メディアリンクスのMD8000 Media over IP 伝送技術とLGU+ブロードキャストサービスにて 韓国全土のKBS放送網の4Kコンテンツ配信をサポート

長年の顧客であるLG U+が提供するKorean Broadcasting Systemの放送ネットワークに、MD8000 Media over IP 伝送技術が採用

株式会社メディアリンクス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 菅原 司 東証スタンダード6659 以下メディアリンクス)は、 長年の顧客であるLG U+が提供するKorean Broadcasting System(以下KBS)の放送ネットワークに、MD8000 Media over IP 伝送技術が採用されたことを発表します。KBSは当社のMD8000プラットフォームによって構築されたLG U+のネットワークを利用し、国土全域にメディアサービスを配信する予定です。

当社の技術が集約されたMD8000プラットフォームは、柔軟性、信頼性、俊敏性を持ち、LG U+のネットワークバックボーンを介して、4K映像やその他のメディアサービスをリアルタイムかつ低遅延で配信することができます。MD8000 Media over IP 伝送技術を用いて、LG U+は放送サービスにIPベースのワークフローが利用できるようになり、従来のSDIメディア環境からのスムーズな移行の上、下記の様なメリットや優位性を提供することができるようになりました。

・ネットワーク帯域の効率的な利用
・設備のコスト削減
・適応性、拡張性のあるサービス提供
・進化するメディア解像度、標準規格、フォーマットのサポート

Media over IP伝送プラットフォームであるMD8000は、4Kを含む様々なフォーマットの非圧縮映像や圧縮映像、音声やデータの伝送が可能で、堅牢な設計と、シームレスなプロテクション・スイッチングやエラー訂正により、機器とネットワークの冗長性をサポートし、適切なQoSを提供します。今回のLG U+の拡張では、MD8000シリーズの中でも最も高収容なタイプである7RUサイズのMD8000筐体が20式導入され、100以上の4K素材含むビデオ/オーディオサービスと、同数のデータチャンネルをサポートします。このプロジェクトは、LG U+と韓国のメディアリンクスのパートナーであるDigital Broadcast & Network(以下DBN)およびIISN Systemsと共に、提案・管理・構築されました。システム要件及び構成の検討から、インストール、運用トレーニング、サービスサポートに至るまで、3社が密に連携し、完遂することができました。

DBNのCEOであるD.S.Kimは、次のようにコメントしています。
「メディア放送業界におけるメディアリンクスの豊富な経験から、4K用のネットワークバックボーンにMD8000 Media over IP 伝送技術を採用することは最適な選択でした。我々は、大容量のメディアを扱う顧客に対し、保証された双方向の映像伝送やコンテンツ配信を提供する必要があります。メディアリンクスの技術は、ネットワーク自体の品質が厳しい条件の中でも、最高の品質、信頼性、安心感をもって、これを実現するのに役立っています。」


【KBSについて】
韓国放送公社(KBS)は、韓国の全国放送局です。 1927年に設立され、韓国を代表するテレビおよびラジオ放送局の1つです。 KBSは、7つのラジオネットワーク、10のテレビチャンネル、および12のオンラインサービスを運営しています。その主力地上波テレビ局KBS1はチャンネル9として放送し、KBS1姉妹チャンネルKBS2はエンターテインメント指向のネットワークとしてチャンネル7として放送します。KBSはKBSワールド国際放送サービスも運営しており、12の異なる言語のテレビ、ラジオ、オンラインサービスを包括的に提供しています。
詳細情報:https://www.kbs.co.kr/

【LG Uplus/ LG Uplus Corporationについて】
LG Uplusは1996年7月11日に設立され、以来、顧客の生活を一変させてきました。電気通信サービス、高速インターネット、VoIPおよびIPTVサービス、ならびにその他のデータサービスの開発に従事している通信事業者で、最高品質の超高速サービスを備えた全国的なLTEネットワークを世界初で確立しました。LG Uplusは、IoT、5Gの時代でも引き続きより高い水準のサービスを開発し、顧客を満足させ続けています。
詳細情報:https://www.lguplus.com

【DBNについて】
DBN – Digital Broadcasting&Networkは、韓国で最大規模の国内放送通信コンバージェンス企業の1つであり、放送C&D、IPTV、ケーブル放送、衛星放送のデジタル放送技術をリードしています。さまざまな事業で数多くのプロジェクトを実施した経験を持ち、高品質、高効率、低コストのシステムを顧客に提供します。
詳細情報:http://dbnn.co.kr/wp/en/

【IISNについて】
IISN Systems Co.,Ltd.は、2004年の設立以来、企業理念の下、急速に変化する放送技術のトレンドに対応するため、BCTVレンズ、ビデオサーバー、大容量記憶装置、コントリビューションソリューションなどの放送/通信コンバージェンスソリューションを提供する、未来志向のプロバイダーです。顧客の高まるニーズに応えるため、Canon、Media Links、Harmonic、Black Box、Barnfindなどのグローバル放送会社と提携し、さまざまなソリューションを提供しています。蓄積された専門知識と豊富なノウハウをもとに、顧客の競争力強化に取り組んでいます。
詳細情報:http://www.iisn.co.kr/

【メディアリンクスについて】
メディアリンクスは、世界中の放送局や通信事業者に、4K UHD/HD/SD SDIビデオ、SMPTE ST2110、オーディオ、高帯域幅データなどあらゆるタイプのメディアをIPによって伝送する最先端技術を駆使した製品とソリューションを提供しています。メディアリンクスの製品は、オリンピック、サッカーワールドカップなどの世界中のスポーツやエンターテイメントイベントの放送でも活躍しています。2014年には、JPEG2000(J2K)相互運用の標準化と製品化の貢献により、テクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞しており、IP伝送技術の普及に貢献しています。
詳細情報:http://www.medialinks.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メディアリンクス >
  3. メディアリンクスのMD8000 Media over IP 伝送技術とLGU+ブロードキャストサービスにて 韓国全土のKBS放送網の4Kコンテンツ配信をサポート