渋谷スクランブル交差点で上映中のショートアニメ「トキノ交差」。クラウドファンディング達成による原画展が明日12日より開催!


渋谷・スクランブル交差点の大型ビジョンを運営する
株式会社シブヤテレビジョン、東京急行電鉄株式会社、株式会社東急エージェンシー、株式会社パス・コミュニケーションズ、株式会社毎日広告社5社は、初の共同プロジェクトとして、スクランブル交差点にある4つの大型ビジョンを連動させた、60秒のオリジナルショートアニメ「トキノ交差」を、4月より放映中です。
YouTube版(https://youtu.be/UbKqqjDy38E

同作は4月末〜6月末の2か月間、原画展開催のためのクラウドファンディング(https://readyfor.jp/projects/tokinokousa)を行い、無事180万円の支援額を達成。
原画展が12日(水)より開催いたします

(原画展告知フライヤー)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【原画展概要】

(名称)トキノ交差 原画展

(会期)2018年9月12日(水)〜9月23日(日)

(時間)11:00-20:00 ※最終日のみ17:00まで

(会場)渋谷ヒカリエ8階 Creative Lounge MOV aiiima 2(ショーケース「アイーーーマ2」)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

原画展では数々の原画や制作資料、メイキング映像などを展示予定です。

 

 



メディアの皆様》
9月15日(土)14時〜、9月22日(土)14時〜の2回に渡り、支援者向けのトークショーを開催いたします。取材ご希望の媒体様はご連絡ください。
15日出演者:四宮義俊、松宏彰、やね  22日出演者:四宮義俊、松宏彰、松尾亮一郎

《トキノ交差とは》
「トキノ交差」は本企画のために新規に制作された作品で、渋谷スクランブル交差点に佇む一人の少女を基点に、渋谷の太古から現在までの1万年の歴史を一瞬のフラッシュバックで描きます。ビジョンの4面連動を利用した立体的な映像・音響効果が演出され、道行く人を「四次元アニメ屏風」とでも言うべき、新感覚の映像体験に誘います。
本作の監督を務めるのは、人気アニメ「君の名は。」のパート演出や「ポケモン映画20周年記念ビジュアル」、「言の葉の庭」のキービジュアルを手がける、アニメ作家でもあり日本画家でもある四宮義俊(しのみやよしとし)。プロデューサーを務めるのは「この世界の片隅に」などのアニメ映画作品でもプロデューサーを担当する松尾亮一郎(まつおりょういちろう)。クリエイティブディレクターを務めるのは国内外で数多くの広告賞の受賞歴を持つ松宏彰(まつひろあき)。その他、実写パートの出演に人気急上昇中のモデル・やねを起用するなど、各ジャンルの注目のクリエイターが一同に集まりました。
渋谷スクランブル交差点のシンボルでもある複数の大型ビジョン活用した、その場でしか味わえない新たな体験を感じてもらいたい。そんな思いからスタートした新プロジェクトです。

《クラウドファンディングについて》
トキノ交差の上映開始に伴い、クラウドファンディングサイト「READYFOR」にて、本作品の原画や設定資料の展示、さらにそれらを掲載した冊子の制作を目的としたクラウドファンディング(以下CF)も実施いたしました。
このCF企画はアニメーションスタッフの強い希望により実現し、60秒のオリジナルアニメのためだけに作られた、膨大な数の原画や動画、設定資料を無料で展示し、渋谷を訪れる人々、さらに外国人などの観光客に、日本のアニメーションの誇る技術の結晶を感じてもらうべく、原画展制作資金180万円を集めるのを目的とし、実施いたしました。※現在は目標達成済み
【クラウドファンディングURL】https://readyfor.jp/projects/tokinokousa

 


アニメで描かれた現代の渋谷(左上)と太古の渋谷(左下)

《制作スタッフ》
*四宮 義俊四宮義俊(監督・絵コンテ・キャラクターデザイン・作画監督・美術監督)
:日本画家としても、アニメ作家としても活動する、日本でも珍しい存在。大ヒット作『君の名は。』パート演出のほか、『言の葉の庭』ポスターイラスト、ポケモン映画20周年記念ビジュアルなど。今もっとも注目される気鋭のクリエイター。

 *松 宏彰(クリエイティブ・ディレクター)
:広告映像からアニメまで広く手がけ、国内外で数多くの受賞。主な作品に『やさいのようせい N.Y.SALAD』『東巨女子』など。『東京音℃』でショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 TOKYO部門最優秀賞。TYO SPARK所属。

 *松尾 亮一郎(プロデューサー)
:異例のヒットとなった『この世界の片隅に』でプロデューサーを務める。他のプロデュース作に『BLACK LAGOON』『マイマイ新子と千年の魔法』『REDLINE』など。株式会社CLAP代表。

 *やね(実写パートキャスト/声)
:2017年夏に上京するやいなや、twitter上で「謎の美女」として画像が拡散、一躍話題となった熊本出身の19歳。ミスiD 2017を受賞し、いま最注目の若手モデル。

 

四宮義俊

 


やね

*南方研究所(作画・エフェクトデザイン)
:ハチ(米津玄師)「砂の惑星」アニメーションMVで知られる制作チーム

*NETWORKS(音楽=ネットワークス)
:「嬉しい3人組」。キーボード・ギター・ドラムスで構成されるインストゥルメンタルバンド。これまでにアルバム『white sky』『Dynamic Nature』をリリース。


 *Chloma(衣装デザイン):鈴木淳哉/佐久間麗子による先鋭的なファッションレーベル。ゲーム、アニメなどの2次元的要素を落とし込む独特なデザインが特徴。今作でも、実写とアニメを往来する衣装をデザイン。


*祭(制作プロダクション=まつり)
エンタテインメントを通じて、ワクワクと心も体も踊り出すような感情を呼び起こすことを目指して制作するプロダクション。
近作:Short Shorts Film Festival & Asia2017「Cinematic Tokyo部門 優秀賞(東京都知事賞)」受賞・「東京音℃ /TOKYO ONDO -BEATS AND TEMPERATURES-」、映画「フジコ・ヘミングの時間」等。

関連URL>>Facebook: https://www.facebook.com/tokinokousa/ 
Twitter: https://twitter.com/tokinokousa

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<本件に関するお問い合わせ先>株式会社シブヤテレビジョン(担当:野呂)TEL:03-5784-5951  Mail: tokinokousa@gmail.com  詳細資料ダウンロード: http://gf3.work/LSeY
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シブヤテレビジョン >
  3. 渋谷スクランブル交差点で上映中のショートアニメ「トキノ交差」。クラウドファンディング達成による原画展が明日12日より開催!