アエロフロート・ロシア航空が関西=モスクワ直行便を新規就航

~2020年6月2日(火)より週4便運航開始~

 関西エアポート株式会社は、アエロフロート・ロシア航空(SU)が関西=モスクワ線を2020年6月2日(火)に新規就航し、週4便運航開始することをお知らせいたします。
 関西=モスクワ線は2003年夏スケジュール以来17年ぶりの運航となります。今回の就航で関西国際空港から欧州への便は、今後就航が予定されている都市も含めて計8都市*となり、欧州ネットワークがますます充実いたします。
 アエロフロート・ロシア航空は、航空連合のスカイチームに加盟するロシアの主要航空会社であり、2019年には世界の空港や航空会社のサービスリサーチ会社であるSkytraxの「ワールド・エアライン・アワード」で8度目の「東欧最高の航空会社」賞を獲得しました。
 関西国際空港は首都圏に続き、日本で2番目の就航地で、人口1200万人を超える世界有数の大都市モスクワへ直行便が就航することで、観光・ビジネスともに大きく需要が高まります。
 関西エアポート株式会社は、引き続き、長距離路線を含めた航空ネットワークの拡充に努め、お客様の利便性向上とともに、快適で楽しい旅の体験を創造してまいります。

*ロンドン、ミュンヘン、アムステルダム、パリ、ヘルシンキ、チューリッヒ、イスタンブール、モスクワ


○ 運航開始日
関西発:2020年6月2日(火) ※モスクワ発は2020年6月1日(月)から

○ 運航スケジュール


○ 機材仕様
型 式:エアバスA350-900
座 席:ビジネスクラス    28席
    コンフォートクラス 24席
    エコノミ―クラス  264席    計316席
 

  1. プレスリリース >
  2. 関西エアポート株式会社 >
  3. アエロフロート・ロシア航空が関西=モスクワ直行便を新規就航