国内最大級のシビックテックカンファレンス「Code for Japan Summit 2022」を9月17日(土)のオープニングデーから開催します

今年で9回目となる日本最大級のシビックテック・カンファレンス「Code for Japan Summit 2022」は、9月17日(土)13時開始のウォッチパーティー(オンライン会場)からスタートします。
Code for Japanは、今年で9回目の開催となる日本最大級のシビックテック・カンファレンス「Code for Japan Summit 2022」を開催します。これまで土日の2日間開催で実施してきましたが、新たな取り組みとして、2022年9月17日(土)から24日(土)までの約一週間を「Summit Week」とし、オフライン・オンラインの組み合わせで開催いたします。



災害対応やデジタル庁、自治体DXなど、ここ数年で認知度・注目度が高まりつつあるCivicTechとGovTech。シビックテックに普段取り組む参加者(コントリビューター)の皆さんが一同に集結するイベントがCode for Japan Summitです。(Code for Japan Summitとは: https://www.code4japan.org/news/summit2022

キーノート(基調講演)
今年はキーノートスピーカーにMITガバナンスラボのプラクティショナー・アフィリエイトであり、国際金融機関・スタートアップ・シビックテック組織のシニア企業戦略およびデータサイエンスアドバイザーを務めるLuke Jordan(ルーク・ジョーダン)さんをお招きし、著作シビックテックプロダクト開発ガイド「Don't Build It」に書かれたことや、今後の日本におけるシビックテックの展望などについてCode for Japan代表・関との対談も交えてお話いただく予定です。

オープニングデー
9月17日(土)には、キーノートスピーカーのトークイベントの他にも各種コンテンツを予定しております。
  1. Civictech Challenge Cup U-22:全国の中高生・高専生・大学生がオンラインでチーム組成し、シビックテックのプロトタイプ開発を行ってきた「CCC U-22」の最終審査会、
  2. こども食堂とシビックテック ~食堂編~:こども食堂でのシビックテック活動について、オープンデータや技術を使った支援・取り組みについて話すパネルトーク
  3. Hackdays Project - An experimental web3 project to empower civic tech:Web3 (ウェブスリー)やNFT、DAOなど最近IT界隈で頻繁に聞くようになった技術をシビックテックの活動にどう活かすことができるか、プロトタイピングしながらチャレンジしているチームによる活動紹介

クロージングデー
サミット最終日となるクロージングデーには、毎月継続か開催しているプロジェクト持込み型ハッカソン「ソーシャルハックデー」の43回目を特別編として、いつもと少し違う形にアレンジしながら実施する予定です。( https://socialhackday43.peatix.com/

プログラム・ウォッチパーティー
プログラムは全部で60セッションを予定しており、今回は新たな取り組みとして、オンライン会場に加えて、全国各地で地域のシビックテックに取り組むコミュニティや有志の皆さんが企画・運営してくださるウォッチパーティー会場も併設することで、オンラインでもオフラインでも楽しめるカンファレンス運営を参加者(コントリビューター)の皆さんと一緒に準備しています。現時点で開催予定が決まっているのは、神戸、岐阜、札幌など全国22会場、また台湾・韓国のシビックテックコミュニティ有志とのアジア連携チーム会場なども予定しています。

参加の仕方
オンライン参加は無料、参加チケットはPeatixのチケット登録から申し込み可能です。オフライン会場に足を運びたい場合は、ウォッチパーティー会場案内からご確認ください。( https://summit2022.code4japan.org/venue )また、オフライン・オンラインどちらも、サミットグッズをご用意しておりますので、ステッカーやTシャツを用意して、一緒に楽しんでください。(グッズページ: https://suzuri.jp/code4japan



【イベント概要】
日時:2021年9月17日(土) 13時〜
会場:オンライン
参加費:無料
参加予定人数:2,000名
主催:一般社団法人コード・フォー・ジャパン
ウェブサイト:https://www.code4japan.org/activity/summit
イベントチケットページ:https://cfj-summit2022.peatix.com
ハッシュタグ:#cfjsummit

【アクセシビリティ】
すべてのプログラムでリアルタイム字幕「UDトーク」を導入します。
その他、特別な配慮が必要な方は info@code4japan.org までご連絡ください。

【Code of Conduct(行動規約)】
Code for Japanの運営するイベントは全て、Code for JapanのCode of Conduct(行動規約)に則っています。スタッフだけでなく、スピーカーとして登壇する方々や参加者の皆さんにも一緒につくり、一緒に良くしていきたいと考えているので、参加の際は必ずこちらをご確認ください。
https://github.com/codeforjapan/codeofconduct 

【Code for Japanとは】
Code for Japanは、シビックテック (市民が主体となって自分たちの街の課題を技術で解決する)コミュニティづくり支援や、自治体への民間人材派遣などの事業に取り組む非営利団体です。より良い未来に向けて、立場を超えてさまざまな人たちと「ともに考え、ともにつくる」ための活動を行っていきます。
https://www.code4japan.org/ 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Code for Japan >
  3. 国内最大級のシビックテックカンファレンス「Code for Japan Summit 2022」を9月17日(土)のオープニングデーから開催します