまいりました。また、震災を風化させないための取り組みとして、毎年3月11日、和光で、震災発生時刻の14時46分に1分間、黙祷の目安となるよう鐘を鳴らし、ショーウインドウに全国から寄せられた復興への思いが記されたメッセージカードを掲示するなどの活動を継続して行っています。

震災発生から10年の節目に、復興に向き合う皆様と全国の皆様の心をつなぎ、“わ”の絆を広げたいという願いを込めて、和光から、特別な鐘の音とウインドウディスプレイをお届けします。

3月6日(土)、和光本館のショーウインドウに大きな時計が姿を現します。時計の針は東日本大震災の発生時刻である14時46分を指しています。3月11日(木)14時46分を迎えると、1分間の黙とうの目安となる11回と2回の時打ちの鐘の後、新たに制作した「未来への希望の鐘」が鳴り、時計の針が動き出します。

和光本館1階では、10年間の「“わ”で奏でる東日本応援コンサート」の様子をご紹介する写真展示も実施します。

和光のショーウインドウの様子や「未来への希望の鐘」の音は、下記「“わ”で奏でる東日本応援コンサート2021 in日本武道館」特設サイトにて、配信を予定しています。
https://www.seiko.co.jp/sports_music/music/wa/concert2021/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セイコーホールディングス株式会社 >
  3. 3.11「あの時をわすれない。進み続けるために。」銀座四丁目から「未来への希望の鐘」