参加者募集 MBA/MOTセミナー「Withコロナのマーケティング:MBAとMOTの役割と融合」

県立広島大学大学院経営管理研究科(通称 HBMS、広島市南区宇品東1-1-71、理事長兼学長 中村 健一)は、山口大学大学院技術経営研究科(通称YUMOT)福代(ふくよ) 和宏(かずひろ) 研究科長・松浦 良行教授を講師としてお招きし、MBA/MOTセミナーを開催します。今回のセミナーでは、両大学それぞれの学位プログラム(カリキュラム内容)に基づき、MBAとMOTのそれぞれが果たす役割について考察すると共に、マーケティングにおける両者の融合に焦点をあてていきます。
1 開催概要
日 時:2020年10月28日(水)18:30~21:00
会 場:サテライトキャンパスひろしま(中区大手町1丁目5-3)501・502講義室
費 用:無料
募集人数:50名
テーマ:「Withコロナのマーケティング:MBAとMOTの役割と融合」
内 容:マーケティングの本質は、商品、サービス等の提供側とそれらを消費、使用する側の間の需給関係を適合化させることです。企業等の組織である提供側の持つ技術やアイデアを具体的な商品やサービスを提供していく「市場提案型のマーケティング」と市場や消費者のニーズや欲求を理解して、それに適応していく「市場対応型のマーケティング」があります。
Withコロナの時代には、両マーケティングからの複合的視点が重要になってくると考えられます。MBA(Management of Business and Administration)とMOT(Management of Technology)が担うべきマーケティングの役割を融合させることを目的として、これからのマーケティングのあるべき姿について議論を行います。

スケジュール:
18:30~18:40ご挨拶 県立広島大学HBMS研究科長 横山 禎徳 特任教授
18:40~19:10「MBA・MOTを学ぶことについて」山口大学YUMOT 松浦 良行 教授
19:10~19:40講演①「10年分の加速」山口大学YUMO研究科長 福代 和宏 教授
19:40~20:10講演②「COVID19における市場環境変化とマーケティング」 県立広島大学HBMS専攻長 江戸 克栄 教授
20:20~20:45 パネルディスカッション・質疑応答等
 

山口大学YUMOT研究科長 福代 和宏 教授

1998年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程環境工学専攻修了。博士(工学)。同年日立製作所入社、冷熱機器開発に従事。 2001年空気調和・衛生工学会より学会賞受賞。空気調和・衛生工学会技術フェロー、山口県再生可能エネルギー推進指針策定委員会会長等。

 

県立広島大学HBMS専攻長 江戸 克栄 教授

慶應義塾大学商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学商学研究科博士課程単位取得退学後、文化女子大学(現文化学園大学)服装学部専任講師、准教授、教授を経て現職(「マーケティング」、「マーケティングリサーチ」担当)。戦略研究学会元理事、地域デザイン学会元理事等。


2 申し込み方法
下記よりHBMSのウェブサイトにアクセスしお申し込みください。
https://mba.pu-hiroshima.ac.jp/ja/events/archives/4902

MBA/MOTセミナー(チラシ)
https://prtimes.jp/a/?f=d51586-20201009-3142.pdf



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公立大学法人 県立広島大学 >
  3. 参加者募集 MBA/MOTセミナー「Withコロナのマーケティング:MBAとMOTの役割と融合」