ママ1,777名へ聞いた「新型コロナウイルス感染拡大防止や臨時休校に伴うリモートワークに関する調査」

「親子リモートワーク」の実態と必要な対策が明らかに

ママ向けNo.1アプリ(※1)「ママリ」を提供しているコネヒト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 北吉 竜也)は、新型コロナウイルスの感染拡大により3月2日から全国すべての小学校・中学校、高校などについて春休みに入るまで臨時休校を要請することを受け子どもが1人以上いるママを対象に「新型コロナウイルス感染拡大防止や臨時休校に伴うリモートワークに関する調査」を行い、以下の通り調査結果をまとめました。

<調査トピックス>
  • リモートワークが(今回の新型コロナウイルス対応や臨時休校対応で特別に認められた場合も含む)「可能」な職場は約20%に留まる。また、子どもが近くにいる環境でのリモートワーク(以下、親子リモートワーク)にはほぼ全員が課題感あり
  • 親子リモートワークには、「勤務時間の柔軟性」「子どもの過ごし方」「周囲のサポート」が必要
  • 親子リモートワークを実現するためには、学習コンテンツや室内レンタル遊具など子どもが一人でも長時間集中できるようなサービスが求められている
<調査概要>
調査日 :2020年2月28日(金) ~ 2020年3月2日(月)
調査方法 :アプリ「ママリ」およびTwitterおよびInstagramのママリ公式アカウントのユーザーに対してインターネット調査を実施
調査人数 :1,777名
調査対象 :子どもが1人以上いるママ
※本調査の情報をご利用いただく際は、出典元として必ず【ママリ調べ】とご記載ください。
※集計は、小数第2位を四捨五入しており、数値の合計が100%にならない場合がございます。

1、親子リモートワークの実態について
「今の職場でリモートワークは可能ですか?(今回の新型コロナウイルス対応や臨時休校対応で特別に認められた場合は『可能』としてください)」の質問に対して、「可能」が19.2%、「不可能」が80.8%という結果となりました。

リモートワークが「可能」と回答した方に、「子どもが近くにいる環境下でリモートワークをする際に感じる全ての課題を教えてください」という質問に対して、75.6%が「子どもが一人で長時間遊び続けることができない」、73.7%で「子どもが気になり集中できない」と子どもにまつわる課題が占めることがわかります。

2.親子リモートワーク経験者が行った工夫について
「子どもが近くにいる環境下のリモートワークで協力を依頼したり活用したもの(したい)があれば教えてください」という質問に対して、「祖父母」が54.7%でトップとなり、「夫あるいはパートナー」が50.9%と続き、周囲のサポートへの期待が大きく伺えます。

続いて、「子どもが近くにいる環境下のリモートワークを経験した方はどんな工夫をしているか教えてください」と質問をしたところ、大きく分けて「勤務時間の柔軟性」「子どもの過ごし方」「周囲のサポート」の3つの工夫についての回答が挙がりました。
※回答については一部抜粋加工を行っています。

<勤務時間の柔軟性>
  • 時間休や半休を組み合わせたりしました。
  • フルタイムは無理なので、時間を短縮し仕事をするようにしました。
  • 午後を有給にしたり、時間を短縮します。
  • なるべく子どもが寝たあとに仕事するようにしました。
  • 早朝、昼寝中、夫の帰宅後など子どもが寝ているか誰かに子守を任せられる時間で仕事を片付けました。(けれど圧倒的に時間が足りません)
  • お昼寝時間にテレビ会議などを設定しました。
  • 勤務時間を分散しました。(早朝に数時間、残りを会議など社員との連携が必要な時間帯に)
  • お昼寝や夜など子どもが寝ている時間にフル稼働します。

<子どもの過ごし方>
  • 今回の事態で学習系のアプリを渡してやってもらう、あまり手を貸さなくてもできる工作やお菓子作りを準備するなどはしようと思っています。
  • 時間割と課題をあたえて暇をもてあまさないようにします。休憩時間も決めて、そこはゆっくりコミュニケーションをとります。
  • 子どもも一緒にお仕事と称してドリルをさせています。
  • 基本はDVDやAmazon prime videoなどで動画鑑賞させています。
  • スカイプ(注:オンラインでの打合せ)の際は別室でYouTubeを子ども用のヘッドホン付きで見せてました。ヘッドホンをすると集中がちょっと持つ感じがします。
  • メリハリをつけるようにしています。外で思いっきり遊ばせて、疲れさせて寝てもらったり30分を四回に分けて動画をみせたり、タブレットで自習してもらったりしています。
  • ママは今お仕事をしてるんだよとパソコンを指しながら伝え、決して子どもを無視してるわけではないよと伝えるようにしています。

