「とやま×伝統工芸×ジュエリー」新商品発表!

富山県内展示会は3月4日(木)から開催、受注販売も実施

 富山県では、長い歴史と優れた技法を受け継ぐ伝統工芸の魅力や美しさを活かしながら、新しい可能性を切り拓くため、今年度新たに「とやま伝統工芸ジュエリープロジェクト」を立ち上げました。若手職人とジュエリーメーカーとのコラボによる新商品を製作する、全国初となる試みです。
 先月、いよいよ新商品が完成し、まずは日本最大のジュエリー展「第32回国際宝飾展」にて発表しました。さらに、2月9日から14日までの6日間、日本橋とやま館において「新商品発表・展示商談会」を開催。デザインディレクターで富山県デザインセンター所長でもある桐山登士樹さんの進行で、ファッションデザイナーの廣川玉枝さんをお迎えしたクロストークなどを交え、業界関係者や来場者に新商品に触れていただき、高い評価をいただいたところです。
 今般、3月4日から4月25日まで、富山県内セレクトショップ「D&DEPARTMENT TOYAMA」において展示会を開催します。(同店による受注販売も実施)。今後も、富山の地でつくられた珠玉のジュエリーの魅力を国内外に発信していきますので、これからの展開にご注目ください。

(有)モメンタムファクトリー・Orii 〔高岡銅器(着色)〕 職人:井ノ口 鈴/(株)桑山(有)モメンタムファクトリー・Orii 〔高岡銅器(着色)〕 職人:井ノ口 鈴/(株)桑山

 

 

しろがね屋裕翠[高岡銅器(彫金、打出)] 職人:髙田裕蒼/(株)桑山しろがね屋裕翠[高岡銅器(彫金、打出)] 職人:髙田裕蒼/(株)桑山

(有)武蔵川工房〔高岡漆器(螺鈿、蒔絵)〕 職人:武蔵川 剛嗣、裕実/(株)桑山(有)武蔵川工房〔高岡漆器(螺鈿、蒔絵)〕 職人:武蔵川 剛嗣、裕実/(株)桑山


【「とやま伝統工芸ジュエリープロジェクト」とは】
本県伝統工芸の新分野進出に向け、県が伝統工芸事業者(特に若手職人)と
日本を代表する総合ジュエリーメーカー(株)桑山のコラボによる新商品開発を支援するプロジェクト。
この取組みを通じて、新たな需要や販路の獲得とともに、将来を担う有望な若手職人の技術向上、
活躍機会の創出に取り組み、これをモデルとして、産地内、県内各産地への波及を目指しています。
詳細はこちら:http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1300/kj00023215.html

【富山県が誇る、伝統工芸品の数々】
県内には現在、国が指定している伝統的工芸品として「高岡銅器」、「井波彫刻」、「高岡漆器」、
「庄川挽物木地」、「越中和紙」、「越中福岡の菅笠」の6品目があります。
本プロジェクトからは、「高岡銅器」の色鮮やかな着色と伝統ある繊細な彫金技術、
「高岡漆器」の青貝塗(螺鈿)の美しい輝きを活かしたジュエリーが誕生しました。
富山県の伝統工芸品について:http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1300/kj00018425.html


■富山県内展示会の開催概要
会期:令和3年3月4日(木)〜4月25日(日)
場所:D&DEPARTMENT TOYAMA GALLERY
  (富山県富山市新総曲輪4-18 富山県民会館 1F)
https://www.d-department.com/ext/shop/toyama.html


★YouTube動画を公開中!
R3.2.9開催の新商品発表・展示商談会
「とやま×伝統工芸×ジュエリー」-若き伝統工芸職人の宝飾への挑戦-
https://youtu.be/S3uY8J2jW5Y

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富山県首都圏本部 >
  3. 「とやま×伝統工芸×ジュエリー」新商品発表!