フランキンセンスエッセンシャルオイル市場は力強く発展し、2028年までに4億610万米ドルを超える|| 7.70%のCAGR

Prudour Private Limited(Market.us)が2021年4月7日に発表した新しい調査レポートによると、フランキンセンスエッセンシャルオイル市場は今後10年間で7.7%のCAGRを記録すると予測されています。 より健康的な製品の開発に向けた主要な業界プレーヤーによる投資の増加は、近い将来、世界のフランキンセンスエッセンシャルオイル市場の収益成長を促進する予定です。 Prudourは、Market.usWebサイトでフランキンセンスエッセンシャルオイル市場レポートを公開しています。

ます。米お知らせ掲載の最近では発生研究報告書、"グローバルFrankincense油市場のグレードアップタイプ(<85%, 85%-90%, 90%-95%, >95%), による応用(研究用途、医薬品式Dietic食品、化粧品、その他地域–グローバル予測2028.", ティのグローバルfrankincense油市場を通じて体系的に分割するあらゆる側面を網羅する包括的な対象の市場です。

世界frankincense油市場が予測されているUS$193.4Mn2018年の米ドル406.1Mn字は2028年で平均成長率の7.7であります。

この市場におけるCOVID-19の短期的および長期的な影響を取得します。https://market.us/request-covid-19/?report_id=27661

Frankincenseから生産されたハーディBoswellia木勝を皮き、樹脂の硬化. の伝統医療が行われる複数の物件を含む抗炎症,剤鎮咳去たん剤、防腐剤も肉および抗神経質です。 これは主として見つかり、インド、パキスタンは非常に少ないパーツのイエメン、オマーン のFrankincenseかしながらフランス語で"フラン-encens"–意味–品質の香をたきました。 用するには、様々な用途に薬、精神的、そして化粧品などなど。 Frankincense精油を使用した香りのアプリケーションはもちろん、た香料。 で得られた水蒸気蒸留工程での樹脂を使用します。 Frankincense油より新鮮な香りと甘も見応用消臭剤. にもご利用いただいております医薬品産業に大きます。 しかし、有害なが消費されずに適切に希釈.

Frаnkіnсеnѕеが複数のグレードおよびその品質は肌の色、純度のアロマ。 銀Нојаrіは、最上級のfrаnkіnсеnѕе. Frаnkіnсеnѕе樹脂を食べ、よく使われる多くの伝統医薬品でアジアで健康な皮膚-消化. 内部消費、食用frаnkіnсеnѕе必純しておりますが、これは半透明な黒色または茶色の不純物を で光イエロ(非常に)僅かな緑色に染まります。 あるのはごく普通のようにガムがあѕtісkіеrでは樹脂です。 インドfrаnkіnсеnѕе(Воѕwеllіа ѕеrrаtа)、通称"dhоорの"アーユルヴェーダにあり、療に用いられるリウマチ、創傷を強化し、女性ホルモンとシステム、および浄化の雰囲気から不要な菌します。 Frаnkіnсеnѕе油煙を排除に致、人や動物から蚊媒介性疾患などのマラリア、デング熱、ウエストナイルウイルスできる

ご不明な点やお問い合わせがございましたら、専門家にご相談ください。https://market.us/report/frankincense-essential-oil-market/#inquiry

グローバルFrаnkіnсеnѕе油市場の売上高(UЅ$Мn),2018-2028

増加高齢者人口の共同、高血圧症状の推定を推進し、成長のグローバル市場により薬のfrankincense処理これらの疾患で苦しんでいる。

Frankincenseを扱う痒症、不眠症、呼吸器疾患で苦しんでいる。 急速に普及の皮膚、睡眠、呼吸器疾患の中には人口も期待される燃料の成長を目的とする市場

しかし、効果と副作用のfrankincense油などの刺激性,アレルギー、小児の手の届かないところで、痛みが消費原液の要因が働きを抑える成長を目的とする市場 しかし、新しいアプリケーションのfrankincense油処理の膵臓がんなどの可能性の抑制性およびアポトーシスを誘導することのパネルのヒト膵癌細胞株は、需要frankincense。

グローバルfrankincense油市場が分断され、ベースグレードタイプと、アプリケーションおよび地域です。 のグレードタイプの市場が分断され入<85%, 85%-90%, 90%-95%, >95%. の>95%を占め、過半数の株式をグローバルfrankincense油市場です。 また、>95%以上の登録に最高の成長率の予想期間です。 を基に、市場の細分化の研究用途、医薬品式Dietic食品、化粧品、その他であります。 化粧品の大多数を占め、グローバルfrankincense油市場です。

グローバルFrankincense油市場の策定-2018年
基地域の市場が分断され、北米、中国、ヨーロッパ、日本、東南アジアは、こちらをご参照ください。 北米の大半を占め、グローバルfrankincense油市場では、次いです。 東南アジアへの登録に最高の成長率の予想期間の後、中国による需要の増加-香り-香水.

研究成果報告書は、グローバルfrankincense油市場を含むプロファイルの一部の大手企業などAmbe Phytoextracts民間限定で、Aromaaz国際Katyani輸出は、ジャグデイシュララPrasad社寛太企業の民間限定で、ボーナ陝西オリエント工業株式 株式会社およびdoTERRA。

重要な市場セグメント

タイプ

<85%
85%-90%
90%-95%
>95%

の応用

研究用
薬式
Dietic食品、化粧品

重要な市場選手の報告:

Ambe Phytoextracts Private Limited
Aromaaz国際
Katyani輸出
ララジャグデイシュPrasad社
寛太企業の民間限定
BO国際
陝西洋産業株式会社株式会社および国際doTERRA
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Prudour Private Limited >
  3. フランキンセンスエッセンシャルオイル市場は力強く発展し、2028年までに4億610万米ドルを超える|| 7.70%のCAGR