医師の画像診断を支援するEIRLシリーズ、医療機関への新たな導入方法としてクラウド型サービス「EIRL Cloud」を新発売

〜 より簡便に、手軽に、医療AI導入に「クラウド」という新たな選択肢 を〜

 2022年7月5日(火)、エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田富久、島原佑基、以下「エルピクセル 」)は、医師の画像診断を支援するEIRLシリーズのクリニックなど小規模医療施設への新たな導入方法として、クラウド型サービス「EIRL Cloud(エイル クラウド)」の販売を開始いたしました。
 従来、EIRL製品の導入にあたっては、申し込みいただいた医療施設内に新たな機器を設置し、既存のPACS(医療用画像管理システム)と連携する「オンプレミス型」で導入・利用いただいてまいりました。こうしたオンプレミス型の「EIRL Server」に加え、新たな導入方法の選択肢として、クラウド型の「EIRL Cloud」をリリースいたしました。オンライン接続環境があれば、新たな機材の設置やシステム連携が不要となるだけでなく、それに伴う初期費用を抑えることで、より簡便にEIRL製品をご利用いただくことが出来ます。
 本サービスは、2022年7月よりEIRL Cloud公式サイトにてお申し込み及びサービス利用を開始し、初回ご利用の場合、14日間の無料トライアルをご提供しております。
 


【サービス開発の背景】
 エルピクセルが提供するEIRLシリーズは、これまで約250以上の医療施設に導入され、解析件数は100万件を突破するなど(1)医師の画像診断を支援する「医療AI」として、日本各地の医療施設において社会実装が進んでいます。
 EIRLは、健康診断等の繁忙期における読影量の過多、読影医のオーバーワークによる疲労、若手あるいは非熟練医による読影精度など、医療施設が抱える「見落としリスク」の低減に寄与する「医師のパートナー」として期待され、ダブルチェック・あるいはトリプルチェックとして、医師の読影診断を支援しています。こうした導入によるメリットが期待される一方、クリニックなど小規模医療施設にとっては、EIRLを導入するための機器設置や外部システム連携、それに伴う初期導入費用は大きなハードルとなっていました。
 しかし、私たちは、在籍する医師が少ない小規模医療施設こそ、「読影にあたって相談する相手がいない」「コロナ禍で大学病院等からの医師派遣が難しくなった」等、EIRLによるサポートが求められていると考えています。そこで、従来の「オンプレミス型」に加え、導入コストを低減した新たな選択肢として「クラウド型」の提供を開始いたしました。
(1) 2022年6月末時点

【EIRL Cloud サービス概要】
 EIRL Cloudは、医師の画像診断を支援するソフトウェアであるEIRL製品を提供する新たなプラットフォームです。従来は既存のPACS(医療用画像管理システム)と連携する「オンプレミス型」で導入・利用いただく方法のみでしたが、オンライン接続環境があれば、新たな機材設置やシステム連携を要することなく、より安価で簡便にEIRL製品を利用いただけます。Webサイトからお申し込み後、同サイト上の管理画面から画像をアップロードいただくだけで、EIRLの解析結果をご覧いただくことができます。
※ リリース時点では胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Noduleのみ対象ですが、順次、対象ソフトウェアを追加予定です。

【EIRL Cloud の特長】
  • 月額2万円の定額制
  • 月額2万円の料金一定のためシンプルでわかりやすく安価に始められます。
  • 気になる症例をいますぐ解析可能
  • アカウント登録後すぐにご利用開始できるため、気になる症例をいますぐ確認できます。
  • 機器買い替え、外部システムの連携不要
  • クラウド型のため、周辺機器との接続費用やサーバ設置、機器入替等は必要ありません。

【サービスご利用の流れ】

最初の14日間は無料でご利用いただけますので、ご興味をお持ちの医療施設様はお気軽に下記よりお申し込みください。
【製品に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 営業本部
TEL:03-6259-1713 Mail:eirl-cloud-enquiry@lpixel.net
URL:https://marketing.eirl.ai/cloud_support/

【サービス対象ソフトウェア:EIRL Chest Noduleについて】
 EIRL Cloudでは、胸部X線画像から「肺結節」の疑いがある候補域を検出し、医師の読影をサポートするAIソフトウェア EIRL Chest Noduleをご利用いただくことが出来ます。
本ソフトウェアは、医師単独で読影した場合と比べ、本ソフトウェアを用いて読影した場合には、放射線科専門医で9.95%、非専門医で13.1%の感度が上がることが認められ、2020年8月に薬事承認を取得、販売開始いたしました。2021年9月には、検出感度の向上および経時的変化の表示機能を追加した新モデルをリリースするなど、医師の声を活かしながら、継続的な改良に取り組んでいます。

※ 肺結節について
X線画像では、空気は黒く、骨・筋肉・血液などの水分は白く写ります。通常は黒く映る部分が、円形に白く見えた場合、それを「結節影」と呼び、肺がんの可能性が疑われます。定期健康診断などで実施される胸部X線・CT検査において、そういった「結節影」が見られた場合には、精密検査によって確認をする必要があります。

販売名:医用画像解析ソフトウェア EIRL X-Ray Lung nodule 、承認番号:30200BZX00269000

▼ EIRL Chest Noduleに関するプレスリリース
  • ・2020年8月28日
  • 胸部X線画像から「肺がん」が疑われる肺結節候補域を検出する、医用画像解析ソフトウェア EIRL Chest Noduleを発売(https://lpixel.net/news/press-release/2020/10089/
  • ・2021年9月21日
  • 胸部X線画像から「肺がん」が疑われる肺結節候補域を検出する 医用画像解析ソフトウェア EIRL Chest Nodule、 検出感度の向上および経時的変化の表示機能を追加した新モデルをリリース(https://lpixel.net/news/press-release/2021/10412/
  • ・2022年2月3日
  • 胸部X線画像の読影診断を支援する EIRL Chest Screening、肺結節候補域の検出と5つの計測機能を有する新モデルとして販売開始(https://lpixel.net/news/press-release/2022/10501/
  • ・2022年4月8日
  • 医療機器の特性に応じた変更計画の事前確認制度(IDATEN制度)を活用し、EIRL Chest Noduleの変更計画確認申請を実施(https://lpixel.net/news/press-release/2022/10553/

【AI画像診断支援技術について】
高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化しています。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、脳MRI、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指します。
EIRLプロダクトサイト(医療従事者向け):https://eirl.ai/ja/
EIRL Cloud プロダクトサイト医療従事者向け):https://eirl.ai/ja/eirl-cloud/

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持ち、医療・製薬・農業分野において画像解析技術、とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してまいりました。医師の診断を支援するAI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」、創薬に特化した画像解析AI「IMACEL(イマセル)」を軸に事業を展開しています。
LPIXELコーポレートサイト:​https://lpixel.net/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LPIXEL >
  3. 医師の画像診断を支援するEIRLシリーズ、医療機関への新たな導入方法としてクラウド型サービス「EIRL Cloud」を新発売