ハタプロ、5G活用の次世代医療・看護ロボットを開発

〜湘南ヘルスイノベーションパークに入居、製薬・医療業界と共創の強化へ〜

対話AI(人工知能)と小型汎用ロボット『ZUKKU』などを開発・製造する株式会社ハタプロ(本社:東京都港区、代表取締役:伊澤 諒太、以下:ハタプロ)は、次世代通信5Gを活用した医療・看護ロボットの開発を加速させるため、2019年10月より湘南ヘルスイノベーションパーク(以下:湘南アイパーク)に、ロボティクス分野の企業として初めて入居します。

ハタプロ、5G活用の次世代医療・看護ロボットを開発ハタプロ、5G活用の次世代医療・看護ロボットを開発


 ハタプロは、現在小型汎用ロボット「ZUKKU」をベースとした、超高齢社会に対応する新たなサービスを開発しています。
 湘南アイパークに入居するにあたり、AIロボット技術を応用した次世代医療機器の開発やデジタルヘルス事業の共創をおこないます。ハタプロは、2010年創業のハードウェアベンチャーとして企画開発力を武器に様々な大企業との共同開発や、地方自治体との官民協働型の合弁会社の設立など、オープンイノベーションによる量産製造と事業化の経験が豊富にあり、社会に役立つ新製品を続々と生み出すべく尽力していきます。

【ZUKKU(ズック)について】
■特徴1:どこにでも設置可能な小型デバイス
身長わずか10cm、手軽に導入できる手のひらサイズのAIロボットとして開発されました。特殊な設定いらずに自律思考し、お客様と会話しデータを取得・解析しながら、人を手助けする様々な提案や行動を促進してくれる、愛らしくも頼もしい小さなパートナーです。 通信機能搭載で、データはクラウド型マーケティング管理システムに蓄積して可視化し、現場の需要予測や施策立案、付属のIoT型デジタルサイネージのコンテンツ配信の最適化など、AIとロボティクスを活かした付加価値を提供し、小売業やサービス業など様々な店舗で活躍しています。

■特徴2:クラウドでデータ解析・遠隔管理
ZUKKUのAIがIoT型サイネージディスプレイと連携して配信するコンテンツや、発話を促すカウンセリングなど会話機能をデイサービス利用者向けに最適化することで、認知機能の維持・改善と健康寿命の延伸を目指した健康増進プログラムとして提供します。

ハタプロは、今後も社会に便利で役立つ存在になるAIロボットを開発していくとともに、湘南アイパークとのオープンイノベーションにより、次の時代の旗となる新たな価値を創造してまいります。

【ハタプロについて】

ハタプロは、「モノづくりとIT技術で、次の時代をつくる」を掲げ、2010年に東京で設立された通信機器メーカーです。クラウドAIとハードウェアの技術を組み合わせ、最適な仕様策定、高速なプロトタイピング、知的財産や事業計画の策定、最終製品の適量生産を実現し、これまで様々な製品の開発を手掛けてきました。
次世代型モノづくりの知見を活かし、大企業や地方自治体との合弁会社の設立など、オープンイノベーションの実績が豊富で、近年は大学との共同研究や銀行を交えた産官金の共同出資でのIoT地域商社の設立、次世代通信「5G」による医療/介護AIロボット開発に力を入れています。
https://hatapro.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハタプロ >
  3. ハタプロ、5G活用の次世代医療・看護ロボットを開発