「SAKETIMES」が、越境EC事業を展開する「Inagora」と提携し、中国における日本酒専門WEBメディア創設を決定

~成長する中国マーケットで日本酒情報の浸透を加速させ、消費拡大をサポート~

​日本酒に特化した事業を展開する株式会社Clear(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:生駒龍史、以下「当社」)は、当社が運営する日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」( https://jp.sake-times.com/ )にて、「ショッピングに国境はない」をスローガンに、中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)」を運営するInagora株式会社(代表取締役CEO:翁 永飆 所在地:東京都新宿区、以下「Inagora」)と提携し、このたび、中国において日本酒の情報を体系的に紹介する日本酒専門WEBメディア「清酒指南」を創設いたします。

中国で日本酒ニーズが高まり、輸出額が伸びている中、SAKETIMESの豊富なコンテンツとInagoraの情報の越境に関するノウハウの、それぞれの強みを活かした中国に適したメディア媒体を目指します。SAKETIMESの記事コンテンツをベースに、動画やライブといった中国SNSに最適化したフォーマットに置き換え、独自の情報を追加した形で、中国消費者が求める情報を配信していきます。ローンチは2021年4月を予定しています。

財務省が発表した貿易統計によると、2020年の日本酒の輸出額は241億円に達し、前年比0.31%増で、11年連続で増え続けています。特に、中国市場は増加傾向が顕著で、日本酒の輸出額は前年の15.8%増となっています。日本国内の飲食店消費が落ち込む中、中国での日本食レストランの増加を追い風に輸出を伸ばしています。

一方で、中国では、日本酒に関する幅広い情報を紹介する専門メディアが存在しないために、日本酒に関する正しい情報が不足しているのが現状です。中国でも巣ごもり需要が増し、健康志向な中国消費者が増えている昨今、日本食の浸透や過去のインバウンドの効果により、日本酒へのニーズや関心が非常に高まっています。

その第一歩として、まずは、日本酒に関する情報発信・情報の越境が必要であると認識し、このたび、日本酒の魅力を中国現地の消費者に伝える専門メディア「清酒指南」の運営を開始いたします。日本国内最大の日本酒専門WEBメディアである「SAKETIMES」のコンテンツをベースに情報を発信していきます。

SAKETIMESは月間約55万人が訪れる日本酒専門WEBメディアです。日本酒の"伝え手"として、酒蔵の紹介や杜氏・蔵元へのインタビュー、注目銘柄のレビュー、イベントのレポート、飲食店や酒屋の紹介、酒器やペアリングなどの楽しみ方、専門用語の解説など、日本酒体験を豊かにする、あらゆる情報を配信しています。
SAKETIMESの豊富なコンテンツに加えて、Inagoraでは、中国消費者が求めるような独自の情報も追加し、また、中国独自のSNSに対応すべく、情報フォーマットを記事・画像・ショート動画・ロング動画・ライブなど多様な形態に最適化して配信いたします。中国消費者に奥深い日本酒の世界を正しく知っていただき、日本酒を中国の日常の食卓で楽しんでいただけるよう、このたび立ち上げる専門メディア「清酒指南」を通して、情報の発信に努めてまいります。

◆ SAKETIMES編集長 小池潤のコメント

日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」は、越境ECプラットフォーム「Inagora」と業務提携し、中国での日本酒情報の発信に注力していきます。

日本酒の海外輸出は、金額ベースで見れば、11年連続で最高記録を更新しています。その中でも、中国における日本酒市場は特に堅調に成長しています。この勢いは今後も続いていくでしょう。

しかし、他の地域と同様に、中国は日本酒の新しい市場として注目されているものの、適切な情報の流通に関しては課題があります。

日本酒がどんなに魅力的なものであろうと、商品ごとの個性や楽しみ方など、日本酒を取り巻く情報を適切に伝えることができなければ、新しい市場には受け入れてもらえません。海外輸出の際は特に、グラスの内側にある情報ではなく、外側にある情報も伝えていかなければならないのです。

そこで、中国市場に対する深い理解と確かな実績を持つ「Inagora」と、2014年のリリース以降、日本酒の魅力を伝え続けてきた「SAKETIMES」が協力することで、中国における日本酒情報の流通の課題を解決していきたい。私たちはそう考えています。

SAKETIMES を運営する株式会社 Clear は、「日本酒の可能性に挑戦し、 未知の市場を切り拓く。」というミッションを掲げています。

中国の日本酒市場については、これまで数多くの先行者が道を切り拓こうと努力してきましたが、まだまだ未知の市場と言っていいでしょう。

日本酒の未来をつくるために、私たちは、中国の新しい市場に挑戦します。

◆ 会社概要
会社名:株式会社Clear(https://clear-inc.net
所在地:東京都渋谷区渋谷2-4-3 2F
設立:2013年2月7日
代表取締役:生駒龍史
資本金:1.8億円
- 日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」(https://sake100.com)の運営
- 日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」(https://jp.sake-times.com)の運営
- 日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES International」(https://en.sake-times.com/)の運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Clear >
  3. 「SAKETIMES」が、越境EC事業を展開する「Inagora」と提携し、中国における日本酒専門WEBメディア創設を決定