「RICOH オンライン資格確認システム」を提供開始

~機器導入から保守サービスまでワンストップで医療分野のDXを支援~

 リコージャパン株式会社(社長執行役員:坂主 智弘)は、医療機関・調剤薬局向けのソリューションとして、「RICOH オンライン資格確認システム」を3月1日から提供開始します。健康保険資格のオンライン確認に必要な機器の導入設置からオンサイト保守までをワンストップで提供することで、医療分野におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援します。
 厚生労働省が2021年3月に運用を開始する健康保険のオンライン資格確認は、全国約22万の医療機関・薬局の窓口において、マイナンバーカードを用いてオンラインで患者の保険資格情報を自動的に医療機関システムで取り込むことができるもので、その環境整備が急務となっています。患者の保険資格がその場で確認できるようになるため、資格過誤によるレセプト返戻が減り、窓口の入力業務など事務作業の手間も削減されます。健康保険証でも、最小限の入力は必要ですが、有効であれば同様に資格情報を取り込むことができます。

 また、患者から同意を取得した上で、支払基金・国保中央会に保管されている薬剤情報や特定健診等情報を医療機関・薬局で閲覧することが可能となり、より安全で確実な医療サービスの提供につながると期待されます。

 「RICOH オンライン資格確認システム」は、オンライン資格確認システムへの接続に必要な、機器、導入設置、保守サービスまでをリコージャパンが提供するものです。

 オンライン資格確認に求められるセキュリティー要件を満たす三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社のルータをキーユニットに、医療用文書の交換サービスなどソリューション拡張性のある三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社のオンライン資格端末など、安心・安全、省スペースな必要機器を、お客様の環境・条件に応じて組み合わせて提供します。特にルータはIP-VPN/IP-Sec方式どちらでも対応可能であり、現在お使いのインターネット回線もそのまま利用できるため、導入検討の幅が広がります。
 

RICOH オンライン資格確認システムの概要RICOH オンライン資格確認システムの概要


本ソリューションは、全国の医療機関・調剤薬局に対し、日本医師会ORCA管理機構株式会社の日医IT認定サポート事業所を含むレセコンベンダーとの連携を軸に提案します。導入後のサポートとして、リコージャパンがオンサイト保守サービスを提供します。レセコンベンダー専用のコールセンターを設置するほか、医療機関から直接コールを受け付けるセンターも予定し、故障発生時には、リコージャパンのカスタマーエンジニアがお客様の施設に訪問し、専用機器の修理交換に対応します。

オフィスへのソリューション提供で培った全国300カ所以上のサービス拠点を利用したサービス網を駆使することで日本全国の医療機関・調剤薬局へのきめ細かなサポートを実現します。リコージャパンは、レセコンベンダー、機器メーカーと連携し、お客様に安心してご利用いただけるサポート体制をご用意することで、オンライン資格確認制度の早期普及に貢献します。

リコーグループは、お客様への提供価値を「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」と定め、OAメーカーからデジタルサービスの会社への変革に取り組んでいます。働く現場のデジタルトランスフォーメーションを支援することで、お客様の業務効率化や生産性向上に貢献します。

「RICOH オンライン資格確認システム」Webサイト
https://www.ricoh.co.jp/service/online-shikakukakunin
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リコー >
  3. 「RICOH オンライン資格確認システム」を提供開始