【古銭買取】買取できる古銭や高値がつく種類は?古銭買取に関する調査結果をプロが解説

ウリドキ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:木暮康雄)は、古銭の買取における認知度や疑問について男女100人にアンケートを行いましたので、調査の結果を発表いたします。


また、古銭買取に関するアンケートをもとに、出張買取サービスを運営する「株式会社BuySell Technologies(サービス名:バイセル)」(https://buysell-kaitori.com/ )」の査定員・髙橋氏に解説していただきました。

Q1. 「古銭」とはなにか、知っていますか?

約9割以上が「はい」「言葉だけ聞いたことがある」と回答。思い浮かべる古銭のイメージは、「100年以上前のお金」や「古代の通貨」、「大判小判」など、回答者によって時代も種類もさまざまでした。

「世間一般的には、古銭と聞くと『古いお金』をイメージされるかと思いますが、バイセルでは少し前に世間に出た硬貨も古銭として扱っています。昭和のお金や平成の記念硬貨を査定にお出しいただく機会も多いです。時代や種類に関わらず、お金関係のものはすべて古銭として扱っています。海外のコインやギザ10も状態によっては買取可能です。」(髙橋氏)
 


Q2. 自宅に古銭がありますか?

古銭をイメージできる方は多いものの、実際に古銭を持っている方は約2割。「祖父・祖母がコレクションしていた」「両親からもらった」など、譲り受けた古銭だという方がほとんどでした。

「実際に古銭を査定の申し込みに出す方は、ご自身で集められていたというよりも、『片付けで出てきた』とか『遺品で出てきた』など、申込者の親御さんなどが集めていたっていうケースの方が多いです。」(髙橋氏)

Q3. (古銭を持っている方)古銭を買取に出したいですか?

古銭を持っている方の半数が「いいえ」と回答し、「さほど価値がないと思う」といった理由が挙げられました。一方で、買取に出したい方や悩んでいる方は、「自宅にあっても仕方がないから」と買取に出すことを前向きに検討している方も見られました。

「多くの方がご自宅にある古銭に価値がないと思っていて、『恥ずかしいから査定に出したくない』という方も非常に多いんですね。

ただ、コレクションのなかには高くお値段がつけられるものもあったりするので、まずは全て査定員に見せてもらうのがいちばんいいのかな、と思います。」(髙橋氏)

Q4. 古銭を売るときに、気になることはなんですか?(複数選択可)

古銭の価値を正しく見極める方法は難しく、価値がわからない方がほとんどのため、いくらで売れるのか査定額がもっとも気になるようです。次に状態や買取の対象となる古銭の種類はどのようなものか知りたい方が多いことがわかりました。

「査定のポイントは、依頼があった古銭の人気や生産枚数、流通量を見させていただいて、プレミアがつけられるか否か判断しております。多少状態を考慮する古銭や記念硬貨もありますが、あまり重要視していません。

ただし、割れた状態や著しく欠けている古銭は、買取が不可になってしまうケースが多いと思います。古銭の種類にもよりますが、お持ちの古銭が割れないようにジップロックなどに入れて密閉し、湿気の少ない場所で保管していただくのがおすすめです。」(髙橋氏)
 
Q5.  古銭を売るとしたら、どの方法で売りたいですか?

「価値がわからず買い叩かれないか心配」「お金だから」といった理由から、対面での査定を希望する方が多いことがわかりました。

「個人的な意見としては、出張買取にて査定させていただく方法がお互いメリットがあると思います。査定に出していただいた商品に対して、なぜ値段がつくのか・つかないのか、という詳しい査定内容を対面で説明できるからです。

『自宅に査定員を入れるのが怖い』という方もいらっしゃるかと思います。清潔感のある身だしなみに気をつけて、買取以外のお話もさせていただくなど、安心して買取に出していただけるよう心がけています。」(髙橋氏)

▪︎ 古銭の中古市場における今後の動向

高橋氏によると、古銭買取の場合、買取相場の浮き沈みはほとんどなく、一定の水準で買取相場が保たれているそうです。

今後注目の古銭は、「中国の古銭」と「金貨」の2つ。

現在中国人富裕層が、母国で生産された古銭や骨董品、切手などの価値のあるものを買い戻している動きがあり、需要が高まっていることで価格が上昇。金が混ざっている古銭に関しては、金相場が高騰により、プレミアがつけられるものもあるようです。

また、現在新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で、自宅を片付ける機会が増え、それに伴い古銭の査定依頼件数が増加傾向に。片付けや整理で硬貨や紙幣のなかには、思わぬ価格がつけられる古銭が眠っている可能性もあります。古銭の市場に精通し、査定経験が豊富な査定員が在籍する買取店であれば1点1点丁寧に見極めてもらえるので、まずは相談してみるのが得策です。

◼︎ 監修者紹介


「株式会社BuySell Technologies」査定員 髙橋裕太氏

バイセルは、古銭をはじめ着物やブランド品などを扱っています。経験豊富な査定員が全国に在籍し、古銭1枚から出張買取に対応。

専門的な研修を受けたプロが1点1点丁寧に査定し、古銭の価値を正しく見極めます。古銭の種類によっては、古銭売買に従事する古銭商とダブルチェックの体制をとり、より正確な査定を実現。

高い査定力と豊富な販売ルートの所有、さらに効率的な管理システムでコストカットした分を査定額に還元し、高額買取が期待できる買取サービスです。また、一定の期間内であれば、買取成立後のキャンセルにも対応します。

古銭買取ページ:https://buysell-kaitori.com/coin/

会社名:株式会社BuySell Technologies
所在地:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-28-8 PALTビル8F
設立:2001年1月
代表者:岩田匡平
URL:https://buysell-kaitori.com/

◼︎ 買取一括査定「ウリドキ」とは

モノを売りたい人と買取店を繋ぐ「ウリドキ」は、全国の買取店へ査定に出せる完全無料の一括査定サービスです。

商品の写真や状態を入力して査定を申し込むと、最大10社から査定額の見積もりが受け取れます。複数店舗に問い合わせることなく、1度の申し込みで買取価格の比較が可能です。

メッセージ機能で査定員と直接やりとりし、「高く売りたい」「素早く売りたい」「信頼できる買取店に売りたい」など目的に合った買取店へ売ることができます。

買取一括査定「ウリドキ」URL:https://uridoki.net/
買取情報メディア「ウリドキプラス」URL:https://uridoki.net/news/

また、ウリドキでは、ご参加していただける買取業者様を広く募集しております。買取にお悩みのある企業様は、お気軽にご相談ください。

問い合わせ先:https://uridoki.net/shop_entries/new

■アンケート概要

調査目的:古銭の認知度及び買取に関する調査
調査方法:インターネットを利用し回答を収集
回答件数:100件
回答者属性:【性別】男女問わず

◼︎ 会社概要

会社名:ウリドキ株式会社
所在地:〒108-0075 東京都港区港南1丁目9番36号 NTT DATA品川ビル 13階
設立:2014年12月
代表者:木暮康雄
URL:https://uridoki.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウリドキ株式会社 >
  3. 【古銭買取】買取できる古銭や高値がつく種類は?古銭買取に関する調査結果をプロが解説