世界の鋼繊維市場ータイプ別、製造プロセス別(カットワイヤー/コールドドロー、スリットシート、メルトエキストラクト)、アプリケーション別(コンクリート、複合補強、耐火物)、地域予測2020-2027年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の鋼繊維市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年7月 01日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。
調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

鋼繊維はコンクリートを使用した金属補強材であり、これは溶接布や従来の棒鋼用途の代替として使用されます。鋼繊維は、材料の強度を高め、材料特性を脆性からより延性に変化させます。鋼繊維の利点のいくつかは、より長い耐用年数、より少ないメンテナンスコスト、高い耐衝撃性、およびより強いジョイントです。鋼繊維はまた、建物の壁や床の亀裂位置を埋めるための手頃な代用品です。さらに、鋼繊維はまた、耐荷重性と高抵抗を可能にして、建設部門での使用を強化します。これは、強度が増し、透水性が低下し、収縮亀裂が少ないため、トンネル建設でよく使用されます。鋼繊維は、化学、製薬、航空機および航空宇宙、計測機器など、さまざまな分野で使用されています。

急速な都市化とインフラ開発は、市場の成長を牽引している主要な要因です。2018年、国連によれば、世界の人口の55%が都市部に居住しており、2050年までに約68%まで増加すると推定されています。さまざまな経済学と革新的なコスト削減プロセスの出現により、予測期間中に大きな市場機会が生まれます。世界の鋼繊維市場は、2019年に約376億米ドルと評価され、2020〜2027年の予測期間中に6.10%以上のCAGRで成長すると予想されています。
 


世界の鋼繊維市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。北アメリカは地域の主要な市場プレーヤーの存在のために最も急速に成長しています。一方、アジア太平洋地域は2020〜2027年の予測期間で最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。工業化の台頭やインド、中国、日本などの経済の台頭などの要因により、アジア太平洋地域の鋼繊維市場に有利な成長見通しが生まれます。

世界の鋼繊維市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

 世界の鋼繊維市場は、タイプ別(フックドスチールファイバー、ストレートスチールファイバー、クリンプスチールファイバー、変形スチールファイバー、その他)、製造プロセス別(カットワイヤー/コールドドロー、スリットシート、メルトエキストラクト、その他)、アプリケーション別(コンクリート)補強、複合補強、耐火物、その他)および地域などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

世界の鋼繊維市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325270

 レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界の鋼繊維市場」というタイトルのレポートは、世界の鋼繊維市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界の鋼繊維市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界の鋼繊維市場における業界のリーダーはGreen Steel Solana S.r.l.(イタリア)、ArcelorMittal S.A.(ルクセンブルグ)、Zhejiang Boean Metal Products(中国)、Sika AG(スイス)、N.V. Bekaert S.A.(ベルギー)、Fibrometals SRL(ルーマニア)、日本精線株式会社(日本)、湖南サンシャインスチールファイバー株式会社(中国)、Spajic doo(米国)、IntraMicron、Inc.(米国)などです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-steel-fibre-market-/10325270
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の鋼繊維市場ータイプ別、製造プロセス別(カットワイヤー/コールドドロー、スリットシート、メルトエキストラクト)、アプリケーション別(コンクリート、複合補強、耐火物)、地域予測2020-2027年