Another worksが総額1.6億円の資金調達。ベクトル、個人投資家の梅田裕真氏などが出資

複業の社会実装を目指し、人材採用の拡大とAI技術を活用したプロダクト開発強化


複業マッチングプラットフォーム「Another works」を展開する株式会社Another works(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:大林 尚朝)は、2021年4月16日、株式会社ベクトル、個人投資家の梅田裕真氏、他複数の個人投資家などを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1.6億円を調達したことをお知らせいたします。調達した資金は主にAI技術を活用したプロダクトの機能拡充、プロモーション、新規事業開発、及び質の高いサービス提供のための人材採用に充てる予定です。今後はHR業界におけるテックカンパニーとして複業をブームから文化として定着させ、挑戦する全ての人の機会を最大化できるよう邁進してまいります。


■資金調達の背景
昨今、厚生労働省のモデル就業規則の変更による企業の複業解禁、さらには新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、転職や複業を検討する就業者が増加しています。このような変化から、企業は人材採用や社員の離職防止、エンゲージメント向上の観点で、複業制度の導入や複業人材の受け入れを検討する機会が増加しました。

Another worksは創業以来、複業マッチングプラットフォーム「Another works」を運営・開発しています。登録タレントに複業の機会を創出するほか、企業や行政とも連携して複業解禁や複業人材の登用を後押ししてきました。

今回引受先となる企業や個人投資家には、このような複業文化醸成への寄与と、文化定着のための各企業に対するCSの手厚さを評価していただきました。これまで培った人事課題へのアプローチや、今後の改善策にも期待していただいております。

■資金調達の概要と今後の展開
すでに単月黒字化を実現し、ビジネスモデルが成立していることから、さらなる事業成長と技術投資を企図して資金調達に至りました。無料トライアル期間の利用も含めるとすでに累計500社以上に導入していただき、地方自治体との連携も推進しています。


調達した資金は、AI技術を活用したプロダクトの機能拡充、プロモーション、新規事業開発、及び質の高いサービス提供のための人材採用に充てる予定です。なお、シードラウンドを含めた累計調達額は約2億円となります。

Another worksは今後も、複業をブームから文化として定着させ、挑戦する全ての人の機会を最大化できるよう邁進します。さらに、最新のテクノロジーを活用し、HR業界におけるテックカンパニーとして成長してまいります。


■引受先について
・株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川創)
・梅田裕真氏(個人投資家 / 株式会社メディカルノート代表取締役CEO)
・鈴木 達哉氏(個人投資家 / 株式会社ギフティ代表取締役)
・加藤 智治氏(エンジェル投資家 / まん福ホールディングス株式会社 代表取締役社長/ゼビオ株式会社 前代表取締役社長)
その他VC

■出資者各位からコメント
株式会社ベクトル(創業者・取締役会長 西江 肇司氏)

僕は複業マッチングのサブスクというビジネスモデルが面白いと思い出資をしました。今回の出資を通じて、この優れたビジネスモデルを世の中に広めていきたいと思い、そのお手伝いをしていきたいと考えています。


梅田裕真氏(個人投資家 / 株式会社メディカルノート代表取締役CEO)

複業に対する社会的な理解は未だ不十分だと感じています。人材の流出を懸念する企業にとっては必ずしも好ましいものではないからです。しかし、複業は長期的に見れば個人の活躍の幅を広げるだけでなく、生産人口が減少する日本において効率的な人財活用を促す仕組みとなります。

Another worksの事業は、個人・企業の双方が複業に取り組むハードルを大きく引き下げるものです。その取り組みの先に、企業と個人が単なる雇用関係でなく、同じミッションを共有するパートナーとして有機的につながりあい、より大きな価値を生み出せる未来が訪れると期待しています。


 鈴木 達哉氏(個人投資家 / 株式会社ギフティ代表取締役)

今後、雇用の流動化がさらに進むことが予想される中で、人と機会のよりよいマッチングを実現させるプラットフォームが世の中で求められています。 

Another works社はそうしたマクロトレンドに真正面から応えるサービスを提供しており、着実に事業を成長させ、社会の進歩に貢献されています。大林さん率いられる優秀なチームがなめらかな社会を実現していく過程を微力ながら支援させて頂きたいと思い、出資させて頂きました。


 加藤 智治氏(エンジェル投資家 / まん福ホールディングス株式会社 代表取締役社長/ゼビオ株式会社 前代表取締役社長) 

人生100年時代が本格的に到来する今、1億2000万人総副業時代が始まっています。健全で効率的な副業マッチングが人口減少するこれからの国内経済活性化の起爆財になるはずです。Another worksが、その社会課題解決の風雲児となることを期待しています。


■Another works 代表取締役CEO 大林のコメント

この度、総額1.6億円の資金調達を実施いたしました。私が心から尊敬する投資家の皆様にAnother worksが目指す世界観に共感いただき、信じていただき、株主として弊社に参画いただけたことがこの上なく嬉しいです。

今回の資金調達で"複業"の社会実装に向けた採用強化、膨大なマッチングデータを分析したAI搭載によるプロダクト強化、など推進していきます。


■「Another works」とは
「Another works」は、複業したい人と企業をつなぐSaaS型の複業マッチングプラットフォームです。企業は毎月定額料金で、登録している全タレントから求める人材を探し、無制限にアプローチできます。採用が実現しても成約手数料は一切かからないため、採用コストが削減できる今までにないサービスです。タレントは登録・利用が一切無料で、求人へ直接エントリーが可能。また、企業からのスカウトが届くこともあるので、複業の機会を最大化させることができます。
https://aw-anotherworks.com/

■株式会社Another works
「挑戦する全ての人の機会を最大化する」をビジョンに掲げるスタートアップ企業です。2019年9月のサービスリリース以来、一部上場企業からベンチャー企業など、累計500社以上の企業に導入されています。行政との連携も実施し、複業人材の登用を後押ししています。導入を検討されている担当者様は、ぜひこちらからお問い合わせください。
https://aw-anotherworks.com/clients

■会社概要
社名:株式会社Another works
代表取締役CEO:大林 尚朝
所在地:東京都渋谷区恵比寿2丁目6番26号恵比寿クロスサードB1階
URL:https://anotherworks.co.jp/

 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Another works >
  3. Another worksが総額1.6億円の資金調達。ベクトル、個人投資家の梅田裕真氏などが出資