遺伝子検査のパイオニア企業、ジェネシスヘルスケア株式会社がシンガポールに海外子会社を設立 

ジェネシスヘルスケア株式会社

2018年4月 シンガポールに海外子会社を設立 
遺伝子検査キットのパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社(東京都渋谷区:代表取締役 佐藤バラン伊里)は、このたびアジアを中心とした海外事業を手掛け会社Genesis Healthcare Asia PTE LTD(シンガポール)を新たに設立つきまして、2018年4月より営業を開始いたします。
 


■設立の目的
当社は、アジアで最大のデータベースを保有し、2015年からアジア8か国香港、シンガポール、台湾、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム)にて事業展開を行ってまいりましたが、近年需要が高まっているアジアでの遺伝学研究、および遺伝子検査サービスの市場拡大に注力するべく、アジア中心都市であるシンガポールに子会社を設立することといたしました。
なお、今後さらに台湾への事業拠点設立も予定しております。

■子会社の概要
  1. 商号           Genesis Healthcare Asia PTE LTD
  2. 所在地        シンガポール
  3. 住所        20Cecil St #23‐05 PLUS Singapore 049705
  4. 電話番号      +65 6904 4936 (メールアドレス:info@genelife.asia)
  5. 代表者の氏名    宮部 喬史
  6. 事業内容        遺伝子検査サービス、および遺伝子解析事業
  7. 設立年月日       2018年4月2日
  8. 株主構成         ジェネシスヘルスケア株式会社(100%)


■東アジア公式ECサイト(英語版):http://genelife.asia
■お問い合わせ先:info@genelife.asia

【ジェネシスヘルスケア株式会社について】
ジェネシスヘルスケア株式会社は、2004年に設立し今年15年目を迎えました。当社は、遺伝子研究及び解析に特化した検査会社(民間及び医療向け)の最大手として知られております。長年の自社における解析と共同研究の実績により国内(アジア含む)最大規模の遺伝子データベースを保有しており、医療や研究機関等への広範囲に向けた、当社独自の研究を行っております。また、民間向けの検査キット「GeneLife®」を通じて日々進歩する遺伝子研究により、皆様の生活が豊かになることを目指し、サービスの提供を行っております。

【主要株主】:楽天株式会社、三井物産株式会社、オムロン ヘルスケア株式会社など

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジェネシスヘルスケア株式会社 >
  3. 遺伝子検査のパイオニア企業、ジェネシスヘルスケア株式会社がシンガポールに海外子会社を設立