物置きシェアサービスモノオク「テレワーク応援!配送簡単パック」として配送プラットフォーム「ハコベルカーゴ」を導入

〜ウィズコロナ時代のライフスタイルに合わせて荷物の困りごとを解決!〜

物置きシェアサービス「モノオク」を運営するモノオク株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:阿部祐一)は、ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝)が運営する配送プラットフォーム「ハコベルカーゴ」を「テレワーク応援!配送簡単パック」としてサービス内に導入いたしました。
荷物の保管だけではなく荷物配送もより低価格でスムーズに手配できるようになり、ウィズコロナ時代の荷物にまつわる新たなニーズに柔軟に対応できるサービス体制となりました。

「モノオク」は使っていない部屋や、押入れ、余った倉庫などを物置きとして利用することで、従来より安価にモノを保管できる物置きシェアサービスです。


コロナ禍の影響で私たちの生活様式や働き方は大きく変わりました。そのひとつがテレワークの普及です。
多くの人が出社せずに自宅で仕事をするようになりましたが、それに伴い「家のローテーブルとソファでは仕事に集中できない」「長時間リビングの椅子に座っていて腰を痛めた」など自宅作業ならではのストレスも発生しており、自宅内に快適な仕事環境を作るためのニーズが高まっています。

実際にモノオクでも、自宅に作業デスクやオフィスチェアを置くスペースを確保するために普段使っていない荷物や家具をモノオクスペースで保管したい、といった利用リクエストが見受けられています。
また、オフィス退去をサポートする新事業「カタヅクオフィス」でも、オフィスで使用していた椅子やデスクを各社員の自宅に配送したいという依頼も多数いただいています。

そこで、自宅内の不要な荷物を簡単に低価格で配送・保管できる「テレワーク応援!配送簡単パック」をスタートいたしました。配送プラットフォーム「ハコベルカーゴ」をサービス内に導入し荷物を送りたい人と軽貨物ドライバーをマッチングさせることで、荷物保管場所探しから荷物配送手配までをスムーズに提供します。

長引くテレワークをより効率化するために、自宅内の荷物をモノオクで整理・保管して、快適なテレワークスペースを作りましょう。

<「テレワーク応援!配送簡単パック」を使うと・・・・>
部屋の中の不要な荷物をモノオクスペースに預けることによって自宅内にテレワーク用の作業スペースを作ることができます。
「テレワーク応援!配送簡単パック」を利用すると、保管費用は1畳あたり3,000円〜/月(東京都内は6,000円〜/月)、配送費用も相場の約半額。
お手頃な価格で自宅内に作業スペースを作ることができ、シェアオフィスや作業用のカフェに行かなくても効率良く日々のテレワークを行えます。

※費用は荷物量や配送距離によって異なります。


<ウィズコロナ時代の働き方・ライフスタイルの変化>
テレワークの急速な普及、それに合わせた社会制度の変化、自宅にいる時間が長くなったための日常生活用品の変化、人と人との距離の変化など、コロナ禍の影響で私たちの生活様式や働き方が大きく変わってきています。
今後もテレワークはさらに定着し、好立地高コストのオフィスを構えることや対面で仕事をすることの必要性を見直す企業が増え、私たちの生活も自宅内に日常生活とは別の仕事用のスペースを確保したり、通勤での利便性を前提として居住地を選ばなくなったりと変化していくと考えています。

<モノオクの想い>
モノオクは空きスペースの活用を通して、仕事や結婚・出産・独立などライフスタイルの変化による住み方の変化をサポートする、Proptechのシェアリングエコノミーサービスです。
昨今、坪単価の高騰もあり「収納スペース」と「生活スペース」は分離が進んでいました。
そして今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって働き方は大きな変化をしており、それに伴って変わる生活様式は、より一層「収納スペース」と「生活スペース」の分離を顕著にするものと考えています。
コロナ禍によって生じた新しい暮らし・働き方への変化においても、より柔軟で便利な収納手段の提供でサポートし、人々のライフスタイルに寄り添ったサービスを展開して参ります。
========

<ハコベルカーゴとは>
物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」が提供する軽貨物向けの配送プラットフォームです。「ハコベルカーゴ」では、荷物を送りたい人とドライバーを繋ぎ、各運送会社の非稼働時間や個人ドライバーを有効活用することで、低価格で高品質な配送サービスを提供しています。
公式サイト:https://www.hacobell.com/

<モノオクとは>

収納・保管に困る荷物を預けたい人と、空いたスペースを物置きとして提供したい人をマッチングする個人間の物置きシェアリングサービスです。2018年4月にサービススタートし、登録ユーザー数は18,000人を突破。収納・保管に悩む、荷物を手軽に預けられるライフスタイルを提案しています。
公式サイト:https://monooq.com/

また、2020年5月7日より、新事業としてオフィスを撤退、縮小する際に生じる荷物の配送・保管・処分を一貫して引き受ける法人向けサポートサービス「カタヅクオフィス」を提供しています。
カタヅクオフィスの詳細:https://note.com/monooq/n/n78fb0d30cff2

<モノオク株式会社概要>
会社名 :モノオク株式会社
所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-6-6
設立  :2015年4月
代表者 :代表取締役 阿部 祐一
事業内容:C to C物置きサービス「モノオク」の運営
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. モノオク株式会社 >
  3. 物置きシェアサービスモノオク「テレワーク応援!配送簡単パック」として配送プラットフォーム「ハコベルカーゴ」を導入