Nextremer、AIを活用した農作物の生産予測モデルを構築、高知県・富士通と共同でシステムの実証開始

 AIの社会実装拡大に取り組む株式会社Nextremer(本社:東京都板橋区、代表取締役CEO:向井永浩、以下「Nextremer」)は、高知県(所在地:高知県高知市、知事:尾﨑正直)および富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下「富士通」)と共同で「高知県園芸品生産予測システム」を開発、2019年1月下旬よりシステムの実証を開始します。
■背景

 Nextremerではこれまでも、一次産業におけるAIの社会実装を目指し、高知県内において農産物の生産性向上などを目的とした研究に取組んで参りました。
 高知県では、農作物の出荷時に機械で等階級(※1)を自動判別するとともに、形状などの品質データを記録し、翌日以降に出荷データとして生産者に紙で手渡しています。しかしそれらデータは農作物の生産過程に活かされておらず、また販売面においても、近年増加傾向にある量販店などの大口予約相対取引(※2)において、最低でも2~3週間先の出荷量を把握できないと有利な条件で取引できないという課題がありました。

 これらの課題を解決し、生産者の安定的な生産と取引を支援するため「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド AkisaiPF(アキサイプラットフォーム)」(※3)により、生育データや出荷データ(ハウス内の環境データや気象データを含む)を一元管理、さらにNextremer構築の生産予測AIを組み合わせた「高知県園芸品生産予測システム」を開発、この度の三者共同実証が決定しました。

■実施概要

【実施期間】
2019年1月下旬から2019年2月28日まで(予定)

【検証内容】    
(1)農作物の生育から出荷までのデータを一元管理:                          農作物の品質データと出荷データを「高知県園芸品生産予測システム」で一元管理し、営農指導への活用などにおける有効性を検証します。

(2)出荷情報を生産者へ迅速に共有:                                 生産者は最短で出荷翌日に、パソコン、タブレット、スマートフォンなどから「高知県園芸品生産予測システム」で管理する出荷情報を確認が可能です。生産者における生育管理や収穫時期の調整などへの有効性を検証します。

(3)AIを活用し農作物の生産量を予測:                                生育データ(着果数等)とハウス内の環境データおよび気象データ(予報)を教師データとして、最大3週間先の収穫量予測、有効性を検証します。

「高知県園芸品生産予測システム」のイメージ図「高知県園芸品生産予測システム」のイメージ図

 

   高知県では、本検証結果を踏まえ2019年3月より「高知県園芸品生産予測システム」の本運用を開始する予定です。Nextremerでは、より多くの人がAIを使用しAIの恩恵を受けることができる社会の実現を目指し、他企業との連携のもと、これからもさまざまな課題解決に向けた取り組みを行って参ります。

■注釈
(※1)等階級:農作物の品質を表す等級と大きさを表す階級の総称。
(※2)予約相対取引:卸売業者と仲卸業者または売買参加者との間において、あらかじめ締結した契約に基づいて確保した物品の卸売りを行うこと。
(※3)富士通が提供する、食・農クラウド Akisai(秋彩)は、「豊かな食の未来へICTで貢献」をコンセプトに、生産現場でのICT活用を起点に流通・地域・消費者をバリューチェーンで結ぶクラウドサービス。露地栽培、施設栽培、畜産をカバーし、生産から経営・販売まで企業的農業経営を支援する。


■株式会社Nextremerについてhttp://www.nextremer.com/
2012年設立。Nextremerは、人工知能(AI)の社会実装を目的に、自然言語処理を活用した対話システム構築事業と、画像認識・解析技術を用いたアルゴリズム構築事業を推進し、企業のAI活用を支援しています。また、それら2つの事業に関する先進技術の研究開発も行なっています。2015年4月に開発拠点としてNextremer高知AIラボを開設し、2016年8月には100%子会社の株式会社dataremer設立、AI開発企業向けコンテンツの提供事業を開始しました。地方自治体との連携も積極的に図っており、新たな地方のロールモデルとなっています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Nextremer >
  3. Nextremer、AIを活用した農作物の生産予測モデルを構築、高知県・富士通と共同でシステムの実証開始