『らくらく健康観察』新料金プランにより業界最安水準でのサービスを提供

会社の従業員や学生、家族などの体調管理を一括で管理できる『らくらく健康観察』。従来の料金プランを見直し、より一層リーズナブルで便利に

株式会社ヘルステック研究所(本社:京都市左京区 代表取締役:阿部達也)は、京都大学との共同研究の成果物である生涯PHRアプリ『健康日記』(無料)と連動して、体温・症状などを記録し健康観察を行うことのできるサービス『らくらく健康観察』の、従来の料金プランの見直しを行いました。
ご要望の多かった「観察対象人数」に加えて「管理者の人数」・「グループ数」の枠を増やすことにより、料金はそのままに、ますます便利にご利用いただけるようになりました。また、少人数の組織やご家庭を対象にした無料の「フリープラン」を新たに追加し、どなたでも気軽に健康管理に取り組めるようサポートします。
■『らくらく健康観察』の新料金プラン
 
 小規模の組織やご家庭でも気軽に健康管理に取り組めるよう、無料の「フリープラン」が新たに登場しました。
 10人未満のグループでのご利用の場合、ご利用料金はかかりませんので、有料プランの導入前にお試しでご利用いただくことが可能です。
 また、フリープラン以外のすべてのプランについても、登録から2週間無料でお試しいただけます。
 さらに今回、従来の料金プランでご要望の多かった「観察対象人数」・「管理者の人数」・「グループ数」の枠の見直しを行いました。これにより、料金は据え置きでこれまで以上に便利でリーズナブルにご利用いただけるようになりました。

​※料金はいずれも税別です。

※お支払い方法は原則クレジットカード払いとなります。
 ただし、ご利用料金を1年分先払いいただく場合のみ振込払いも可能です。
※1,000人以上でのご利用や、電話やオンライン面談によるサポートについてもご相談可能です。

■『らくらく健康観察』とは

 

『らくらく健康観察』は生涯PHRアプリ『健康日記』の連動サービスです。保健所・自治体での濃厚接触者向け健康観察アプリとして、国内最大級の利用実績を基に開発されました。厚労省推奨の「新型コロナウイルス感染症患者の接触者における健康観察票(国立感染症研究所)」に準拠した専門家監修の健康観察を手間なく実施できます。内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室ホームページ内で「健康観察アプリ」として紹介されており、現在は1,000以上の医療機関や介護施設、大学などに導入されています(2021年12月時点)。

管理者:
『らくらく健康観察』サービスサイトにメールアドレスを入力すると、管理者登録ページがメールで送信されてきます。必要事項を記入すればその日からご利用できます。健康観察の対象者に、メールやLINE等で『らくらく健康観察』への招待リンクを送信し、本人の同意を得て承認すれば登録は完了です。観察対象者の毎日の体温・症状などを管理画面から一括で確認できます。 代理入力の場合の体温等の管理も可能です。基準を超える体温や、何らかの症状が報告された場合に管理者にメール通知が届く、「基準超過者メール通知」機能も設定できます。
 



報告者(従業員、学生など):
健康観察対象者(報告者)は無料の『健康日記』アプリをダウンロードし、管理者から招待されたページで必要項目を入力し情報提供に同意をすれば登録は完了です。『健康日記』アプリ上に設定された設問に対する回答を入力すれば、管理者に自動的に送信されます。

■詳細はこちらから
『らくらく健康観察』
https://kenkoukansatsu.htech-lab.co.jp/

内閣新型コロナウイルス感染症対策推進室
https://corona.go.jp/health/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヘルステック研究所 >
  3. 『らくらく健康観察』新料金プランにより業界最安水準でのサービスを提供