クロスキャット、非接触検温・AI顔認証打刻による勤怠管理ソリューションを9月より提供開始します。

新型コロナウイルス感染拡大を予防し、社員の健康管理・安全対策に貢献

 株式会社クロスキャット(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上貴功)は、株式会社ビーガル(以下ビーガル社)と共同で、非接触検温・AI顔認証打刻による勤怠管理ソリューションを9月1日より提供開始します。
 

イメージイメージ

 

 このソリューションは、当社のクラウド型勤怠管理システム「CC-BizMate」と、ビーガル社が販売するサーマルカメラ一体型のAI顔認証端末「AI Face Terminal -TEMP-」の連携により提供するものです。
非接触式のセルフ温度検知は、対象者の顔検知エリアの体表温度をサーマルカメラで測定(誤差±0.5℃以内)し、予め設定した温度に応じて入室の可否をモニターに表示します。また、AI技術による顔認証は、2メートルの範囲内においてマスク・メガネ着用時であっても瞬時に対象者を判別し、自動的に「CC-BizMate」へ出退勤打刻します。

非接触検温・AI顔認証打刻による勤怠管理ソリューションについて
□開始時期/2020年9月1日(予定)
□価格/クラウド型勤怠管理システム「CC-BizMate」
初期導入費:250,000円(税別) (500 IDまでの場合) ※500 IDを越える場合はお問い合わせ下さい。
利用料: 打刻/勤怠管理:10,000円(税別)/月(~50 ID)、工数管理:5,000円(税別)/月(~50 ID)
ID追加費用(10 IDごと):打刻/勤怠管理:2,000円(税別)/月、工数管理:1,000円(税別)/月
※ビーガル社の「AI Face Terminal -TEMP-」の導入費につきましては、別途お問い合わせ下さい。
クラウド型勤怠管理システム「CC-BizMate」の主な特長
1. APIの強化を図り、他システムとの柔軟な連携を実現
「給与計算」や「タスク管理」など他システムとのAPI連携が可能となり、人事・総務担当者の幅広い業務の課題を解決します。
2.「打刻」「勤怠」「工数」の3つの管理機能をモジュール別に販売
  3つの管理機能から欲しい機能のみを導入可能。例えば、他社の勤怠管理システムを使用しているお客様が「CC-BizMate」の「工数管理機能」を利用したい場合、既存の勤怠管理システムはそのままで、「工数管理機能」だけを追加導入できます。
「AI Face Terminal -TEMP-」の主な特長
□AI技術による顔認証
認証時間はわずか0.2秒、写真による顔登録が可能
□マスク・メガネ着用時での認証可能
マスク・メガネの有無を最新のAI技術で判別して認証
□長距離温度検知可能
0.3~2.0mの範囲で柔軟に温度を検知
□正確な温度検知
 誤差±0.5℃以内で顔検知エリアの温度を測定

サーマルカメラ一体型のAI顔認証端末「AI Face Terminal -TEMP-」(サイズ:縦282.8mm×横116.5mm×奥行36.7mm)サーマルカメラ一体型のAI顔認証端末「AI Face Terminal -TEMP-」(サイズ:縦282.8mm×横116.5mm×奥行36.7mm)

※文中に記載された会社名、商品・製品名、サービス名は各社の登録商標または商標です。


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クロスキャット >
  3. クロスキャット、非接触検温・AI顔認証打刻による勤怠管理ソリューションを9月より提供開始します。