アジア初 2020年最大級のブロックチェーンオンラインイベントCrypto Asia Summit 1日目開催レポート

2020年にアジアで最大のブロックチェーン・暗号資産オンラインサミットであるCrypto Asia Summitが、5月18日から22日まで5日間にわたり開催されます。

本イベントの講演者である有名投資家Jeffrey氏、MakerDAO, Algorand, 世界トレードをリードする暗号資産取引所Bitmex、Phemex、CoinEx、Bluehelixらから、ビットコイン早期投資家、医療技術プラットフォーム、eスポーツDappsなどが集結し、それぞれの専門分野をテーマとし発表しました。


本イベントの最初にライブ中継で登場したゲストは、
Uber、Airbnb、ビットコインの早期投資家であるJeffrey Wernick氏です。

Jeffrey氏は「価値があるお金を貯蓄し、価値のないお金は消費のために使うものです。」と述べました。

背景として、米国政府はインフレで国民に借金を押し付けており、この借金を通じて、世界はバブルの状態になっているため、何か大きな問題が発生した時にそれを解決する余裕がないと述べました。インフレによってお金の価値が下がった場合、貯蓄のポイントは価値があるお金を貯蓄する事です。

 通貨の歴史を通じて、投資家の資産をビットコインへの投資に割り当てる必要があると伝えました。


未来のお金 – Maker Foundation・Kathleen Chu氏


Kathleen氏は、DAOが個人のアクセシビリティ、流動性、柔軟性、制御の点で既存の金融エコシステムの分離をどのように改善できるかについて議論しました。
 
Makerはパブリックリソース、パブリックツールキットです。Daiは、「信用創造の観点から体系的なレントシーキングを減らすことにより、マネーについての新しい考え方を提供します。従来の通貨はどこでも誰でも使用することはできません。ただしこの問題は、管理および生成する権限を持つ安定した分散型通貨であるDaiを所有者自身が使用して解決できます。Daiの仕組みやユーザーケースについて詳しく紹介しました。

 
AlgorandのPure PoS-分散化、スケーラビリティ、およびセキュリティ -  Algorand・Sivio Micali氏

ブロックチェーンの神話—分散化、拡張性、セキュリティ。実際、ほとんどのブロックチェーン技術は真の分散化を実現することはできません。 Algorand Fundの創設者であるSivio Micali氏は、ビットコインのProof of Workも委託されたPoSも真に分散化されていないと述べ、AlgorandのPure Posは真に分散化されていると述べました。Algorandの Pure Posの定義についてトークンの力やセキュリティーについて語りました。

 


マーケットメーカーについて:BitMEX・Ben Radclyffe氏


BitMEXのBen Radclyffe氏はマーケットメーカーに焦点を当てて講演しました。マーケットメーキングを始める以前は、市場で流動性を探し出す事は困難でした。また多くの場合、買い手と売り手の均衡を見つけるのは困難でした。市場に参入するマーケットメーカーはプレミアムを追加した可能性がありますが、トレーダーに流動性も提供しました。 これで、マーケットメーカーの競争が加わり、スプレッドが縮小され、より多くの流動性が市場に参入するようになりました。さらに多くの株式と電子取引を導入された後、スプレッドが数セントと低く、取引量が倍増していることを強調しました。

さらに彼のプレゼンテーションでは取引所のサーバーまでの距離を短くし、競争を勝ち取る取引ファンドのことやマーケットメーカーとの取引経歴と現在の取引システムについてもアドバイスをしました。

 

 

GOLD / USDの取引サービスを提供するPhemex:Phemex・Jack Tao氏
 


デジタル暗号資産デリバティブ取引所Phemexは、GOLD / USD の永久契約取引を開始したと発表しました。
さらに、PhemexはXTZ / USD、LINK / USD、LTC / USDの取引も開始しました。これらは現在、取引で最も人気のある3つのデジタル暗号資産です。プラットフォームの展開によって、顧客が求めている安全な取引環境で、より多くの商品を提供する予定があると、PhemexのCEO、Jack Tao氏は語りました。

 


デジタル暗号化技術+宇宙旅行ライフスタイルアプリ:SpaceTrave・Kevin Pang氏
 


 SpaceTravelのアドバイザーであるKevin Pang氏は、Crypto Asia Summitで以下のことを語りました。デジタル暗号資産の急増で、ビットコインは世界で6番目になったメジャー通貨となっています。デジタル暗号化技術の繁栄は時空技術も生み出しました。本社はシンガポールにある会社、Space travelは、革新を通じて世界の航法衛星業界に新しい技術をもたらすことに取り組んでいます。現在の問題は、利用できるインドアマップがないこと、機能が制限されているGoogleマップは中国人観光客が使用できないことなどあります。宇宙旅行のようなライフスタイルアプリ「BUBU」(歩歩)は、これらの問題を解決します。 BUBUは、優れた軍事グレードの衛星技術と政府が提供する地図データを組み合わせし、中国のソーシャルメディアと国境を越えた支払いシステム(例えば銀聯)を統合します。

