オンライン・パフォーマンス向上支援サービス「hanaseru(ハナセル)」、β版のサービス提供を開始

~従業員の不安・孤独を払拭し、自律・意思・実行を引き出す~

 総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長井 利仁)は2021年5月10日(月)より、従業員の働く不安・孤独を払拭し、自律・意思・実行を引き出すオンライン・パフォーマンス向上支援サービス「hanaseru(ハナセル)」β版( https://www.hanaseru.jp )のサービス提供を開始しましたので、お知らせいたします。  

 

■「hanaseru」とは/導入のメリット 

 「hanaseru」は、従業員の働く不安・孤独を払拭し、自律・意思・実行を引き出すオンライン・パフォーマンス向上支援サービスです。「デジタルアンケート」と「プロフェッショナル人材との対話」を融合することで、組織全体のモチベーションコントロールのほか、一人ひとりのキャリア自律に向けた支援をします。

 すでに実証実験として導入いただいた企業では、リモートワークに必須となるセルフマネジメントを強化する目的や、入社や異動してきた社員が定着するためのサポートとして活用いただいており、「hanaseru」導入後3か月目よりチーム全体のモチベーションが向上しているという結果がでました。「キャリア形成の観点で話を聞いてくれたことで自己を内省できた」「リモートワークで直接会えない社員が増えたため、hanaseruを通じて頑張ってはたらいていることが伝わり安心した」など評価いただいております。
 


(1)プロのキャリアアドバイザーによる1on1代行
 国家資格キャリアコンサルタント資格やストレングスファインダーコーチなどの資格を持ち、人材開発領域で講師経験やコンサルティング経験のあるキャリアアドバイザーが、プロならではのカウンセリング力で1on1を代行します。毎月対話を重ねることで従業員の意識と行動が変わり、人材育成・教育の観点からも効果が期待できます。

(2)データ活用!組織力・チーム力の見える化
 組織の「ミッション」をもとにアンケート調査を実施し、メンバーの意見から共感度を独自に分析。更にメンバーのコンディションも数値化し、事業や組織の一手先の未来の予測を強力サポートします。

(3)管理職をサポート!組織内コミュニケーション支援
 1on1やアンケート調査の実施結果をプロのキャリアアドバイザーが分析し、組織課題を解決するための最適なマネジメント案をご提案します。システムを通じてチームや個人へのフィードバックも行います。

参考)
■テレワークの不安、若い世代ほどケアが必要

 パーソル総合研究所が2020年11月に実施した「第四回・新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査 」(※1)によると、4月・5月の実施に比べてテレワークの不安は全体的に減少傾向にあるものの、昇進・昇格や社内異動希望への影響懸念などのキャリア関連の不安は横ばい傾向。年代別にみると若い世代ほど不安を抱えており、ケアが必要であることがわかります。
※1 出典:パーソル総合研究所「第四回・新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」
第四回調査 2020年11月18日~11月23日
https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/research/activity/data/telework-survey4.html

■時代は「ジョブ型雇用」へ!メンバーの「キャリア自律」や「主体性」の促進など管理職の負担増
 日本型雇用制度として慣行されてきた終身雇用や年功序列が大幅な見直しを迫られている今、企業が優柔な人材を獲得・維持し続けるために、これまでの「メンバーシップ型雇用」からより専門性を重視した「ジョブ型雇用」への注目が高まっています。
 「ジョブ型雇用」の関心にともない、すでに働き方改革やコロナ禍の動きで副業解禁にした企業などをはじめ、社員が自発的に自身のキャリア開発を行う「キャリア自律」を促進する動きがあります。またテレワークの定着化にあたっては、個々のセルフマネジメントという側面からも自律的・主体的に働くことを促していくチームマネジメントも求められています。
 スタッフをマネジメントする管理職は、非対面により会話が減って孤立感を抱えるフルリモート勤務や職務上の必要があり出社している社員など、スタッフそれぞれの多様化した働き方や環境に配慮をしつつ、それぞれの専門分野に関するキャリアパスを描きながら、公平・公正に評価することが求められるという難しい状況が生まれています。

■パーソルイノベーション株式会社について< https://persol-innovation.co.jp/
 パーソルイノベーション株式会社は、パーソルグループの次世代の柱となる事業創造を目的として、2019年4月に事業を開始しました。テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY(テック プレイ)」、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」、シフト管理サービス「Sync Up(シンク アップ)」をはじめとした新サービスを運営するとともに、新たな事業開発やオープンイノベーション、デジタルトランスフォーメーションを推進、パーソルグループのイノベーションを加速していきます。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
 パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
 また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パーソルイノベーション株式会社 >
  3. オンライン・パフォーマンス向上支援サービス「hanaseru(ハナセル)」、β版のサービス提供を開始