文章力を仕事にする。継続的に仕事ができる。シングルマザーを「稼げる」Webライターに

一般社団法人日本シングルマザー支援協会が養成講座を開始へ

文章力を仕事にする。継続的に仕事ができる。シングルマザーを「稼げる」Webライターに ~ 一般社団法人日本シングルマザー支援協会が養成講座を開始へ
文章力を仕事にする。継続的に仕事ができる。シングルマザーを「稼げる」Webライターに ~ 一般社団法人日本シングルマザー支援協会が養成講座を開始へ

 


一般社団法人日本シングルマザー支援協会(本部:神奈川県横浜市、代表理事:江成 道子)は、シングルマザーに様々な学びの情報を提供する「学んで稼ぐセミナー」の一環として、2022年7月から「Webライター講座」を開講します。

 講師は、自ら記者・ライターを長年経験し、現在はWebライターにお仕事を依頼する側でもある現役編集者が担当。依頼者としての目線を重視し、「稼げるライター」を育成します。期間は同年7-8月で、6月25日と28日に無料説明会も実施します(詳細は後述)。

Webライターは、資格等が不要で、場所や時間を問わず取り組むことができることから、副業としても身近なお仕事です。ネットメディアやブログの記事、ECサイトやネット広告の商品説明文など、インターネット上で流通するコンテンツが増える中で、Webライターの仕事にも多くの需要があります。


いわゆる「参入障壁」が低い一方で、単価が「1文字0.○円」などと稼働量に比べて報酬が低い仕事も散見されます。またインターネットを通じて編集者側とのやり取りが少ないまま仕事を請け負った結果、仕事のミスマッチや数多くの修正が生じることもあります。そのため、継続的に仕事を獲得するのは初心者にはハードルが高いという実情があります。

 

今回の講座では、文章執筆の基礎から情報収集・リサーチのポイント▽多くのWebコンテンツで重視されるスキルである「SEO(検索エンジン最適化)対策」▽インタビュー取材の勘所▽ネットコンテンツが「読まれる」ための命綱である「タイトル(見出し)」……などをオンライン形式で学ぶことができる、実践的な内容です。

 

また、毎回原稿の添削・アドバイスを行うとともに、講座終了時には本格的にWebライターを志すシングルマザーに対するキャリア相談会も予定しています。

 


(イメージ)
<本講座の背景>
ひとりで子育てと仕事の両立をするシングルマザーの困窮は、近年の社会課題の一つです。厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査によると、シングルマザーの平均年収は243万円となっています。非正規雇用の割合も高く、就業している約169万人の47%がパートや派遣社員などの非正規雇用で、不安定な生活を送っているのが実態です。

 これらの原因は、シングルマザーの就業経験が乏しいことや高収入の職種に就くためのスキルが足りないこと、育児のために就業時間に制約があることなどが挙げられます。

 また新型コロナ禍で非正規雇用者らの雇用に悪影響が生じているとされますが、一般社団法人日本シングルマザー支援協会にも登録するシングルマザーの多くも解雇や雇い止めに遭うなど打撃を受けています。

 同協会は、こうした問題を解決するため、2030年に約44万人不足する(参考・経済産業省の「IT人材需給に関する調査」)とされるIT人材や、様々な産業のデジタル化に伴い需要が高まるデジタル人材としてのスキル・知識をシングルマザーに習得してもらい、より高い収入で安定した暮らしを実現する機会を創出するプロジェクトを始めました。

 
SEO対策などWebライターに求められるスキルもIT・デジタルスキルの一つであり、他のデジタル職種の多くで転用できることが期待されます。


<講師について>

講師:中村信義/クラウドカンパニー(株) Executive Director
朝日新聞社で長く記者を務め、現在は経済メディアNewsPicksの法人向け事業「NewsPicks for Business」の編集長。編集・制作会社も経営し、紙・ネットメディアのみならず、企業のオウンドメディアやブランディングコンテンツの執筆・編集などを幅広く担う。

中村信義/クラウドカンパニー(株) Executive Director

<オンライン説明会(無料)について>
6月28日(火)19:30~(20:15終了予定)

※お問い合わせは一般社団法人シングルマザー支援協会まで(045-534-8849、問い合わせフォームはこちら)

 

<一般社団法人日本シングルマザー支援協会について>
シングルマザーの生活安定を目指すことに特化した団体です。母親が経済的に安定していることで精神的な安定も手にすることができ、必然的に子どもたちも安定した生活の中で安心して暮らすことが出来るようになります。

 MES(ミーズ)プログラムを開発し、「シングルマザー自立までのたった3つのステップ」をスローガンに、ひとりでも多くのシングルマザーが生活を安定させていくためのプロセスをトータル的にサポートしています。

 3つのステップは具体的に、①自分が何にストレスを感じるか把握し、ストレスの低い毎日を過ごして前向きに過ごせるように変えること、②自分に合った職業スキルを身につけ、採用される人になれるよう変えること、③楽しく長く働けて安定した生活を維持できるよう基盤を整備すること・・・です。

 会員数は約8000名にのぼり、活動に賛同いただいているパートナー企業は250社を超えています。

 組織名:一般社団法人日本シングルマザー支援協会
住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-12-10千菊ビル301
代表:江成 道子
会員数:約7500名(2021.01時点)
活動内容:職業紹介事業、シングルマザー自立支援、女性起業支援、企業コンサルティング、行政受託事業、地方移住支援
以上

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本シングルマザー支援協会 >
  3. 文章力を仕事にする。継続的に仕事ができる。シングルマザーを「稼げる」Webライターに