GLMグループが「古着deワクチン」プロジェクトに参加 自社マンション入居者の退去時に不要な古着を回収

古着回収でポリオワクチン寄付や雇用創出に貢献

GLM
株式会社グローバル・リンク・マネジメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金大仲、以下「GLM」)のグループ会社である株式会社グローバル・リンク・パートナーズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:富永康将、以下「GLP」)は「古着deワクチン」プロジェクトに参加し、2019年9月より自社マンションの入居者が退去する際に不要になった古着を回収いたします。


「古着deワクチン」プロジェクトは、引越しや新生活、衣替えなどで不要になった衣類または服飾雑貨を開発途上国でリユースすることで現地の雇用を生み出し、同時に一口につき5人分のポリオワクチン接種代金が寄付されるサービスです。2010年11月より提供を開始し、現在は日本リユースシステム株式会社と株式会社リクルートマーケティングパートナーズ、認定NPO法人・世界の子供にワクチンを 日本委員会、福祉作業所 天成舎の2社2団体によって共同運営されています。これまでに、累計2,044,459人分のポリオワクチンを寄付し、約15,958,250着分の衣類を輸出しました。(2019年6月1日時点)
 


 通常、マンションの退去時には、衣類を含め大量の廃棄物が発生いたします。「古着deワクチン」を利用することで不要な衣類の再利用が出来るだけでなく、途上国の子供達へのポリオワクチン提供、障がい者雇用や途上国での雇用創出に協力することができます。GLPでは、オリジナルブランドマンションの「アルテシモ」シリーズにお住まいの入居者が引越し等で退去する際、入居者のご希望に応じて送り状や専用袋などが入った「古着deワクチン」専用キットを無料でお渡しします。入居者は不要な衣類や靴を専用回収キットに詰めて着払い伝票を貼り、指定宅配業者に集荷してもらうだけでお片付けが完了します。GLMグループでは、今後もさまざまなサステナビリティ活動を推進し、不動産事業を通じて社会貢献活動に繋げてまいります。
 

「古着deワクチン」専用回収キット「古着deワクチン」専用回収キット

▶古着deワクチン ホームページ:https://furugidevaccine.etsl.jp/


【日本リユースシステム株式会社 概要】

社名:    日本リユースシステム株式会社
設立:    2005年 6月
資本金: 20百万円
代表取締役社長: 山田 正人
本社:    東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
事業内容:リユース品(中古品全般)・リサイクル品(再生資源原料全般)の輸出及び国内販売等

 
【GLM 概要】
社名:    株式会社グローバル・リンク・マネジメント
設立:    2005年 3月
資本金: 499百万円(2019年 6月末)
代表取締役:金 大仲
本社:    東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティウエスト 14F (総合受付18F)
事業内容:不動産ソリューション事業(投資用コンパクトマンションの開発、販売、建物管理 等)、プロパティマネジメント事業
会社HP:https://www.global-link-m.com/


【GLP 概要】
社名:    株式会社グローバル・リンク・パートナーズ
設立:    2007年 11月
資本金: 35百万円(2019年 6月末)
代表取締役:富永 康将
本社:    東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティウエスト 14F (総合受付18F)
事業内容:プロパティマネジメント事業(自社販売分譲物件を中心とした賃貸管理)
会社HP:https://www.global-link-p.com/


株式会社グローバル・リンク・パートナーズは、株式会社グローバル・リンク・マネジメント(東証一部:3486)のグループ企業です。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GLM >
  3. GLMグループが「古着deワクチン」プロジェクトに参加 自社マンション入居者の退去時に不要な古着を回収