ローン残高合計1兆円突破のお知らせ

株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 じぶん銀行)は、2019年11月29日に住宅ローン・カードローン等を合計したローン残高(注1)が1兆円を突破したことをお知らせします。

じぶん銀行の住宅ローンは、2015年12月に邦銀初(注2)のネット完結「住宅ローン」として提供を開始しました。低水準の金利や、充実した団体信用生命保険(以下、団信)の保障内容が評価され住宅ローン人気ランキング第一位(注3)を獲得するとともに、契約いただいた約94%(注4)のお客さまにご満足いただいています。

さらに、2019年3月1日よりネット銀行として初めて(注5)団信を「がん診断保障」に加えて「全疾病保障」に保障内容を拡大するとともに、2019年12月2日よりKDDI株式会社が提供する「じぶんでんき」とセットでご契約いただくことで住宅ローンの金利を年0.03%引き下げるサービスを開始するなど、お客さまの声にお応えするために、より一層のサービス拡充を推進しています。

■じぶん銀行の「住宅ローン」についてはこちら:https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/?cid=gnv06

じぶん銀行のカードローン(以下 じぶんローン)は、2008年12月にサービスを開始しました。2014年にはKDDIグループの銀行として、auユーザーを対象に最大年0.5%金利を優遇するau限定割(注6)を開始するなど、特徴あるサービスを提供しています。

■じぶん銀行の「じぶんローン」についてはこちら:https://www.jibunbank.co.jp/products/loan/

auフィナンシャルグループのじぶん銀行は、生活の中心となったスマートフォンを通じてお客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を推進しています。今後もスマートフォンを中心とした金融サービスを提供し、“お客さまに一番身近に感じてもらえる銀行”として、お客さまやパートナー企業さまとともに新しい体験価値を創造していきます。

 
(注1)ローン残高とは、じぶん銀行が販売する住宅ローン、カードローン等の融資残高の合計です。
(注2)一般社団法人全国銀行協会の会員のうち、外国銀行を除く139行における住宅ローン契約までの手続き調査を実施。じぶん銀行調べ(2015年10月28日(水)時点)。
(注3)価格.com 住宅ローンカテゴリ人気ランキング新規借り入れ(固定金利)、借換え(固定金利)で1位
(集計期間:2019年10月1日~2019年10月31日)
(注4)2015年12月1日~2018年12月31日に、じぶん銀行の住宅ローンをご契約いただいたお客さまを対象としたアンケートより。
(注5)住宅ローンを取り扱いしているネット専業銀行4行(ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行)で比較(2018年12月10日調べ)。詳細はこちら(https://www.jibunbank.co.jp/landing/homeloan/insurance/)をご参照ください
(注6)借り替えコースの場合
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. auじぶん銀行 >
  3. ローン残高合計1兆円突破のお知らせ