【株式会社ジーン】新コーポレートサイトのメインビジュアルに人気アニメーション作家「若林萌」を起用

同作家のユニークなビジュアルを通して、新しいことに果敢に取り組む企業イメージを表現

株式会社ジーン(本社:東京、代表取締役社長:林田洋明、以下当社)は、今秋を予定している自社コーポレートサイトのリニューアルにあたり、人気アニメーション作家「若林萌」を起用いたします。同作家のユニークなキャラクターデザインを採用することで、企業イメージのさらなる向上に取り組んでまいります。

 

※若林萌さんがこれまで発表した作品の一例(今回のリニューアルで使用されるビジュアルではありません)


 
  • 今回のコーポレートサイトリニューアルと作家起用の狙い
本リニューアルを通して、ジーンの特徴である、
  • WEBマーケティングを用いた集客や課題解決を強みとしていること
  • WEBメディアやアート事業など幅広い領域でサービスを展開していること
  • 今後も新規事業の展開を継続して行っていくこと
  • 一気通貫で業務を担当することで、プロフェッショナル人材へと成長できること
をわかりやすく伝えることを意識しています。

第7期目となる今期は事業拡大に向け、更なる新しい取り組みにも果敢にチャレンジしていきたいと考えており、どこか懐かしくもあり、親しみやすくユニークな若林萌さんの作風は、当社が目指す方向性を表現するに相応しいと考え、起用いたしました。
新たなクライアント様、ユニークかつプロフェッショナルな人材との出会いにつながることを願っています。

本ビジュアルの公開をどうぞお楽しみに!


 
  • アニメーション作家「若林萌」について
 

アニメーション作家・イラストレーター。駄洒落や諺などから着想を得て物語を紡ぎ、ポップでレトロな画風のアニメーションに落とし込む。動物・怪物・無機物問わずの不思議なキャラクターたちが織りなす、可笑しさと切なさが混在する奇譚を目指している。

若林萌公式サイト
https://www.moewakabayashi.com/



 
  • 株式会社ジーンについて

当社はインターネット広告を活用したデジタルマーケティング支援、各種コンサルティングサービスの提供のほか、現代アートギャラリー「YUGEN Gallery」の運営、湘南エリアの情報サイト「湘南人」などのメディア運営、出版事業(ジーンブックス)を行っています。

<デジタルマーケティング支援・コンサルティングサービス>
・市場調査、競合調査など各種リサーチ
・インターネット広告運用(検索、SNS、動画など)、SEO施策ほか
・各種クリエイティブ制作、システム開発

<アート事業>
・現代アートプラットフォーム「YUGEN Gallery」 https://yugen-gallery.com/ja/

<メディア運営・出版事業>
・湘南エリアの総合情報サイト「湘南人」 https://shonanjin.com
・損しないための引越し総合マニュアル「引越し準備ナビ」 https://hikkoshi-1st.jp
・海外翻訳作品の出版事業 https://jeanebooks.com


【株式会社ジーン 企業概要】
■代表者  :代表取締役 林田洋明
■設立   :2016年12月8日
■決算期  :6月
■資本金  :1億円(2021年10月現在/資本準備金含む)
■売上高  :18億627万円(2022年6月期)
■公式サイト:https://jeane.jp
■公式SNS:https://www.facebook.com/jeaneincjp
       https://twitter.com/jeaneinc
       https://www.instagram.com/jeaneincjp
■所在地  :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19
       東建インターナショナルビル3F
       電話 03-6380-6165 FAX 03-6380-6215
■免許など :古物商(美術品) 東京都公安委員会 第30331212827号
       宅地建物取引業 東京都知事(1)第106709号       
■問い合わせ先:info@jeane.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジーン >
  3. 【株式会社ジーン】新コーポレートサイトのメインビジュアルに人気アニメーション作家「若林萌」を起用