Intelligence Design、送迎バス置き去り防止用安全装置「IDEA bus security」をリリース

〜AIカメラで置き去り事故ゼロへ〜

Intelligence Design(東京都渋谷区、代表取締役:中澤 拓二)は、車載カメラ映像から園児の置き去りを画像解析AIにより検知し、アラートが自動メール送信される安全装置「IDEA bus security」を新たにリリースします。
Intelligence Design株式会社(代表取締役:中澤拓二)はカメラ映像からマーケティングや防犯に活用できるAI画像解析サービスを展開しており、この度、送迎バスの置き去り防止用安全装置として画像解析AIを活用した新製品のリリースを決定しました。
また、1月19日には今回リリースした「IDEA bus security」製品紹介の無料ウェビナーを開催いたします。

■製品化の背景
2022年9月5日に静岡県牧之原市で発生した「3歳児置き去り死亡事故」を受け、本製品の開発をスタートしました。関係者の「2度と痛ましい事故を起こしたくない」という強い総意により製品化に至りました。実際の送迎バスを利用した3ヶ月間の実証実験を実施し、厳正なテストを経て製品化しました。

当社保有のAIソフトウェアと車載機器ベンダー提供のハードウェアを組み合わせることで、開発期間の短縮に成功し、既存のソフトウェアを使用することで高性能な人物検知を実現しており、置き去り防止用安全装置として、最悪の事態を未然に防ぐことのできる新たなソリューション「IDEA bus security」のリリースに至りました。

■画像解析AIによる園児の検知イメージ

 



■「IDEA bus security」の特徴


■「IDEA bus security」を用いた置き去り検知から救助までの流れ


■国土交通省発行ガイドラインへの対応
国土交通省が公開した「置き去り防止を支援する安全装置のガイドライン」に基づき、当製品「IDEA bus security」は設計されております。 

■「IDEA bus security」の製品紹介ウェビナー
「IDEA bus security」のリリースに際し、製品紹介の無料ウェビナーを開催いたします。
参加お申し込みは、以下のフォームよりお願いいたします。

日時:2023年1月19日 11:00〜11:30 @Microsoft Teams

 【参加お申し込みフォーム】
https://share.hsforms.com/1vxiFvPq0T2-vl9WQfRGRrw4vwnt

■AIソリューション「IDEA series」製品紹介ページ
https://i-d.ai/product/

Intelligence Designは、今後も集約 ・蓄積された実験結果やノウハウを活かし、当該サービスを通じて各地域の地域活性化、地方創生を支援します。
「IDEA series」を利用したAI解析を行いたい団体の方のご連絡をお待ちしております。
(お問い合わせ先:contact@i-d.ai) 

■ AI画像認識技術に強みを持つIntelligence Design
Intelligence Designは「AIを中心とした先端技術を社会実装する」ことをテーマに2018年5月に事業を開始。 AI関連技術は世の中に広く認知されるようになった一方で、その技術を利用した社会実装はまだまだ進んでいないのが現状です。そこで、だれでも、簡単、かつリーズナブルにAI関連技術を使えるサービスとして「IDEA(イデア)」シリーズを開発。社会課題をテクノロジーで解決することで、持続可能な社会の構築、UDX(アーバンデジタルトランスフォーメーション)の促進を目指します。


■ 企業情報
会社名 :Intelligence Design株式会社
代表者 :中澤 拓二
事業内容:先端技術の社会実装事業
設立 :2018年5月
本社 :東京都渋谷区神宮前
URL :https://i-d.ai

■ 本件お問い合わせ先:contact@i-d.ai※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
Intelligence Design株式会社
mail:contact@i-d.ai
tell:03-6869-4055



 
  1. プレスリリース >
  2. Intelligence Design >
  3. Intelligence Design、送迎バス置き去り防止用安全装置「IDEA bus security」をリリース