 


ブロックチェーン金融保険サービスについて:Bluehelix・Tyler Wu氏


2018年4月に設立されたBluehelixグループは、エンジェルラウンドの資金調達で1,500万ドルを完了し、HuobiやOKExなどのトップ取引所を含む合計56の機関投資家から投資を受けています。 Bluehelix Cloud、HBTC Exchange、およびHBTCチェーンを事業とするBluehelixGroupです。Bluehelix Cloud SaaSとホワイトラベルソリューションは、240を超える取引所でサービスを提供し、1,000万人を超えるエンドユーザーは12の国と地域をカバーしています。 1万を超える暗号資産がBluehelix Cloudで流通し、総額は60億USDTに上ります。 

 

 

暗号資産取引所の未来ーCEXからDEXへの変化:CoinEx・Eddie Jiang氏


 2017年にICOブーム、2018年にDappsから2019年のDefiブームまで、これまで人気のアプリケーションが増え続けています。Eddie氏は集中式の暗号資産取引所(CEX)はセキュリティー、管理コストや国際規制やポリシーなどの問題に直面していると主張していました。分散型の暗号資産取引の良さやCoinExの特徴や安定さ、長期的なサービスエコシステムを構築するポイントなどを発表しました。
 

 


医療イノベーション+ブロックチェーン技術:Two Winds・Keigo Kiriu氏


TWO WINDSでCMOを務めるKiriu Keigo氏が、Crypto Asia SummitでTWO WINDSについて紹介しました。 TWO WINDSは2019年にシンガポールで設立され、世界中で蔓延している「健康寿命の障害」と「生活習慣病」に苦しんでいる人々を救うため本プロジェクトを立ち上げました。TWO WINDSは、ユニークで革新的な医薬品とサプリメントを世界に広め、ブロックチェーンテクノロジーによって制御されるユニークなトークンであるWDSを発行し、人々が平等で完全な治療を受けることができるシステムを構築することにより、責任ある医療イノベーションの新たな機会を創出することを目指しています。ビデオを通して、TWO WINDSはCovid-19への対処方法を共有しました。


 信頼できるハードウォレットBallet:  Ballet・Bobby Lee氏

Ballet(バレエ) のCEOであるBobby Lee(ボビー・リー)氏は、Balletの使命は暗号資産を安全に保つために数十億人の人々が秘密鍵を手に入れるのを助けることであるとCrypto Asia Summitを通して述べました。

彼はまた、本サミットで視聴している人々はBalletの適切な顧客ではなかったと述べました。しかし、暗号資産を所有していない友人や家族にとっては、使いやすく、本物だと感じるため、その様な人々が適切な顧客になります。Bobby氏の使命は、より多くのユーザーをビットコインと暗号資産へと導くことです。


 スポーツやチームを拡大する将来の計画:Chiliz ・Alexandre Dreyfus氏


 Alex Dreyfun氏はCrypto Asia Summitにて、最新情報であるUFCとの取引きと、さまざまなスポーツやチームを拡大する将来の計画について話しました。 Chilizは、ユベントスやバルセロナなどのトップチームと協力してファントークンを提供しています。ファントークンは、ロナウドのゴールスコアリングの選択など、追加のインセンティブのためにファントークンを収集してファンへ使用する機会を与えます。

 


5月19日(火)、本日はCrypto Asia Summitの二日目になります。朝7時からBlockFi、Ripple(リップル)、Neo(ネオ)、Binance(バイナンス)、HashHub、WaykiChain, ChainUP、Orchid、Ledger、Dealbox、Lacero、Aencoなどの業界をリードする会社の代表が登壇します。

Binance(バイナンス)のCZもCrypto Asia  Summitで本日LIVE配信を行います!

無料チケットは下記リンクから会員登録しお申し込みください。


本Crypto Asia Summitでは、ライブチャットやテレグラムグループを通じてネットワークを築くためのツールも提供します。皆さんぜひ参加してみてください。

ChainTalk公式Telegram リンク:
https://t.me/chaintalktv

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TEAMZ >
  3. アジア初 2020年最大級のブロックチェーンオンラインイベントCrypto Asia Summit 1日目開催レポート