<周囲のサポート>
  • 夫もリモートワークで二人で一人の子どもを見ることが大前提で、会議が入っている時間は交代で子どもを見ています。
  • 祖母にきてもらい午前中は外出してもらいました。近くにいるとどうしてもママ、ママになるので仕事になりません。

3.親子リモートワーク時に助かるサポート・サービスについて
「子どもが近くにいる環境下のリモートワークをする際に、どんなサポートやサービスがあると助かりますか?」と質問をしたところ、以下のような声が挙がりました。
  • 当日でもすぐに頼める、低料金のシッターさんや家事代行
  • 学習コンテンツ(教材、動画)
  • お弁当宅配サービス
  • 子どもの小学校のママパパ同士の助け合いコミュニティ(保育園の時はあったけど小学校になるとあまりない)
  • 子どもへの家庭教師ならぬ家事教師、オンラインスポーツ教室(例えばサッカー講師)
  • オンラインでの打ち合わせ時に子どもの声が入らないようにする技術サービス
  • 室内レンタル遊具
■ご参考:アンケート回答者の長子の年齢

​■「コネヒトマルシェオンライン」開催について

新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、なるべく人ごみを避けるような行動、時差出勤、可能であれば会社に通勤せずに自宅で仕事に当たることを推奨する流れが生まれています。
そこで今回は、登壇者も参加者もオンラインスタイルでリモートワークについて学びを深めるため、登壇者による5分間のライトニングトークとQ&Aを実施したいと思います。 リモートワークに向き合う環境や、スタンスは多様であるため、色々な角度から学びが得られる機会にしたいと考えています。リモートワークにこれから向き合う人も、既に前向きに取り組んでいる人も本イベントの参加対象です。

〈イベント概要〉
コネヒトマルシェオンライン「こんなときだから リモートワークについて本気出して考えてみた」
日時:3月11日(火)18:50〜20:15(予定)
内容:リモートワーク経験者の登壇者による5分間のライトニングトークと質疑応答
配信先:オンライン配信のURLは、ご参加者に後日ご案内させていただきます。
URL:https://connehito.connpass.com/event/169616/

【ママリについて】

「ママリ」はママ向けNo.1アプリ、情報メディアを展開する、国内最大級のママ向けサービスです。
月間アプリ閲覧数約1億回、月間投稿数約150万件、2018年に出産した女性の3人に1人(※2)が会員登録をしています。
「ママの一歩を支える」というミッションのもと、記事やQ&Aのやりとりを通してママが抱える悩みごとを解消しています。多くのさまざまなママたちの声が集まる場という特徴を活かし、購買判断を支える「ママリ口コミ大賞」や行動したママを受け入れやすい社会をつくる「変えよう、ママリと」プロジェクトを開始。家族の意思決定者であるママを支えてまいります。
<情報メディア>
https://mamari.jp

<Q&Aアプリ>
iOS:http://apple.co/2jjuY9f
Android:http://bit.ly/2xt1lsz

※1:妊娠中〜2歳0ヶ⽉の⼦供を持つ⼥性1,084⼈を対象とした調査より「現在使っているアプリ(妊娠・⼦育て系) をすべて教えてください」で第1位(2019年3⽉実施、調査協⼒:インテージ)。
※2:「ママリ」内の出産予定日を設定したユーザー数と、厚生労働省発表「人口動態統計」の出生数から算出。

【コネヒト株式会社について】

「人の生活になくてはならないものをつくる」をミッションに、家族のライフイベントにおける意思決定をITの力でサポートする会社です。今後、更に多様なライフイベント領域で、家族の選択の一助となるサービス提供を目指してまいります。
https://connehito.com

事業内容:ママ向けQ&Aアプリ/情報メディア「ママリ」の開発、運営
所在地:東京都港区南麻布 3-20-1 Daiwa麻布テラス5階
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コネヒト株式会社 >
  3. ママ1,777名へ聞いた「新型コロナウイルス感染拡大防止や臨時休校に伴うリモートワークに関する調査」