【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】 セ・リーグ第2節(3)【C vs S、T vs G、D vs DB】

阪神・脇が昨シーズンMVPの舘野を下す!


【広島vsヤクルト(マツダスタジアム)】
 

 ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 

出場プレイヤー
C:山本● S:高良◯


ヤクルトと広島の第3試合は、開幕戦で黒星スタートとなったプレイヤー同士が今季初勝利を目指し激突。試合は4本のホームランが飛び交う空中戦となったが、常に優位なスコアでゲームを進めたヤクルトが勝利した。

1回表、ヤクルト・高良は先頭の青木を2ベースで出塁させると、続く村上でライトへ豪快な2ランホームランを放ちあっさりと2点を先制する。なおも廣岡、西田が連打で広島先発の床田を早々にKOした。
以降は両チーム守備の好プレーも飛び出し膠着状態が続いたが、試合を動かしたのはまたもヤクルト・高良。4回表、1塁に四球の走者を置いての主砲・村上の打席で、中村恭の変化球を捉え、この日2本目のホームランをバックスクリーンへ。これで4対0。広島・山本も相手リリーフ陣から4回、5回とソロホームランで1点ずつを返したが、反撃もここまで。主砲の鮮やかな本塁打2本で、ヤクルトが白星を手にした。

勝ったヤクルト・高良は持ち味の長打力を発揮し、前節大敗のイメージを払しょくする快勝。敗れた広島・山本は投打に魅力あるプレイは見せたが白星には繋がらず。この日は“絶好調”を買って先発起用した床田を使いこなせず、立ち上がりが誤算だった。

■試合後コメント
ヤクルト・高良選手
「(開幕戦では大敗を喫したが)膿は全部出し切ったんで(笑)、今日は良い方向に傾くかなとは思っていました。打撃の内容もそこそこだったので、勝ててよかったです」
 

今季初勝利をおさめたヤクルト・高良  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 


【阪神vs巨人(甲子園)】

 ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 

出場プレイヤー
T:脇○ G:館野●


巨人と阪神の伝統の一戦、第3試合は巨人・舘野と阪神・脇の実力者のマッチアップ。両者による対決は、脇が中日代表としてプレーしていた昨シーズン最終節と同じ顔合わせ(結果は引き分け)になったが、今シーズンは脇が舘野を下して自身2連勝を決めた。

1回表、巨人・舘野は先頭ウィーラーで2ベースを放ちチャンスを迎えるも、後続が倒れて得点ならず。ここから試合は投手戦の様相を呈し、3回の裏までお互いにひとりの走者も出さない守り合いの展開となる。
均衡を破ったのは強打が武器の巨人・舘野。4回表に2ベースのランナーを3塁まで進めると、亀井の犠牲フライで待望の先制点を挙げた。
しかし4回裏、ここまでパーフェクトに抑えられていた阪神・脇は、近本のチーム初ヒットでチャンスを迎えると、4番で起用された“巨人キラー”のOB矢野が左中間へのタイムリー2ベースで同点。さらに、続くサンズがセンターへ勝ち越しのタイムリーを放つと、江越にはレフトへの豪快な2ランホームランが生まれ、一気に4得点。そのまま逃げ切り、阪神が鮮やかな逆転勝ちを収めた。

昨季MVPの巨人・舘野は徹底したコース攻めに本来の打撃を発揮しきれず、まさかの開幕2連敗スタート。勝った阪神・脇はシーズン2度しかないOB矢野の起用権利を使い切る采配が的中。そこからの集中打も見事で、開幕2連勝を飾った。

■試合後コメント
集中打を見せての逆転勝ちで自身2連勝を飾った阪神・脇選手
「チャンスでしっかり攻撃できたのがいい結果につながったのかなと思います。正直、すごくきつい展開だったんですけど、どこかで“強振”がハマるときがくると信じてやった結果、江越選手で打てたので良かったです」
 

実力者同士のマッチアップは阪神・脇に軍配が上がる  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 


【中日vsDeNA(クラウン)】

 ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 

出場プレイヤー
D:嶋崎● DB:山本○


中日とDeNAの第3試合は、共に2018年の中日代表としてプレーし、今季からプロリーグに復帰を果たした2選手が対決。シーソーゲームとなった試合は、僅かの差でDeNAが勝利をものにした。

かつてのチームメイト対決となった好ゲームの口火を切ったのはDeNA・山本。1回表、梶谷でバックスクリーンへの先頭打者アーチを放ち、幸先良く1点を先制した。しかし、中日・嶋崎もすぐさま反撃。1回裏に2本の2ベースヒットで同点とすると、スタメン起用のA・マルティネスがライト前へタイムリーを放ち2対1と逆転する。
続く2回表、DeNAが宮崎のソロホームランで再びスコアをタイに戻すと、投手の濵口にもタイムリーが飛び出し勝ち越しに成功。逃げ切りを図りたいDeNAだったが、今度は中日が4回に内野ゴロの間に得点し、試合は三度振り出しへと戻った。
勝敗を分けたのは5回表、無死1、2塁のチャンスを迎えたDeNA・山本はオースティンで犠打を成功させると、ソトがセンターへ犠牲フライを打ち上げ、これが決勝点に。5回裏は守護神の山崎康が締め、シーソーゲームに終止符を打った。

勝利したDeNA・山本は、前節に続いて最終回に勝ち越す勝負強さを発揮し2連勝。中日・嶋崎は“中日キラー”を持つ3投手のリレーに屈せず追い上げたが、あと一歩及ばなかった。

■試合後コメント
シーソーゲームを制し、自身2連勝を飾ったDeNA・山本選手
「勝ちたかったので、勝てて良かったです。(かつての同僚対決は)意識というよりも、対決が楽しみでした。点を取らられても取り返していけたのでよかったです」
 

かつてのチームメイト対決はDB・山本が勝利をおさめる  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 

この試合のアーカイブはこちら!
セ・リーグ 第3節(3)【C vs S、T vs G、D vs DB】 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. 【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】 セ・リーグ第2節(3)【C vs S、T vs G、D vs DB】