フル板情報サービス「BRiSK for SMBC日興証券」を導入

個人投資家向けに東証全上場銘柄のフル板情報を複数銘柄同時配信するサービスの提供開始

SMBC日興証券株式会社は、本年4月1日(月)より、アルゲンタム・コード株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:塩谷明達、以下「アルゲンタム・コード」)が提供する東証全銘柄フル板情報配信ツール「BRiSK for SMBC日興証券」※1(以下「本サービス」)をオンライントレード(日興イージートレード)に導入いたします。

本サービスでは、アルゲンタム・コードが開発した独自のデータ圧縮・配信技術により、東証全上場銘柄のフル板情報を一挙にお客さまの利用端末に配信し、複数銘柄のフル板情報を一覧で表示します。国内株式の気配情報はデータ量が非常に多くなることから、現在値から上下各10本までに限定した気配情報あるいは1銘柄のみの全ての板情報(フル板情報)の配信に留まる場合が一般的ですが、本サービスにおいては、これまでにない情報量とライブ感でマーケットの状況を俯瞰することが可能です。

【BRiSK for SMBC日興証券の特徴】
  1. フル板情報の配信に加えて、歩み値のライブ表示が可能
  2. 大口注文をはじめとする相場状況の通知
  3. 銘柄をコピー&ペーストするだけの簡単な銘柄登録
  <「BRiSK for SMBC日興証券」画面イメージ>

*BRiSK for SMBC日興証券について詳細はこちら:
https://www.smbcnikko.co.jp/service/online/trade/content/brisk/index.html


本サービスは専用アプリケーションのインストール等が不要なブラウザベースでの稼働となっており、利用シーンが考え抜かれたユーザー・インターフェースによる快適な操作性でお客さまの素早い情報収集をサポートします。また、パソコンだけでなくスマートフォンなどでご利用可能なモバイルデバイス対応版の「BRiSK モバイル for SMBC日興証券」も同時リリースし、お客さまのあらゆる投資スタイルに対応いたします。

本サービスを導入することで、株式を頻繁にお取引されるお客さまの利便性も大きく向上します。特にダイレクトコース※2においては、信用取引の委託手数料は0円とお取引しやすく、制度信用取引に加え、3月からは一般信用取引で、売り建て取引の取り扱いを開始いたしましたので、当社でのオンライントレードをより一層身近に感じていただけます。

当社は「いっしょに、明日のこと。」をブランドスローガンに、今後も引き続きお客さまを中心に考え、より高い価値を提供し、信頼と安心をお届けしてまいります。

【アルゲンタム・コード株式会社について】
アルゲンタム・コードは、国内法人として唯一(2019年3月20日現在)の高速取引行為者(以下、「HST」)であるダルマ・キャピタル株式会社のメンバーによって設立された会社で、HSTとして培ったテクノロジーやノウハウにより、独自性の高い金融市場情報サービスの提供を行うフィンテックベンチャーです。

※1 本サービスは、一定の条件(前月の現物/信用取引の約定回数5回以上、またはダイレクトコースのお客さまで「シルバーステージ」以上)を満たすお客さまに対し、無償で提供させていただきます。また、本サービスをご利用いただくためには所定のPC・ブラウザ等のご利用環境が必要です。本サービスの内容、ご利用条件等の詳細は、当社ホームページにてお知らせいたします。

※2 ダイレクトコースは、情報収集やお取引を主にパソコンやスマートフォンからご自身で行う方向けのコースで、現物株式の委託手数料は最低135円、信用取引の委託手数料は0円、投資信託は1,000本以上取り揃えています。
*ダイレクトコースについて詳しくはこちら:
https://www.smbcnikko.co.jp/promo/direct/6_lp.html


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SMBC日興証券株式会社 >
  3. フル板情報サービス「BRiSK for SMBC日興証券」を導入