コンビニで始める新たなミニカーコレクション 「KYOSHO 64 Collection」2022年8月10日(水)発売!

本物を身近な存在にする手のひらサイズのエントリーシリーズ

本格R/C(ラジオコントロール)モデルやミニカー等、ホビー製品の製造・販売を行う京商株式会社(本社:神奈川県厚木市 代表取締役社長:渡邉克美)が、KYOSHO MINI CAR & BOOKに続く、京商CVSミニカーシリーズ第2弾「 KYOSHO 64 Collection」 を8月10日(水)よりファミリーマートの一部店舗(一部車種は京商オンラインサイト)で販売いたします。

 

第1弾は「トヨタ」。1970年のTA22型セリカ(TA22)、1988年のA70型スープラ、1997年のA80型スープラ、2018年の現行センチュリーと世代の異なる4車種で各2カラーを用意。これにKYOSHO WEBのみで購入可能な特別色のセンチュリーを加第1弾は「トヨタ」。1970年のTA22型セリカ(TA22)、1988年のA70型スープラ、1997年のA80型スープラ、2018年の現行センチュリーと世代の異なる4車種で各2カラーを用意。これにKYOSHO WEBのみで購入可能な特別色のセンチュリーを加

京商CVSミニカーシリーズとは?
京商CVSミニカーシリーズは、1/64スケールミニカーコレクションとして、2004年11月にサークルKサンクスで販売を開始しています。その第1弾として『フェラーリ ミニカーコレクションVol.1』をリリース。その後も定期的に新たなミニカーを市場に投入してきましたが、2016年12月に発売した第83弾の『フェラーリ ミニカーコレクションVol.12』をもって12年間に渡る歴史に幕を下ろしました。

 コンビニ販売でミニカーを身近な存在にした1/64スケールシリーズ
1991年の発売以来、『京商』はハイクオリティなミニカーを数多く世に送り出してきました。なかでも、モデルカーホビーの入門モデルといえる1/64スケールシリーズは、身近にあるCVS(コンビニエンスストア)という新たな販路を得たことで、幅広いユーザーの目に触れ、京商ミニカーの認知を高めてきました。CVSミニカーシリーズは諸事情により、2016年12月に12年間の歴史に幕を閉じることとなりましたが、我々にとって大切なブランドであることはもちろん、発売終了以降に多くのファンの方々から再販希望の声が届けられ、その期待に応えるべく復活に向けて試行錯誤を続けました。

そして、そのひとつの答えが、2020年1月に創刊した「KYOSHO MINI CAR & BOOK」です。販売形態こそミニカーと小冊子を組み合わせた書籍へ変わりましたが、念願であったCVSミニカーシリーズの復活が叶いました。ただ、それはあくまでも序章にすぎません。

 新生CVSミニカー第2弾は幅広い車種展開と手に取りやすい価格が魅力!
第2弾として発売する「KYOSHO 64 Collection」は幅広い層が手に取りやすく、ミニカー好きの裾野を広げる役割を担う新生CVSミニカーシリーズ待望の単体モデルです。

「KYOSHO MINI CAR & BOOK」がバトンを引き継いだ従来の1/64シリーズに対し、エントリーモデルとして位置付けられる新シリーズの特徴は枠にとらわれないこと。簡単に説明すれば、国内外の自動車史を彩った名車だけでなく、他社では製品化されないようなレアなモデルまで、開発陣が「面白い」「欲しい」と思う車種をリリースしていく予定です。

また、本シリーズは全て新規金型でありながら、価格も本格的なミニカーとしては手を出しやすい1,320円(税込)。当時憧れたクルマに思いを馳せたいオーナーはもちろん、これからミニカーのコレクションを始めたい初心者にもオススメです。
 

No.1 Toyota Celica 1600GT Yellow_No.2 Toyota Celica 1600GT BlueNo.1 Toyota Celica 1600GT Yellow_No.2 Toyota Celica 1600GT Blue

「日本初の本格スペシャリティカー」として1970年12月に登場。当時としては珍しい丸みを帯びたフォルムから「だるま」の愛称で親しまれ、エンジン、ミッション、外観、内装を自由に組み合わせることが可能なフルチョイスシステムが話題となった。スポーツグレードの1600GTはモータースポーツで好成績を収めている。

No.3 Toyota Supra (A70) Dark Green_No.4 Toyota Supra (A70) BlackNo.3 Toyota Supra (A70) Dark Green_No.4 Toyota Supra (A70) Black

名車「トヨタ2000GT」の正当な後継を謳い、ミドルスポーツのセリカから独立。6気筒エンジン専用モデルとなり、日本を代表する本格GTカーとして国内外で高い評価を得た。1988年のマイナーチェンジ以降は3ナンバーのワイドボディが主流となり、280馬力の高性能エンジンを加えるなど、徐々にスポーツカーの色を強めた。

No.5 Toyota Supra (A80) White_No.6 Toyota Supra (A80) SilverNo.5 Toyota Supra (A80) White_No.6 Toyota Supra (A80) Silver

世界一過酷なサーキットであるドイツのニュルブルクリンクで基本性能が磨き上げ、トヨタのフラッグシップスポーツとして1993年5月にデビュー。エンジンは3ℓのみとなり、国内初の6速MTを搭載するなど、初代よりもスポーツカーの純度を高めている。特徴的な大型のリアウイングは当時日本一大きなサイズを誇った。

No.7 Toyota Century Blue_No.8 Toyota Century BlackNo.7 Toyota Century Blue_No.8 Toyota Century Black

日本唯一のショーファーカー(専属の運転手がいるオーナー向けのクルマ)であるとともに、天皇皇后両陛下の専用車である御料車のベース車両としても有名。特別な工房で「クラフトマン」と呼ばれる少数精鋭・熟練の技術者たちの手により時間と手間を惜しまずに製造されている。トヨタの最高品質が注ぎ込まれた1台。

販売は過去のCVSミニカーシリーズと同じPOP-BOX、ただし、今回から中身の見えないブラインドBOXからオープンパッケージとなり、欲しい車種を必ず手に入れられます。

発売を記念して専用アクリルケースが抽選で当たるインスタグラム投稿キャンペーンを開催。詳しくは弊社HPをご確認ください。


■京商オンラインショップ限定カラー

No.9 Toyota Century silverNo.9 Toyota Century silver

ファミリーマートの販売とは別に、京商オンライン限定カラーを設定致しました。

 


■商品説明はこちら
https://dc.kyosho.com/ja/kyosho-64-collection


【商品概要】
●商品名:KYOSHO 64 Collection
●発売日:2022年8月10日(水)
●価格:1,320円 (個/税込)
●販売店:ファミリーマートの一部店舗 (取扱店舗はWEB商品ページにて公開)、一部商品はKYOSHOオンラインで発売
●製造:京商株式会社(http://dc.kyosho.com/ja/
●商品内容:1/64スケール・ミニカー

【1/64スケール ダイキャスト製ミニカー】
●ミニカー素材:亜鉛合金、ABS樹脂、PVC(非フタル酸系)、ポリスチレン
●ギミック:開閉機構なし
●その他:ディスプレイ台座が付属

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京商株式会社 >
  3. コンビニで始める新たなミニカーコレクション 「KYOSHO 64 Collection」2022年8月10日(水)発売!