どんなシチュエーションでもすべらない飲み物!幅広い楽しみ方ができるのもワインの大きな特徴

「ワインを飲みたくなるシチュエーション」に関するアンケート結果発表

ノンアルコールワインを輸入販売している株式会社湘南貿易は、「ワインを飲みたくなるシチュエーション」に関するアンケートを実施。「おしゃれな雰囲気を味わいたいとき」が35%でトップに。高級なイメージのあるワインですが、アンケートではフォーマルからカジュアルまでさまざまな意見が寄せられる結果となりました。

 

革新的な製法により“ありのままの”ワインの風味や香りが楽しめるノンアルコールワインを輸入販売している株式会社湘南貿易 (本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:橋本 則夫)は、「ワインを飲みたくなるシチュエーション」に関するアンケート結果を発表しました。

当社が運営する暮らしに役立つノンアルコールワイン生活向上を目的としたWEBマガジン『MELLOW(メロウ)』(URL:http://wine-mellow.com)でもアンケート結果を確認することができます。

◆ワイン初心者の疑問!みんなはどんなシチュエーションで飲むの?
URL:http://wine-mellow.com/media/2016/04/11/177

数あるお酒の中でもワインはちょっと特別な感じがある、と思う人も多いのではないでしょうか。

あるいは料理との相性があったり、うんちくを語る人がいたりとちょっと難しそうなイメージを持つ人もいるかもしれませんね。

ワイン初心者にとっては一体どんなときに飲むの?という素朴な疑問も。
そこで皆さんはどういったシチュエーションでワインを楽しんでいるのか、アンケートをとってみました。

【質問】
ワインを飲みたくなるシチュエーションはどんなときですか?

 

【回答数】
デート・特別感・おしゃれな雰囲気を味わいたいとき:35
ワインに合う食べ物があるとき:34
パーティー・イベントのとき:12
自宅でゆっくりしたいとき:6
女子会:5
日常的に飲んでいる:3
映画を見ているとき:2
寒いとき:1
ワイン好きな人に合わせるとき:1
ない:1

◆特別な日のディナーから家飲みまで自由に楽しむ人が多数!

高級なイメージのあるワインですが、アンケートではフォーマルからカジュアルまでさまざまな意見が寄せられました。

・クリスマスのディナーは必ずワインを飲みたくなります。夜景が見えるレストランで、ロマンチックな雰囲気の時は尚更。(20代/女性/会社員)
・結婚記念日や夫婦の特別な日に二人で少し高めのワインを一緒に飲みたい。(30代/女性/専業主婦)
・デートとかお食事会で、オシャレなレストランに入った時に飲みたいです。(20代/女性/学生)
・ワインはフレンチやイタリアンなどの洋食を食べた時に飲みたくなります。(20代/女性/専業主婦)
・チーズやアヒージョなどワインに合いそうなメニューがある時や記念日など。(30代/女性/契約派遣社員)
・チーズが好きなので、ワインに合うチーズやチーズのお菓子があったらワインと一緒に楽しみたいと思いました。(20代/女性/学生)
・週末、仕事が終わって家でほっとしたい時。簡単なおつまみと一緒に。(30代/女性/契約派遣社員)
・気の置けない女友達たちと、和気あいあいおしゃべりしたい時が一番多いです。(30代/女性/会社員)

まず多いのが特別な日・特別なシチュエーションという意見。

クリスマスや結婚記念日、デートなど豪華なディナーを楽しむときには少し奮発して高めのワインを、という回答が複数あります。

高級レストランで夜景を見ながらワインを楽しむ、というのはワインのイメージとして最も多いものではないでしょうか。

一方、シチュエーションより料理重視という人も。イタリアンやフレンチとの相性はよさそうですね。

特においしいチーズが手に入ったときにはワインが欲しくなるというのもうなずけます。
また、家飲みや女子会などカジュアルなシーンで気軽に楽しむという人も多いようです。

