「カラエト」、「ラクマ」、「Hi!MOVE」の3サービスが連携し、新サービス「フリマ引越」を開始

- 引っ越しサービスとフリマアプリ出品代行サービスをワンストップで利用可能に -

 株式会社トランク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:松﨑 早人)が提供する宅配型収納サービス「カラエト」と、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)が運営するフリマアプリ「ラクマ」、株式会社GLIDE(本社:東京都新宿区、代表取締役:荒木 孝博)が提供する引っ越しシェアリングサービス「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」の3サービスは連携し、ユーザーが引っ越しの荷造りの際に発生する不要品を専用ダンボールに詰めて送るだけで、「ラクマ」への代行出品を受けることのできる新サービス「フリマ引越」を本日より開始します。
 ユーザーは「Hi!MOVE」で引っ越しを申し込む際に、「フリマ引越」への申し込みを同時に選択できるようになります。本サービスに申し込むと「カラエト」から届く専用ダンボールに、「ラクマ」に出品したい不要品を入れて返送するだけで、「カラエト」がユーザーに代わって「ラクマ」へ出品します。取引が成立した際は送料と手数料を差し引いた金額がユーザーに振り込まれます。これによりユーザーは、忙しい引っ越し時に、引っ越しサービスと「ラクマ」への出品代行サービスをワンストップで気軽に利用できるようになります。
 


 今回の新サービスは、「カラエト」、「ラクマ」、「Hi!MOVE」、3サービスの引っ越しの際に発生する不要品を簡単に整理できる環境を整備するとともに、不要品による廃棄物やコストを削減したい、という共通の想いのもと実現しました。今後も3サービスは、不要品や引っ越しといった住環境関連の課題を解決し、持続可能な循環型社会の形成に貢献するべく取り組んでまいります。
 
  • 「フリマ引越」サービス利用の主な流れ
・「Hi!MOVE」にて引っ越しの申し込みをしたユーザーが本サービスの利用を希望した場合、申し込み後に「カラエト」から送られてくる専用ダンボールに不要品を詰めて返送すると、「カラエト」が出品者となって「ラクマ」に不要品が代行出品されます。

・出品商品が売れた場合は、手数料として代行送料(一律880円)と代行手数料(売上金から代行送料を除いた金額に30%かけたもの)を差し引いた金額がユーザーに振り込まれます。「ラクマ」に出品された月から翌月末までの期間中(最大2カ月)は、出品商品の取引がない場合でも費用はかかりません。

・期間中に取引のなかった商品は、宅配収納サービス「カラエト」に移行されます。ユーザーは、収納サービス(1カ月無料)を利用しながら、商品を保管し続けるか自宅に返送を求めるかを選択できます。収納サービスでの保管を選択した場合は、無料期間(1カ月)終了後、月額550円で「カラエト」に商品を預けられ、いつでもご自宅に返送を求めることが可能です。

 
  • サービス概要
・サービス名: フリマ引越
・サービス提供開始日: 2019年11月25日(月)
・サービス概要: 引っ越しを申し込んだユーザーが、荷造りの際に発生する不要品を専用ダンボールに詰めて送るだけで「ラクマ」への代行出品を受けることのできる新サービス。スマホ一つで引っ越しと不要品整理への申し込みがワンストップで実現します。
・提供エリア: 全国(沖縄、離島を除く)
・料金:「カラエト」出品代行手数料として代行送料(一律880円)と「ラクマ」での売上金から代行送料を除いた金額の30%がかかります。
※出品月の翌月末までに取引のなかったアイテムは、「ラクマ」での出品を終え、「カラエト」サービスへ自動的に移行します。移行後、1カ月の無料期間を超えると「カラエト」利用料として月額550円が発生します。
※「カラエト」へお預けした不要品を取り出す場合は、送料880円が発生します(無料期間も含む)。
※売上金の引出は「カラエト」での振込申請が必要です。
※引っ越し料金は「Hi!MOVE」にて、別途見積もりの金額が生じます。
・出品代行サイズ上限:140サイズの専用ダンボール1箱分まで
・関連URL: https://hi-move.jp/furima-hikkoshi(スマートフォン用サイト)
・代行出品するショップのURL(ラクマ内): https://fril.jp/shop/caraeto
 
  • 【宅配型収納サービス「カラエト」とは】
 「カラエト」は、クローゼットで眠っている普段使っていないモノを、ダンボールに詰めて送るだけでアプリに預けたモノの写真が並び、簡単に預けることができる宅配型収納サービスです。アプリからワンタッチで集荷依頼ができるほか、収納したモノは1点1点写真で確認できるため、写真一覧で預けたものがひと目で分かります。また、預けたモノを取り出すだけでなく、収納したまま他の利用者に売ったりプレゼントしたりすることも可能です。
 現在約2万人が登録しており、「大切なもの、わたしから、あなたへと。」これからシェアされる未来の実現を目指すシェアリングプラットフォーム事業です。
 
  • 【フリマアプリ「ラクマ」とは】
 「ラクマ」は、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスです。不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指しています2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力しています。販売手数料の安さなどを強みに、2019年7月時点で2,000万ダウンロードを突破しました。
 
  • 引越しのシェアリングサービス「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」とは
 「Hi!MOVE」は、引っ越しを「安く、早く、カンタンに」したい方と、トラックの空きスペース、空き時間を有効活用させたい引っ越し会社をマッチングするサービスです。基本情報とお部屋の写真をスマホで撮るだけで、引越しのお見積もりを即時提示できるほか、「相場の確認~見積り額の確認~お申込み~決済」までスマートフォンで完結することが可能です。
 2019年1月18日に「安さ」と引っ越し会社の「生産性向上」を実現させ、「引っ越し難民問題解決」に貢献すべくサービスを開始した引っ越しシェアリングサービスです。



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トランク >
  3. 「カラエト」、「ラクマ」、「Hi!MOVE」の3サービスが連携し、新サービス「フリマ引越」を開始