今年の夏休みの旅先は国内へシフト、関東は関西よりも旅を控える傾向、子育て世帯はクルマ移動を意識

地域SNS「ピアッザ」ユーザーを対象に、夏休みの行動に関する意識調査を実施

PIAZZA株式会社(代表取締役CEO 矢野 晃平)は、地域SNS「ピアッザ」ユーザー(回答者数:1,020名)を対象に、「夏休みの帰省と旅行に関するアンケート」を2020年7月10日〜11日にかけて実施いたしました。
1.調査概要
調査対象:地域SNS「ピアッザ」ユーザー
調査時期:2020年7月10日~7月11日(24時間)
調査方法:インターネット調査法
回答者数:1,020人

2.回答者属性
性別では女性が約6割、年代では30〜40代が約7割を占めている。居住地では東京23区内が5割弱、次いで神奈川県となっている。家族構成では配偶者や子どもと同居する子育て世帯が多数となった。

<性別>


<年代>


<居住地>


<同居家族(複数可)>


3.アンケート結果

■今年の夏休みに帰省や旅行を予定している方は大幅減、半数はまだ決めかねている
例年の夏休みの過ごし方と、今年の夏休みの過ごし方について質問したところ、例年は帰省や旅行をする方が5割以上にのぼるところ、今年は約2割にとどまっており、現時点でまだ方針を決めかねている方も半分近くいることがわかった。

<例年の夏休みの過ごし方>


<今年の夏休みの過ごし方>


■今年の夏休みは国内旅行の比率が大幅に拡大
今年の夏休みは新型コロナウイルスの影響もあり、海外旅行ではなく国内旅行を選ぶ方の割合が増加。また、高齢者への感染拡大懸念のためか、帰省の比率も下がる結果となった。

例年「帰省や旅行をする」と回答した方
<例年の帰省や旅行の内容>


今年「帰省や旅行をする」と回答した方
<今年の帰省や旅行の内容>


■今年の夏休みに帰省も旅行もしない理由は「コロナへの不安」「自粛への協力」
今年の夏休みに帰省も旅行も計画していない方へその理由を伺ったところ、「コロナウイルス感染が心配」と答えた方は4割を超え、「自粛に協力するため」と答えた方も4分の1を上回った。

今年「帰省も旅行もしない」と回答した方
<今年帰省も旅行もしない理由>


■今年の夏休みの予定を決めかねている理由の大半は「コロナウイルス感染拡大が読めないから」
今年の夏休みの予定を決めかねていると回答した方へその理由を伺ったところ、実に6割の方が「コロナウイルス感染拡大が読めないから」と回答した。

今年「決めかねている」と回答した方
<今年の予定を決めかねている理由>


■今年の夏休みの予定を決める時期は「夏休みの2週間以内」が7割
コロナウイルス感染拡大の動向が読めないこともあり、今年の夏休みの予定を決める(決めた)時期は休みに入る2週間以内(わからないを含む)が7割を超える結果となった。

<今年の夏休みの予定確定時期>


3.属性ごとの分析

■関東では関西よりも帰省や旅行を控える傾向が見られる
東京都を中心とする新型コロナウイルス感染拡大が収まりを見せない状況のため、関西地方よりも関東地方では夏休みの帰省や旅行を控える傾向が顕著に見られた。

<地域比較|今年の夏休みの過ごし方>


■夏休みの旅先は海外から国内へシフト、特に子どものいない世帯は帰省を回避
子育て世帯もそうでない世帯も、新型コロナウイルスの影響で旅先は全般的に海外から国内へシフトしている。また、特に子どものいない世帯においては、高齢者への感染を避ける意味で不要不急の帰省を回避する傾向が見られた。

<子育て世帯/子育て世代以外|例年/今年の帰省や旅行の内容比較>


■子育て世帯は自動車による移動を意識、不特定多数と接触を避けるためか
今年の帰省や旅行で特に意識していることについて、子育て世帯とそれ以外の世帯の回答を比較したところ、子育て世帯は自動車による移動を強く意識する傾向が見られた。これは不特定多数との接触機会をなるべく避けたい意図と見られる。

<子育て世帯/子育て世代以外の今年の帰省や旅行で特に意識していること比較>


■PIAZZA株式会社について
グローバルで進む都市化とともに、希薄化する地域内でのコミュニケーションやその受け皿となるローカルコミュニティが減少しています。「高齢化社会」や「暮らしの孤立化」などと合わせ、これらを起因とする社会問題が現在多くの場面で顕在化しはじめています。PIAZZA株式会社は、地域の住民同士やそこで働くひとたちをつなぎ、ひとりひとりがより暮らしやすく、より活き活きとした暮らしを実現するために“人々が支え合える街を創る”というミッションのもと、地域の広場アプリ「ピアッザ」の開発・運営や、コミュニティ施設の企画・運営をしています。

【PIAZZA株式会社】
社名 : PIAZZA株式会社
所在地 : 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル5階
代表者 : 代表取締役 矢野 晃平
設立日 : 2015年5月
ミッション : 人々が支え合える街を創る
事業内容 :・デジタルコミュニティ事業: 地域SNSアプリ「ピアッザ」の開発、運営
      ・リアルコミュニティ事業: 子育て支援施設「グロースリンクかちどき」、
       日本橋のコミュニティ施設「Flatto」の協働運営
企業情報 : https://www.piazza-life.com/about

【アンケートに関するご依頼先】
PIAZZA株式会社
Email:biz-inside@piazza-life.com

【本件に関するお問い合わせ先】
PIAZZA株式会社 担当:水沢
Email:pr@piazza-life.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PIAZZA株式会社 >
  3. 今年の夏休みの旅先は国内へシフト、関東は関西よりも旅を控える傾向、子育て世帯はクルマ移動を意識