◆どんなシチュエーションでもOK・もっと気軽に楽しもう

ひと口にワインといってもその種類はさまざま。
そして価格にも大きな幅があります。

高級レストランで高級ワイン、そんないつもと違うシチュエーションを楽しむもよし。
あるいはリーズナブルでもおいしいワインを探して日常的に楽しむのも良さそうです。

そうした幅広い楽しみ方ができるのも、ワインの大きな特徴といえるでしょう。

おすすめのワインの飲み方というのはあっても、絶対的なルールはありません。
好きな料理を好きなワインを合わせて、ぜひ気軽に楽しみたいものですね。

調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】20代~30代
調査期間:2016年3月22日~4月5日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:100サンプル

■どんなシチュエーションでも飲める!ノンアルコールワイン商品特長
メーカーはベルギーのNEOBULLES(ネオブュル)社。ベルギー大使館推奨。

アルコールワインを醸造後、独自の脱アルコール製法(低温低圧環境で蒸留)で仕上げた本格的な味わいで残存アルコール度数0.0%のノンアルコールワイン。

ワインそのままの香りや味わいを楽しめることから、リピーターが非常に多く、2016年4月第1週「楽天ノンアルコールワインランキング」で1位~7位まで独占。アルコールワインと同じ製造方法で、出来上がったワインからアルコール成分を除去するという特殊な技術でつくられているため、従来のようなジュースなどを混ぜ合わせる、ワインの味わいに似せたものではなく、アルコールを抜いた“ありのままの”ワインといえます。
 

商品画像はノンアルコール・スパークリングワイン『デュク・ドゥ・モンターニュ』
ノンアルコールなのに、まるでシャンパンの味。本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコール・スパークリングワイン。

アルコールワインと同様にお料理と一緒に美味しく楽しめますので、お食事や乾杯などのシーンはもちろん、アルコールを控える休肝日などにもご利用いただけます。また、お酒が飲めない方、アルコールが飲めない妊娠・授乳中の方やドライバーの方にもオススメの商品で、是非皆様も「デュク・ドゥ・モンターニュ」を体験していただけますと幸いです。

※20歳以上の方向けに開発された商品です。

■WEBマガジン(オウンドメディア)『MELLOW(メロウ)』 毎週3~4回ほど情報更新
URL:http://wine-mellow.com
1.革新的な製法によりノンアルコールワインがお食事と一緒に楽しめる特長があることから、「オリジナルレシピ」や「グルメガイド」をご紹介。もちろん、アルコールワインでもお楽しみいただけます。
2.美容ライターや著名人などがライフスタイルにおける(意外な!?)飲用シーンをご紹介。
3.ワインエキスパートやソムリエによるワインの豆知識、アンケート発表、エンタメ動画など配信。

MELLOW(英語)の語意:[酒が]芳醇な、[人が](経験を積んで)円熟した、[口語](酒を飲んで)陽気な・一杯機嫌の。語尾のLOWは、「low calorie wine」のイメージ醸成も兼ねております。

ノンアルコールワインの特長である芳醇な味、WEBマガジンを通じてのワインに関する円熟な経験を疑似体験、皆様が陽気な気分になる情報発信を目指していく意味をタイトルに込めております。

■会社概要
株式会社湘南貿易は、「人々と感動を共有したい」という基本姿勢のもと、基軸の軟包材関連機械の輸出入のほか、ワインの輸入、リサイクル関連ビジネスを手がけています。

会社名   :株式会社湘南貿易
本社住所 : 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-15-1 東武横浜第2ビル5階
創業   : 1997年1月17日
資本金  : 1,120万円
従業員数 : 36名(エレマ・ジャパン株式会社含む)
代表者  : 代表取締役社長 橋本 則夫
URL   : http://www.shonantrading.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社湘南貿易 >
  3. どんなシチュエーションでもすべらない飲み物!幅広い楽しみ方ができるのもワインの大きな特徴